小さい鳥居

作者 坂水

小さく建つ、鳥居の奥に。

  • ★★★ Excellent!!!

小さな鳥居の謎。
このお話は主人公目線で進み、どこか白昼夢のような雰囲気があります。真夏の悪い夢。ふとした瞬間の哀愁のような。

その鳥居がなぜそこにあるのか。
その奥には、いったいなにがあるのか。

境界線が曖昧な日本人は、内外、手前奥の隠れた場所に、想いを寄せる。

初夏の独特な雰囲気。そして、日本人の性質が調和したある種の不気味さも感じるお話です。

皆様もぜひ、ご一読くださいませ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

和団子さんの他のおすすめレビュー 289