リビルドワールド(空行有り版)

作者 非公開

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第198話 自動人形達へのコメント

    地味にシオリとっておきの薬服用してるから、この後行動の如何を問わずシャットダウンするハメになりそう。
    それとも強制的に除去、中和する薬剤でもあるんだろうか。

  • 第296話 シロウの目的へのコメント

    面白すぎて小説と漫画購入させていただきました。続きをいつまでも楽しみにお待ちしております

  • 第261話 不運ではないへのコメント

    確かな信念を持って曲げずにどんな結果になろうと貫いてる姿勢は好意を持てるからアキラには変わらずにいて欲しい

  • 第224話 義理と命へのコメント

    よりアキラの一面を知れて好きになれた。

  • 第117話 救出後の後始末へのコメント

    書籍版だと柔軟体操のエピソードはかなり削られてたんだなぁ

    書籍版は加筆も滅茶苦茶多い(&話も凄く変わってて面白い)けど、紙幅に都合で溢れたこういう所が読めるのは嬉しいな。

  • 第139話 新入りの疑問へのコメント

    依存とか愛が重い子は可愛いなぁ

  • 第261話 不運ではないへのコメント

    ババ引いたババロド・・・・・・

  • 第296話 シロウの目的へのコメント

    シロウには世話になったから救われてほしいな...

  • 第296話 シロウの目的へのコメント

    続きが気になり過ぎて何周も読み返してる…

  • 第258話 曰く付きの代物へのコメント

    即効でババカード発動しててワラタ。
    生き延びることができて良かったね。

    そしてアキラはまたしても自分の知らないところで騒動の火種に。。。

  • 第257話 クロエの決断へのコメント

    そのカード、危険物につき。
    完全にババ引きましたやん。逃げてー。

  • 第241話 再接続へのコメント

    これまで出した許可はクーリングオフできたりするんだろうか。。。

  • 第239話 陽動へのコメント

    アキラがマトリックスのエージェントの様に避けているイメージが湧いた。

  • 第223話 どちらでも良かったへのコメント

    ホントに退場したんだろうか。
    ティオルの代わりに再生したりして。。。

  • 第212話 ヤナギサワの思案へのコメント

    とりあえずモヤが少しは晴れたかな。
    「ホントかよ?」と思わなくもないけど。

  • 第210話 イナベの交渉へのコメント

    ホント、カツヤ-アルファの特殊能力って何なんだろう。
    周囲への洗脳力が怖すぎるくらいだ。

  • 第195話 早い者勝ちへのコメント

    ということはクロサワ達が見つけた人形は。。。

  • 第157話 油を撒く者へのコメント

    やはりカツヤに憑いてる方のアルファ擬きには精神に干渉する機能、若しくはそういう風に意識を持っていかせるナニかがありそうですね。
    最終目標にどう必要なのかは分からないけど。

  • 第161話 チンピラで考えなしへのコメント

    マズルフラッシュの閃光って頭痛が痛いな。

  • 第111話 英雄の枷へのコメント

    いや、アンタの傀儡が流されやすいだけです。

  • 第90話 カツヤと例外の少女へのコメント

    最初にシェリルがカツヤに一瞬でもゾッコンになったのは何故だ・・・?
    なろうファンタジーなら「魅惑の魔眼」とかでもなるんだろうけど。

  • 第269話 防壁内での交渉事へのコメント

    笑顔で激毒を飲ませようとしてくる相手に対して、「では君を殺そう」というスガドメの返しはかなり穏便な部類だと思いますよ?

  • 第240話 襲撃へのコメント

    隔離室は要人や犯罪者が入る場所の為、窓が有れば暗殺や脱走のリスクが高まるから無いと思われる。
    そもそも少し考えれば分かることだが、この輸送車両自体にそんな大きな隙になる物が付いてるわけがない。
    あと、敵が何人居るか分からない状態で武器を回収などしてみろ。それ自体が大きな隙であり、そんな自殺紛いの事をアルファが許すわけがないのである。

  • 第261話 不運ではないへのコメント

    主人公に共感できない

  • 第196話 取扱注意へのコメント

    「かなり高速で」のかなりって表現はセリフならともかく地の文で使うには稚拙過ぎる描写だと思う

  • 第278話 人間扱いへのコメント

    ヤナギサワが思考498番だと思うんだが、アルファはあっても気が付かないのか。それともヤナギサワは関係ないのか分からないが。が、すごく面白く読ませてもらってます。

  • 第240話 襲撃へのコメント

    窓を破壊して、ジャミングスモークみたいなものを排出してくれー。あと、敵の武器を回収して、使おう。

  • 第203話 アキラの仕立服へのコメント

    アキラがいつかシェリルも食事に誘ってくれるといいんだがなー。

  • 第136話 シェリルの事業へのコメント

    丁度よい感じで事件が起きていくので、退屈することなく楽しんでいます。
    一つ気になったのですが、アルファの容姿はアキラの趣味嗜好を反映していると思っていたので、”遠い方のアルファ”(カツヤ付きのアルファ(?))はカツヤの趣味嗜好が反映されているものだと思っていました。ですが、アキラの夢の中ではどちらもアルファの容姿が同じようだったので、ちょっと不思議だったのです。

    兎に角、よくこんな凄い話が書けるものだと感心しています。
    これからも頑張ってください。

  • 第90話 カツヤと例外の少女へのコメント

    シュリルが主人公で、アキラがヒロインだよなぁ

  • 第228話 アキラとヒカルへのコメント

    バトルシーンの回もワクワクですけど、こういった非戦闘の回の日常のやり取りにも読みやすさと深さを感じます。

    どこまでもどこまでも緻密な文章で、続きが気になって気になって、読むのを中断して日常生活に戻るのが大変です。
    遅ればせながらKindle版も購入します。

    お身体に気を付けて引き続きよろしくお願い申し上げます。

  • 第296話 シロウの目的へのコメント

    次が待ち遠しい。

  • 第279話 復讐対象へのコメント

    アキラ今更ながら羨ましいぞ。
    それにしても戦闘シーンの言葉選びやら相変わらず凄いね。
    ここまで飽きずに中弛みもせずに来てるの凄すぎる。

  • 第270話 意外な依頼へのコメント

    リビルドって結構やばい研究してた人達よね?
    その人達は表舞台からはもう消えたけど、裏では個人的にやってる人もいるとか居ないとかだったっけ?
    アンチリビルドの人はその研究を抑圧した人達だったっけ…思い出せない…。

  • 第228話 アキラとヒカルへのコメント

    シュテリアーナは前に一度名前出てたよ。

  • 第296話 シロウの目的へのコメント

    待ってました、最高のハードボイルド色んな小説を読んだけどアキラ以上の主人公には出会えてない。しいて言うなら眠り狂四郎くらい。

  • 第225話 統治系管理人格へのコメント

    俺もアルファのおっぱい触りたいなぁ。
    アルファ1人居たらちっぱいも大っきいのも体感できるから羨ましいぜw

  • 第224話 義理と命へのコメント

    義理堅いなw

  • 第217話 踏み込む者達へのコメント

    以前からあったシカラベが多数決になってないみたいな話をここで出す感じが、話の作りとして上手すぎる。
    語彙力やら物語構成が本当に上手い。

  • 第216話 殺し合うへのコメント

    無茶苦茶だなw
    キバヤシが戦闘の記録見たら笑い転げてそうな展開。

  • 第198話 自動人形達へのコメント

    白のカードはヤナギサワが持ってた黒のカードとなんか関係あるんかな?
    ヤナギサワは黒のカードでビルに入る事出来てたしなんかの権限の象徴なのかな?

  • 第159話 ハンターの許容範囲へのコメント

    おもしろいわぁ!

  • 第118話 たちの悪い女へのコメント

    シカラベがドランカムを抜けない理由がよく分からんな。
    精神衛生上抜けた方が楽なのは間違い無いと思うんやけどな。
    億越えハンターなら別にドランカムに拘る必要も今居る都市に拘る必要もある様に思えないのよね。
    遺物の買い取りも全額貰える訳ちゃうしここまで稼げるハンターがドランカムに拘る理由がなさそうなんやけどなぁ。

  • 第110話 偽お嬢様御一行へのコメント

    ここまで惚れてるカツヤがシェリルとアキラが同居してる時にどんな展開になるのか楽しみだな。

  • 第101話 現世界と旧世界の闘争へのコメント

    伏線があって今後が楽しみになるね。

  • 第98話 嘲笑うへのコメント

    アルファとの特訓の成果もしっかり活きてて良い戦闘だった。
    運は相変わらずやけどw

  • 第97話 戦闘での活躍とその評価へのコメント

    カツヤ派閥やばいな。
    俺なら二度と一緒に仕事しないわ。

  • 第224話 義理と命へのコメント

    ここの話ほんと好き。

  • 第135話 装備と訓練へのコメント

    ここ、結構好きなんだよなー

  • 第296話 シロウの目的へのコメント

    今回もめっちゃ面白かった!書籍全巻購入してしまった!

  • 第293話 あのアキラへのコメント

    本当にいつもワクワクします

  • 第293話 あのアキラへのコメント

    うおおおお!?!?連続更新!!!?!?ありがとうございます!!!ありがとうございます!!!

  • 第292話 キバヤシからの呼び出しへのコメント

    続ききたー!お待ちしてましたー!
    ありがとうございます!ありがとうございます!

    空行あり版の方が読みやすいのでこちらで読んでます!

  • 第292話 キバヤシからの呼び出しへのコメント

    また、続きが読める!うれしいですね。

  • 第292話 キバヤシからの呼び出しへのコメント

    更新待ってましたーーーーっ!!!!!やったあ!!!!!!

  • 第292話 キバヤシからの呼び出しへのコメント

    お待ちしてました。
    更新感謝です!

  • 第292話 キバヤシからの呼び出しへのコメント

    待ってました!
    ついにアルファの依頼が発動する時が来た。ワクワクします。

  • 第195話 早い者勝ちへのコメント

    エッチなおもちゃか・・・

  • 第146話 後処理へのコメント

    アキラがカツラギに電話をかけるときの毎回のやりとり、好きすぎる・・・

  • 第155話 名目の説得力へのコメント

    勝手に他人の事情に首突っ込んで勝手に勘違いして、あまつさえ穏便にこの場を収めようとしている相手を煽るとかカツヤがあまりにもガイジ過ぎると思うんだが。

  • 第291話 弱さと強さへのコメント

    リオンズテイル社とアキラの和解
    アキラがリオンズテイル社へ支払う,300 オーラム,ワラタ.

    シジマ
    クソ有能やんけ!
    しかも調子に乗らない→フラグが立たない
    将来性ゆうことなしやんけ.

    「生き残ったという喜びで敢て浮かれることで、崩れ落ちそうな両脚をその気力で支えて帰っていく。」
    この書き方,エエな!

    「その言葉は間違いなくアキラの本心だ。だがその判断に至ったのは、アキラの中に中途半端に残っていた振り上げられたままの拳を、シズカとの話で下げたからだ。」
    登場人物の心理がよく考察されてる.伏線で初めてハンターとして命賭けで稼いだ 300 オーラムを思い出し,そのお金を和解のためリオンズテイル社へ支払ったと考えるところもいいいネ!

    オリビアとヤナギサワのヤナギサワへの報酬の交渉
    オリビア,渋いの~!

    アイリのアキラへの憎悪
    ?カツヤはアキラへ難癖をつけて,戦いを避けられる状況で勝手に戦いに行って,返り討ちで自爆した.客観的に見ると,カツヤ一派のアイリたちはアキラへの加害者.あらゆる点でアイリたちにアキラを憎む理由がないやん!強いてアイリたちが有利になるよう解釈すると,アキラを敵と間違わせるような状況へカツヤ一派を送り出したドランカム,あるいはカツヤ一派を配置した雇い主の都市,または意図的にハンターが同士討ちする状況を作り出したクズスハラ遺跡の管理人格ツバキ,これらが加害者で,アイリたちはアキラと同じく被害者.

    レビンの借金
    いつまで続くのか,,,

  • 第290話 アリスの交渉へのコメント

    「アリスはその為に白いカードの取り扱いを含めた対処について、現地の者で対応するように、という曖昧な指示を敢えて出していた。」
    周辺事態の処理やな

    クロエはアキラを戦闘で退け,その場の判断でリオンズテイル社東部三区支店の幹部,クガマヤマ都市職員幹部を超え,手玉に取る超有能で,都市へ戦争を仕掛けられるほど軍才があり,上昇志向も強かったのに,リオンズテイル社は優秀な人材をもつたいない.
    ↓ここでクフラグを立ててしまったのが原因だろうな
    「クロエは自身の輝かしい未来に酔いしれていた。」

    「アキラが倒れるように横になる。」
    おじいちゃん!

    「アキラはそのまま深い眠りに就いた。」
    アキラはしばしば惚れられてる女の前で無防備に爆睡してるけど,よく犯されへんな!

    ベラトラム支店長「重要なのは信賞必罰の基準をアリスと同じくすることだからだ。」
    プロサラリーマンやな!

  • 第289話 大巨人と観戦者へのコメント

    巨人との戦いの戦闘シーンの描写について,これまでの回では次々と出現する敵にアキラが場当たり的な転戦で対応して,戦闘の単純作業が連続するだけで思考が先へ進まなかった.いつ終わるのかわからない感を味わった.シロウの再登場以降,ある考えに基づいてアルファとアキラが積極的に行動して巨人と戦った.そのため思考の道筋ができ,思考は目的を目指し,先へ進んだ.その結果,この回の話はここ数話のなかで一番読みやすかった.話の内容についても増殖して増えた敵が一つにまとまり,それを撃破し,敵が消えた.この回を読んだ結果,これまでの話を読んで,散らかって乱雑になったデータが消え,アタマがスッキリした.

  • 第283話 対滅弾頭へのコメント

    「体感時間を圧縮」
    体感時間の圧縮に,いつも(ん?)と思う.考えて見れば,
    実際の時間に対する体感時間とすると体感時間を延長.
    元の体感時間に対する体感時間とすると体感時間の圧縮,
    圧縮は実際の時間より短くなると考えるので,わかりやすいのは体感時間の延長,
    濃密な時間,動いてるものがゆっくり見える,ストップモーションで見えるなどと相性がいいのは体感時間の圧縮.

    「そのまま立入禁止領域との境目である赤い面の上を疾走するようにして荒野側へ一気に加速した。」
    読んだとき客観的な視点だったので,(赤い面の下でないか?)と思った.


    「その刃から放たれた光刃が空中を切り裂き、高速フィルター効果の影響下に力場装甲フォースフィールドアーマーの効果を残す溝を作った。
    宙を飛ぶミサイルがその溝の影響を受けて弾道を捻ねじ曲げられ、」
    なるほど!よく考えられてる.

  • 第282話 殺意の方向へのコメント

    シロウ「本当に凄すごいんだぞ? さっき言った情報だって、そこらのやつじゃ手に入らないんだぞ? 言っておくけど、貸しだからな?」
    シロウ,安定の小物感

    キャロル「死んじゃ嫌よ?」
    キャロルもまた,フラグを立てる.

    「余計なことはせずに無難に仕事を終えよう。ベッグは自身にそう言い聞かせた。」
    ここにも小物(というか普通の人間),発見!

  • 第281話 厄介事の余波へのコメント

    エリオ「そして余計なことを言わないように、そそくさと部屋から出ていった。」
    エリオが成長してる.
    そしてトガミは予想通りの反応.

    「この装備、シズカさんの店で買ったやつじゃないだろ? 大丈夫かなーって、ちょっと思っただけだ」
    こんなときにアキラ,フラグを立てる.

  • 第280話 端金脱却へのコメント

    シェリル,キャロル,アルファと風呂に入って,そのあとはシェリルと同衾.こんなところでアキラのハーレム展開に,,,

    ラティス
    死んでから,いきなりモテはじめるオッサンだ

    「クロエも復讐自体は構わないと思っている。」
    おいっ!

  • 第273話 ちょっとした体裁へのコメント

    シロウ「普段は情報収集や調査などが仕事であり、交渉事そのものにはそこまで慣れていない所為せいもあって、シロウはどつぼに嵌まりつつあった。」
    ワラタ.

    これは考え過ぎてわけがわからなくなって眠くなるパターン.

  • 第279話 復讐対象へのコメント

    登場人物が死ぬ直前に思ったことを書いているのが,この作品の特徴.
    直前までやってた仕事のことを考えている.みんなまじめやな!

    パメラがラティスの死体を動かして,対面したあと,復讐を誓うシーン,いいな!
    古典の名作の雰囲気がある.

  • 第278話 人間扱いへのコメント

    「アキラ達はその状況から、各自の努力と意地、そして幸運によって何とか抜け出した。」
    アキラ,初めての幸運.

    カナエの戦闘力が初めて役に立つ.

  • 第277話 危機へのコメント

    ヤナギサワ登場!

  • 第276話 ハンター達の思惑へのコメント

    熱い.

  • 第272話 シロウの推察へのコメント

    シロウ,ねらーみたいや

  • 第271話 キャロルの過去へのコメント

    「だがアキラ達にそれに気付ける余裕は無かった。」
    最初,アキラ達 = アキラ,シロウと思った.シロウがアキラへ「旧領域接続者同士~」と話しかけたと思った.

    「重苦しい沈黙も、何も起こらずに流れ続ければ、声の無い静かな時間となる。」
    この書き方,ええな!

  • 第270話 意外な依頼へのコメント

    この世界の登場人物,ギャンブルし過ぎ!

    この世界の企業の人,簡単に人を殺そうとし過ぎ!マフィアか!

  • 第269話 防壁内での交渉事へのコメント

    スガドメ「では君を殺そう」
    初めて会う他社の重要人物へ,ずいぶん物騒な言いようやな.

  • 第268話 キャロルの判断へのコメント

    アキラ,キャロウと寝たら,情が移りそう.

  • 第266話 誰かの意向へのコメント

    クロエ,歴戦の策士であるとともに女優でもある.

  • 第265話 500億オーラムの賞金首へのコメント

    キバヤシ,初めて現実に対する仕事をするのか!?

  • 第264話 いつもギリギリへのコメント

    クロエが横暴で愚かなお嬢様から,究極的に有能なお嬢さまへ変化.

    それにしても企業の構成員がこんなに強かったら,個人で活躍するハンターの立場がないのでは?

  • 第263話 乱入へのコメント

    ラティスが Uber Eats の配達員を見たら,(あいつ,自転車乗りか!)と思うだろうな.

  • 第262話 積み上がる賭け金へのコメント

    なんでメイドや執事がこんなに強いんや?

  • 第261話 不運ではないへのコメント

    久しぶりにアキラの主人公回,緊迫感があった.
    バイオレンスやなあ.
    ギャング映画の抗争みたい.

  • 第259話 戦闘開始へのコメント

    「すると急にクロエが笑いだした。「ごめんなさい。変な手間を取らせて」」
    意表を突かれた.この展開ええな.

    この回ではカードはクロエが持っている.アルファはカードをクロエへ渡すようアキラに促したかった,クロヘはアキラにカードを渡すよう強要したと書かれてる.この展開ならこの回にアキラがカードを持ってなければならないのでないか?

  • 第258話 曰く付きの代物へのコメント

    クロエ,ギャンブラーの心理になってる!

  • 第256話 際疾い話へのコメント

    レイナ,アキラを手玉に取る.

  • 第251話 ややこしい取引へのコメント

    人間と同じ原理の,成長する自意識を作れたなら,破壊することができる.アリスで実験できる.技術を開発できる.そのため,アリスはなにより優れた価値がある.

  • 第250話 遺跡のお嬢様達へのコメント

    明かされたレイナの経歴.レイナは 42 話に初登場した.
    250 - 42 = 208
    208 話越し.

  • 第248話 一晩100億オーラムへのコメント

    収入が変わっても市場価格は変わらない.収入と金銭感覚が比例して変化するこの世界の高ランクハンターは馬鹿なんじゃないだろうか?

    ババロドは,アキラが護衛期間の間キャロルを好きなだけ抱いていると誤解して,100 億オーラムに対して安い護衛料に納得した.アキラは否定しなかった.もし誤解の内容が,アキラが護衛期間の間キャロルの使用済みの蒸れたパンティを貰っているだとしても,アキラは否定しなかっただろうか?

  • 第246話 キャロルの依頼へのコメント

    「シズカがアキラの側そばに行き、言い訳を続けようとするアキラを抱き締める。左手をアキラの後頭部に回し、軽く押して自身の胸に押し当てながら、右手でアキラの頭を軽く撫なでる。
    「私も店主として常連客の機嫌を損ねたくないの。悪かったわ。機嫌を直してちょうだい」」
    シズカはいつのまにか懐柔のため積極的にアキラに胸を使ってる.

    シズカ「だが持ち前の勘でアキラは機嫌を損ねていないと察すると、安心したように機嫌良く微笑ほほえんでいた。」
    機嫌を損ねるどころか,アキラはほかの選択肢が取れないくらい無力化されてますよ?

  • 第244話 アキラの扱いへのコメント

    ヒカル「いえいえいえ! 私には手に余る案件でした! 今回の件で身の程を知りましたので、その要望は全部取り下げます!」
    ヒカルサラリーマン化w

  • 第242話 超人へのコメント

    「本来なら一歩ごとに四肢が粉砕している。」
    嫌過ぎやろ

    「撃ち出された光線が室内の空気を焦がし、エルデに命中する。そして弾はじかれた。光線は着弾点であるエルデの右手で折れ曲がり、後方の天井に穴を開けた。」
    これはもうかんぜんに DB.

    「エルデが思わず顔を歪ゆがめる。(この状態の俺と互角か! 坂下も良い護衛を付けている!)」
    カッコいいセリフのシーン.だけどエルデは根本的に間違えている.

    「その度重なる治療行為は、アキラの体を僅かずつ超人に近付け続けていた。」
    なんや,その設定はwww

    「エルデはそう言い残して崩れ落ちると、その生涯を終えた。」
    ここまで活躍して死ぬのかよ!

    「(下着姿の)ヒカルが我に返る。そしてアキラと目が合った。アキラは黙ってヒカルに背を向けた。
    半ば廃墟はいきょと化している部屋の中で、ヒカルは軽く叫びながら必死に肌を隠すものを探した。」
    こんなところでマイッチング!

  • 第241話 再接続へのコメント

    ヒカル,短い制限時間の中で出来る限りの小細工を試し過ぎやろ!

    「すると、下着姿で引き攣つった笑みを浮かべているヒカルと目が合った。」
    サービスシーンか!しかし,見えない.

    「エルデが先に判断した。(こいつ! 撃つ気だ!)」
    アキラwww撃つのかwwwwww

    エルデ「お前は彼女の護衛だろう? 攫さらわれるぐらいなら殺すってことか? 大企業らしい傲慢さだな。そこに何か思うことはないのか?」
    主人公やんけwww

    エルデ「塵芥ちりあくた相手に命を落としたあいつらの不運は、俺が代わりに嘆いてやろう」
    どう考えても主人公.

    「そして動き出す前に、返答が返ってくる。「アキラだ」」
    アキラ,間の抜けた対応で見せ場を潰す男.

    エルデ「……そうか。あの2人の名はトルパとサルザだ
    ザルモだったらおもしろかった.

    「その見えない壁を、突きや蹴りの余波が吹き飛ばす。どちらも移動の反動で足場を破壊し続けながら部屋中を高速で跳ね回る。ほんの数秒で室内は荒れ狂う攻撃の巻き添えとなり、床も壁も天井も近くの家具ごと派手に破壊された。」
    これは絶対,後でカンカンになって怒られる,大金を修繕費として請求されるパターン.

    「車列の再連結に時間が掛かっている所為せいだと思われます」
    輸送車両は連結されていたのか.

    指揮官の男「車外のハンターにも協力を頼め。あいつらなら未連結の車両でも飛んで確認にいけるだろう」
    指揮官の男,ハンターを舐めている.

    「アキラの蹴りとエルデの蹴りが衝突し、衝突点から室内に衝撃波が飛び散った。」
    いつの間にかドラゴンボールになっていた.

    アキラ「助けてって言われて助けに来たのに、それを相手がちょっと手強てごわいからって途中で止めたりするのは、心情的にちょっと、な」
    アキラ,影のある二枚目路線で主人公の座を奪い返しに来た!

    アルファ『前にも言ったけれど、その時点では、許可を得る許可が無いのよ。こんな状況でもないとね』
    ツバキは策士だったけど,アルファもまた策士である.

  • 第240話 襲撃へのコメント

    「片方の男がアキラの攻撃を引き付け、もう片方の男が壁と天井を蹴ってアキラの背後に回る。そして両面からアキラを刻みに掛かる。」
    アキラは切り刻まれて死亡確定やんけ!

    「高速フィルター効果」
    説明が面白かった.

  • 第239話 陽動へのコメント

    白い大型人型兵器,白い人型兵器,白い機体,大型機,白い大型機,一つのものに対して複数の呼称があった.読んでいてときどきなにを指してるかわからなくなりそうなときがあった.

    ヒカル「繋つながった! アキラ! 助けて!」
    シロウに襲われてるのかっ!?

  • 第238話 上空領域のモンスターへのコメント

    「余り明るいとは言えない曇りの光量が、日陰のように更に薄暗くなる。アキラが思わず顔を上げると、視界の先に天井が生まれていた。その天井の開口部からは黒い円盤が次々と射出されていた。」
    謎の物体 UFO やんけ!

    「そして側面部から屋根側へ続く筒状の走行路の中を駆け抜けるように、バイクの両輪で生成した力場装甲フォースフィールドアーマー製のレールの上を捻ひねるように回転しながら走り抜けることで、速度を殺さずに一気に屋根に上がり、」
    描写の内容,説明を理解するまで数回読み返した.

  • 第237話 複数の誤解へのコメント

    「(ヒカル)加えてそう指摘されたことで少し意識してしまい、顔を少し赤くしていた。尚、アキラに変化はなかった。」
    アキラ安定のおっさんぶり.

    シロウ(そもそも、あの反応は本物か?(以下略)
    統合失調症患者,登場!

    「ヒカルに見送られながら、アキラがバイクを発進させる。格納庫内を加速しながら進み、開いた扉からそのまま外へ飛び出した。」
    この瞬間アルファとの接続が切れたら,「アーッ!」とアキラはバイクとともに真っすぐ地上へ落ちていくな.

    「だがキバヤシ個人の事情としては、自分がヒカルに圧力を掛けてしまうと、ヒカルはそれを喜々として受け入れた後に、それを口実に全責任を自分に押し付けてくると、容易に想像できる部分に問題があった。」
    ワロタ

  • 第236話 シロウへのコメント

    「クガマヤマ-ツェゲルト間のA経路で発生した襲撃は、(略)……病院送りは山ほど出ましたがね」
    こんなところにアキラの犠牲者が,,,

  • 第235話 ツェゲルト都市へのコメント

    アキラ「だが自分も以前に日出の光景を見て感銘を受けたことを思い出し、そういうものかと考え直して」
    深読みすればわからなくもないけど,そもそもアキラが日出を見たくて屋根に上がったのだから,この説明には違和感がある.

    ヒカル「(略)異性と抱き締め合っている状況ではそれにも限度がある。軽く思案して状況を切り上げる理由を探すとすぐに見付かった。」
    ヒカルはアキラに抱き締められて役得なのだから,できる限りその状況を長びかせようとするのでは.

    「あからさまに安堵あんどしているヒカルの姿を見て、店員は内心の苦笑を抑えていた。」
    この店員,たかがバイク屋のクセして,都市のエリート職員に対して随分居丈高だな!
    「面白い客だと、店員はアキラの名前を覚えた。」
    キワモノを買わなくても,30 億オーラム払えば名前は覚えるやろ

  • 第234話 普通の感覚へのコメント

    ヒカルは大量殺人して平然としてるアキラと同じ部屋で寝泊まりし,アキラへ面と向かって頭おかしいと言うけど,アキラと同じベッドに寝るけど,アキラに暴行される,犯される,殺されるとか考えないのだろうか.

    アキラは輸送車両でも風呂のことを考えている.

    強化服が洗濯機で洗えることを初めて知った.

    「ヒカルは、先ほどごまかした変な感情が消えていくのを感じて、」
    アキラは惚れられたことをごまかされ,気づかないうちに振られている.