海をこぼせば

作者 森久上水

繊細かつパワフルな表現力。もはや一編の詩です。

  • ★★★ Excellent!!!

一文一文の描写力が素晴らしい短編小説。
まるで詩を読んでいるかのような表現の広がりと、序盤の色の暴力とも思えるような情景の移り変わりは、読む人によって色々な捉え方があると思います。簡潔な会話のやりとりも良い。

私は、

「今日の空は一段と水っぽく見える。」

で心を撃ち抜かれました。ずきゅーん。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

スタジオ.Tさんの他のおすすめレビュー 102