ぼくと西成

作者 ミツル

62

22人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

主人公の目線で語られる西城には、変に飾った言葉やオーバーな表現はない。
いつの間にか、自分の心は西城に立っている錯覚に見舞われた。

無論、悪い意味ではないよ。

途中自分たちはここにいては人間なんだとあるが、恐らくは自分もそういう人種であろう。

間違いなくね。

それでも、西城に行ってみたいなと思わせる雰囲気がとてもいいんだよね。

その気持が、この作品に高評価をつけた理由かな。