生涯一度のUターン

作者 薮坂

83

29人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

かつて警視庁の直轄犬にアルフという名のシェパードが実在した。胃腸が弱く、疲れると犬舎へ逃げ帰るためダメ犬とレッテルを貼られた。しかし、彼は後に数々の功績によって初の警視総監賞を贈られることになるのであった。

さて、本作の主人公アルは、フィクションではあるが実際の現場をとても丁寧に調べ描かれているので、ドキュメントと言われても違和感がないほどだ。前述のアルフに比べると生い立ちはお利口さんだが、警察犬としての資質や人間に対する愛には共通した強い想いを感じる。

長い歴史で培われた犬という生物が持つ、人の友であろうとする性質を彼らの生涯を通して見ることができる。そして、それらを取り巻く人から愛情を注がれる対象としての犬の姿が、短編でありながらも非常に上手く纏まっていると思う。またお題の消化も見事と言う他ない。

などと…、冷静に書いているふりをしながら、昨年末に十数年生活を共にしたワンコを失った私にとって、涙なくして読了することは叶わなかった作品なのだ。是非読んでみて欲しい。

★★★ Excellent!!!

わんこが偉いんですよ。
行方不明者捜索専門です。
迷わないのです。
山で行方不明になった女の子のときなんて
涙があふれてしまいます。

最後もねえ、人間みたいです。
でもわんこですからね、涙がでてしまいます。
人間ではこうはいきません。
わんこ出すのは反則にします。

★★★ Excellent!!!

とってもリアリティのある内容で、この犬本当にいたんじゃないか!?って勘繰ってしまうほどでした(笑)
あらすじに『※この物語はフィクションです。』って書いてあるのを読むまでは(笑)

警察犬のアル!
とってもカッコ良いです☆

でもカッコ良いだけじゃなくて、心温まるエピソードもあって……。
ラストはなんだかホッコリしました♪