フリーオール・アドバンチュア・オンライン

作者 竜野マナ

2,179

785人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

人間、刺激には慣れるので、同じジャンルの流行が続くと、より刺激が強い設定の作品が増えて来るものです。これは、その極致の一つと言っていい作品でして、その為にバランスを踏み外し、新たに状況が描写されるごとに「ないわー」と真顔で手を振るような内容がてんこ盛りになっています。それに馴染めれば面白いと感じられるものがあるのですが、過剰なトッピングにより悪くない麺とスープまでたどり着けないゴテ盛りラーメンの様なゲテモノになってしまっているのが残念でした。

★★★ Excellent!!!

【こんな人にオススメ】
・世界観のしっかりしたゲーム小説が好きな人
・強カワ少女が物理で理不尽を殴るのが好きな人
・魔物の成長、仲間集め、そしてクエストクリアが好きな人

【感想】
まずは、書籍化級の作品を読めたことに感謝を。
自分は成長物語が好きなので、レベルやスキルを鍛える話は楽しく読めました。
スキル鍛えた後は、話の本筋がどんどん展開していくのも良かった。
世界がどんどん広がっていくRPGのようなワクワク感でいっぱいです。

Good!

こんなオンラインみたいなゲームがあったらいいなと思いました。途中まで面白かったので、本当に残念です。人化してからも主人公がカワイイっていうのは理解したいのですが、魔物好きで読んでいたので、外見幼女で中身JCにウザくなりました。また新キャラが登場しても、親近感を持たせる為か、わざわざ残念な点を強調するのもテンポ悪く感じました。
更に、女主人公だが、女子との会話が少ないのが違和感ありまくりでした。リアルでエルルや検証班みたいな社会人とワイワイ出来ないからゲームではしてるのかもしれないけど、外見しか女子らしさがない女主人公って飽きるから、周囲に普通の女性がいて、もっと会話してもいいと思いました。

★★ Very Good!!

人名が○○候補のままストーリー展開するとキャラクターの特徴との紐づけができない。
悪役主人公の不遇な初動からの成長と活躍は期待とともに楽しみである。
独自設定の世界観やステータス、イベントなどの説明不足、伏線の張り方と回収の仕方に違和感がある。
主人公は不遇設定ではあるが、魔物プレイヤー側が優遇されており、作者の心情的温度差が小説に出てしまっている。
他のプレイヤー、神などのキャラクターとの関係や心理描写などはあっさりしている。
主人公の冒険と成長を楽しむゲームプレイ記録的小説。

★★★ Excellent!!!

昨今、世話好きと見せかけたマウント取りをする味方(?)が多い中で、常識のある側仕えは非常に稀。
立場を弁えてなお忠言を述べ、普段から目を離そうとせず、ただの暴力ではない躾も出来る――そんなイケメンが見たい人にこそお勧めの作品です。
AIだけどもそれを感じさせない魅力があります。しかも竜種だから強いです。エリート様です。でも偉ぶらないし中身は気の良いお兄ちゃんっていう。まさしく子守りに奮闘するイクメンがこちらの作品です。
下手しなくてもこっちが主人公でもいいくらいだわ、これ。
設定増々だけど嫌にならないし、むしろもっとやれ(褒め言葉)。

何が言いたいかっていうとエルル格好良い。

対する主人公は、ゲームを楽しむべく全力投球。
ネトゲ廃人にならないよう、しっかりと学業にも力を入れ、疎かにしていないところが好感を持てるところです。

それでいて現実の描写はくどくなくサッパリとした仕上がり。
おかげでゲーム内絡みのないどうでも良い友人キャラとか出てこないしその掘り下げも無い。
あくまでVRゲームの中が主眼であるのを貫き通している良き作品です。

あと、ボックス様超優秀で癒やし可愛いっていうね!
何この運営の搾り取り課金の押し付けとは真逆を行く神様は。ドロップ率アップとかこれが神か。神だったわ。
そんなボックス様崇めるとか主人公分かってるぅ。

★★ Very Good!!

題に書いた通り面白い…
けれども、実際にこんなゲーム実装したらバランス取れてないでしょうw
速攻で調整入って大炎上すると思うけど…

90話位の主人公の能力で次回開催のトーナメントとかどーすんのよ?
デコピン一発で地元勇者さん吹っ飛ぶのでは? と普通に思ってしまった。

このジャンルってバランスも含めて難しいのはわかるし、読み物として主人公に何かしらの特異性とか持たせないとキャラが成り立たないのはわかるんですがね。。。

読み物としてテンポとか描写とかセンスは良いと思うので。。。もうそこは忘れて楽しみますw
頑張って世界をあっと驚かせ続けてくださいw

★★★ Excellent!!!

バーチャルMMOに参加して、キャラメイキングをおまかせにしたら足枷だらけのゴースト系モンスターが誕生。なにかするどころか、見ることや歩くことさえままならない状態で一心不乱に動き回っているうちに少しずつやれるところが増えていくのです。「何もできないけどいろいろやってみる」奮闘努力篇みたいな序盤から「なんかとんでもない災害になるから逆に何もできなくなった」自重自粛篇みたいなシチュエーションへの移行が痛快。
苦労人のドラゴンさんとかステキです。