群青マイルド&ビター

作者 姫乃 只紫

41

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

好きな人というのはなぜ自分だけを見てくれないものなのでしょうか。
こちらは相手の指の形や背の高さ、雰囲気まで子細に見尽くしている上、目の前にいるのに手の届かない遠い存在だとさえ感じてしまう。
心臓がもがれそうなほど切々とした思いを抱えているのに、相手ときたらまるで天然で何も気がつかず、どこまでも優しい。
優しいように見えて、甘い毒のようにも見える。
そんな男の子、柚木良悟少年を、誠志郎と
まひろの視点から描いた今作ですが、自分の手で自分の胸を切るような語り手二人の独白には息も止まる切迫さがありました。
今作はBLというものを全面に打ち出していますが、その枠を越え、誰の胸にもきっとある普遍的な恋情を、丁寧に描き上げていたように思います。
甘く苦いチョコレートを味わうように、青春の恋心の一ページを味わいました。

★★★ Excellent!!!

この二日ばかり、どうしてもこの小説の最新話が欲しかったから、レビューを書いてしまえと、私のレビューで作者が動くわけないことを知りながら、有り得もしない望みをかけてそんな邪なことを考えたのが半分。ファローしている作品の中から本作を見つけ出していたら、「最新」の青い二文字があって息が止まった。本当に――。

最新話を読んで、でもまだレビューを書きたかったから一話目から読み返して、ぶっ飛ばされた。馬鹿だった。読み返してよかったと思う。頭の中で勝手に再構築していた話と違ったので。

その書くものが痛々しく、美しく、それはそうで。届かない相手に計算を続けて、その計算に時に厭気がさしつつ、距離を測って測って測って。それもそうで。ただ、いつもどこか漂うその一抹の諦めが苦くないと言えば嘘になると、そう書こうとしたのだが

――書く気が失せた。諦めは、あるのだけれども、それよりかずっと激しい話だと再読して思ったのだ。こんな心を動かしている小説だったか、こんなに動揺している小説だったか、こんなに切望している小説だったか。

もっとも、私はこのレビューを物語の途中で書いているし、この先どうなるか知りはしないのだけど。続きを楽しみにしていますと、今はそれだけ言いたい。

★★★ Excellent!!!

真島誠志郎(ましませいしろう)と柚木良悟(ゆずきりょうご)は友達だ。中二の時に知り合って、妹を通じて知った漫画やゲームの知識が功を奏して、家で他愛のない話をする仲になった。

しかし、誠志郎が望むモノはいつまでも続く友情などではない。「柚木も俺と同属であれば、あわよくば――」そんな思いを否定しきれない誠志郎はある実験を思いつく。

中学最後のバレンタイン、柚木にチョコを渡す。
それが、残り少ない中学生活で誠志郎が取れる最後の方法だった。

妹は脈アリかどうか調べるための臆病な手段だと言った。それでも「将来アニキと付き合える女(ひと)は幸せだと思うよ」と背中を押した。その全ての行為が、厚意が、好意が、誠志郎を傷つける。お前の兄貴がチョコを渡そうとしている相手は――。

「このチョコレートは、きっと誰も幸せにできない」
そんなことは分かり切っているのに、誠志郎はチョコを渡す。

ちらちらと雪の降る放課後の学校。チョコを受け取った柚木が見せた表情は――。



誰にも分かって貰えない中学生が熱に溶けるお話。その舌触りはマイルドでビター。仲の良い妹の趣味、柚木の本心、綺麗なラッピングのチョコレート。それらがつながった時、声にならない嗚咽が聞こえた気がした。