後編



 今日になってようやく落ち着きを取り戻した私は、シェルターの片隅にある農園に、祖父の遺体を埋葬した。

 これはメインコンピュータからの指示。

 埋葬を終えたことを報告しようとコンピュータルームに戻った瞬間、アラームが大音量で鳴り響いたのだ。



「どうしよう……。どうにか、しなきゃ……!」

 驚いて泣きそうになっていた私は、顔を上げた。

 心のなかはまだ祖父を亡くした悲しみでいっぱいだった。

 でも「泣いている場合じゃない」と、服の袖で顔を拭う。


 スン、と鼻をすすって周りを見てみると、明かりはまだついている。

 それに空気も清浄で、温度も適温。

 ただ、メインコンピュータはなにも話してくれなかったけれど。

「でもよかった……。環境維持装置は機能してるみたい。電気は……?」

 私はゆっくり立ち上がり、いつもなら自動で開くドアを力いっぱい押し開けた。




 コンピュータルームから出ると、廊下は薄暗かった。

「非常用ランプしかついてない……か。でも、ないよりはマシだよね」

 そう自分に言い聞かせ、一歩を踏み出していく。

 おそるおそる書庫や自分の部屋を見て回ったけれど、どちらも異常はみられなかった。


「よかった……あとは食料庫、か」

 確認していないのは、シェルターのいちばん奥にある食料庫。

 私はまたゆっくりと廊下を歩き始めた。


「ここも大丈夫そう。よかった、当面は生きていける……ひとりぼっちに、なっちゃったけど」

 そう呟いてため息をつくと、お腹がググッ……と唸りをあげる。

「そっか……昨日から、ロクに食べてないもんね」

 からっぽのお腹をそっと擦りながら、私は食料庫の棚に手を伸ばす。

 そして小箱から、手のひら大の銀色の包みを取り出した。


「チョコレート……在庫があんまりないけど、いいよね。今日くらいは……」

「これは頑張ったご褒美だ」と自分に言い聞かせるように呟いて、封を切ったチョコレートに歯を立てる。

 パキッと乾いた音を立てて割れたチョコレートを舌に乗せ、口内へ。

 体温でゆっくり溶かすと、優しい甘みが口いっぱいに広がった。

「甘い……それに、あったかい……」

 不思議な温もりは身体中に染み渡り、心まで温まっていくような気がした。


 


「甘いものって、ホッとするなぁ……ふぁ……」

 緊張がほぐれたのか、あくびが出た。

 もしかしたら、昨日からこれが初めてかもしれない。

 多分、ほとんど眠っていないのが原因だと思う。

「寝てない……もんなぁ……」

 ここで眠るつもりはなかったけれど、私はゆっくり目を閉じた。

 すると一気に意識が遠のいて、耳の奥で祖父の声が響き渡った。



   「おじいちゃん、おともだちってなぁに?」

   「それはね、とっても大事なものだよ。とっても……な」


   「ふぅん……あたしにもできるのかなぁ、おともだち」

   「できるとも。『ともだち』は魔法の言葉なんだよ。

    困ったときは思い出すといい。お前を助けてくれるだろうよ。お前を……」



 祖父の声が途切れた瞬間、ハッとする。

「『ともだち』……? 魔法の、言葉……もしかして……!?」

 私はコンピュータルームに走り、非常用コンソールのキーを叩いた。




――tomodachi


     キーワードが違います、ログインできません


 画面に表示されたのは、非情な言葉。

 さっきまで興奮していた私は、ため息をついてしまった。

「ダメ……か。そう簡単にはいかないよね……でも……」

 まどろみのなかで聞いた『ともだち』という言葉が耳について離れない。


「時間は……」

 まだ機能している時計を見ると、アラームが鳴り始めてから50分ほど。

「……諦めちゃ、ダメ! あと10分もあるじゃない!」

 私はまた薄暗い廊下を走って、書庫に向かった。

 そして手当たりしだいに辞書を持って、コンピュータルームに急いで戻る。


「そうだよ! 試すだけ試して、ダメだったら……諦めが、つくから!」

 言い聞かせるように呟いた私は、英語やドイツ語などほかの言語の辞書をめくっては『ともだち』という言葉を探し、コンソールに打ち込んだ。



――friend


     キーワードが違います、ログインできません


――freund


     キーワードが違います、ログインできません



「これも違う……。見当違い、なの? でも……」

 時計を見ると、残された時間はあとわずか。

「これは……フランス語? おばあちゃんの、生まれた国……」

 私はフランス語の辞書をめくり、急いで『ともだち』という単語を探す。

 


――ami


 コンソールにそれを打ち込み、ふぅ……と息を吐く。

 そして望みをたくし、エンターキーを強く叩いた。



     キーワードを確認しました。メインコンピュータ、再起動中です



 メインコンピュータから聞き慣れた声が流れ、モニタがパッと明るくなる。

「管理者のログインを確認しました」

 小さいころから聞いていた、優しい声。

 私はふふっと笑い、声の主に語りかける。

「いつも『ママ』って呼んでたから忘れてたよ。アミ、あなたの名前。『ともだち』って意味だったのね」


「ええ。私はあなたの母であり、友人でもありますから。ミサキ」

 久しぶりにママ……ううん、アミに名前を呼ばれたのが嬉しくて、私の目から涙がこぼれた。

「そうだね、アミ。ねえ、お話しようか。私、話したいことがたくさんあるんだ……」

 アラームの消えたシェルターに、私たちの笑い声が響き渡った。

 


 このシェルターは、私の家。

 赤ちゃんのときから今まで、ずっとここで生きてきた。

 それに、これからもアミとふたりで生きていくだろう。

 

 どちらかが息絶えるその日まで。

 私たちは親子であり、大切な友人だから。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

Ami 文月八千代 @yumeiro_candy

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画