坂佐井咲傘の真摯な対義語、または仮沢穂龍の紆余曲折

作者 神崎 ひなた

これぞ、ラブコメ!!

  • ★★★ Excellent!!!

才色兼備の学校一のマドンナ「坂佐井咲傘」。
その咲傘からもらった一通のラブレター。本当なら、飛び上がって喜ぶはずのシチュエーションだが、咲傘には大きな欠点があって……。

・ネーミングを見た瞬間に只者じゃない感がビジビジと伝わってくる、キャラクター造形。
・一文一文考え抜かれた、リズム感のある文体。

これぞ小説という感じの完成度の高い作品です。この作品は、きっと、この作家さんの代表作になるでしょう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

明弓ヒロ(AKARI hiro)さんの他のおすすめレビュー 1,270