旋風のルスト ~逆境少女の傭兵ライフと、無頼英傑たちの西方国境戦記~

作者 美風慶伍@傭兵少女・旋風のルスト

92

32人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

個人の力がピックアップされる戦というものが、丁寧に描かれています。傭兵の行う小規模の連続した戦闘が、かなりイメージしやすく描写されていて、脳内再生し易い。

個人的には、各国の文化がきちんと下地として組み込まれているなぁ、と感じました。歴史的な背景から、現在までの尾の引き方を、上手く登場人物に語らせ、演出されています。

読み易いのは、主人公が美少女だという点が、戦の世に一筋、明るさを差し込ませているからでしょうか。

いろいろ偉そうに書いてしまいましたが、長編ファンタジーでは一際目を惹かれる作品だと思います。

★★★ Excellent!!!

少女は舞う。
傭兵という荒ぶる男共が集まる世界で。力がものをいう不条理な世界で。
実態を持たぬ風のように舞踊る。相手にその身を掴ませず、時に優しくそよぎ相手に寄り添い、時に激しく吹き荒れ相手を吹き飛ばし。

少女は戦う。
命をかけた戦場で。己の誇りをかけた人生という戦場で。
熱気をはらんだ旋風の如く駆け抜ける。得意の武器を巧みに操り、身体を砕き、心を砕く。

少女は生きる。
己を縛るしがらみすべてに抗いながら。己自身の生き方に誇りを抱き。
それこそ自らを嵐と化し吹き荒れる。共に戦う仲間を巻き込んで、己が存在を主張するかのように。

少女は癖の強い傭兵の男たちに囲まれ、戦いの中を駆け抜け、自身の誇りを貫いていく。
少女がどんな道を歩むのか、彼女の生きざまを最後まで私は見届けたいと思う。


丁寧な描写、リズムの良い文章で読みやすい。特に人物描写、戦闘描写は綿密に描かれている。まるで目の前で演武が行われているかのようだ。
そして、その描写を実に盛り上げるべきところに上手くはめ込んでくる物語全体の構成力にも目を見張る。
構成の緩急が上手くつけられているので、盛りあがるべきところが読者の想像以上に盛り上がる。

是非、御一読を!

★★★ Excellent!!!

本来ファンタジーってこういう物。
転生や転移しなくたって面白いものが書けるんだという見本がこれ。
主人公は女性だがむせるストーリーは圧巻だ。

しかも、書き手の思い入れと熱意がガンガン伝わってくる。

一話か二話読んでサイナラするには惜しすぎるぞ。
俺は最後まで読む。

★★★ Excellent!!!

愛のない父の元を飛び出し、それまで築いた未来も、名も捨てた。
エルスト・ターナーは、17歳の少女ながら、傭兵の小部隊の指揮官。
二つ名は,疾風のルスト,。
彼女の夢は、人々を守る立派な兵士になること。
部下は百戦錬磨のおっさん達。
敵は謀略も大軍も使う、侵略の大国。

つらい過去を持つ少女指揮官が、さらに過酷な今に立ち向かう。
戦杖を振るい、知恵を沸き立たせ、隊を率い、気弱になった人を励まし。
ルストの決意は、希望の疾風となるのか!?
「少女海賊ユーリ」や、「シェーラ姫の冒険」に夢中になった人は必見です。