作中に登場するキャラクターに、インタビュー形式で作品のアピールをしてもらってみる

作者 PKT

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全30話

更新

  1. 見本
  2. また作者が思いつきで何か始めるみたいだぜ? byヒヅキ
  3. 茶番
  4. 第一回参加者の作者様、および読者様に感謝と笑いを込めて
  5. 第二回参加者様、そして読者の皆様に何かを込めて
  6. 本編(第一回募集分)
  7. 「初っ端からパンチのあるゲストがおいでになりました」 byクスト
  8. 「今回のゲストは魅力的な方ですよ」 byオドリー
  9. 「仲睦まじくて良いコンビですねー」 byクレッセ
  10. 「あら、私好みの男性じゃない!」 byロジィ
  11. 「え?インタビューってノリと勢いでなんとかなるんじゃねえの?」 by水菜
  12. 「明るくて暗い、素敵な双子をお迎えしたわよ」 byマイ
  13. 「ドタバタばかりでは芸がないだろうよ」 by蛍斗
  14. 「美しい華には棘ありか……気づくのが遅かったなぁ」 byレックス
  15. 「人は見かけによらないってホントですね!」 byモイ
  16. 「色々な意味で、彼の将来に期待しよう!」 byマッソー
  17. 「世界観に反して、物腰の軽いゲストが来てくれたよ!」 byフィー
  18. 「こいつの相手は、オレには荷が重いぜ……」 byアレフ
  19. 「今回は、物語の主役を張るレディをお迎えいたしました」 byルース
  20. 第二回募集分
  21. 「飼い主よりも、飼われている犬の方が優秀なことってあると思う?」by明石
  22. 「何故人間は自分達の姿形を模した人形を作るのか、そしてそれに何を求めるのか」 byオドリー
  23. 「これもいわゆる、東洋の神秘ってものなのでしょうかね」 byクスト
  24. 「知らぬが仏、あるいは好奇心猫を殺す」 byマッソー
  25. 「兄がそんなに好きかああああああああああああああああっ!!」 byレックス
  26. 「吹奏楽部怖い吹奏楽部恐い吹奏楽部こわい……」 by千夏
  27. 「文字通り、夢のある話ってやつだな」 by蛍斗
  28. 「神って概念を作ったのも人間のはずだよな、なんてふと思った」 by水菜
  29. 「私でもわかる。この人は敵に回したらダメだって」 by緋明
  30. 「次に会う時は呑み明かすとしようや!」 byラックル
  31. 「神業って例えあるよね。今回のゲストは、本物の神業の使い手だって!」 byフィー
  32. 「言動は軽薄ですけど、残念ながら根はいい人っぽいです」 byミイヤ
  33. 「恋愛というものに憧れはしませんが……」 byヒヤ
  34. 「ぬるま湯の様な世界だっていいじゃないですか」 byスイゲツ