作中に登場するキャラクターに、インタビュー形式で作品のアピールをしてもらってみる

作者 PKT