告朔の鬼羊

作者 にぎた

72

24人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

告朔の餼羊(こくさくのきよう)。
意味を失ったからといって古くからの風習を廃止してはいけないという意味の言葉ですが、本作はそんないつ廃止されてもおかしくない田舎に伝わる風習にまつわるお話。

まず特筆すべきは雰囲気作りの上手さ。

小学生である蒼介の視点から描かれるお正月の田舎の風景は淡々としつつもどこか不穏な物を感じさせ読者を妙に惹きつける怖さがあり、その不穏さは話が進むにつれ具体的な現象へと形を変えていき、やがて夜中に聞こえ始めるどこかからの呼び声……。

論語に記された故事、意味がよくわからないまま田舎で行われる風習、そして蒼太が生まれたときから意識を失ったままの母親という三つの要素を組み合わせて、一つの作品としてまとめている手腕も鮮やかで、読んでいる途中の怖さと・不気味さとは裏腹に、全ての要素がまとめつつ思わぬ形で物語の幕が閉じる構成は非常に巧みです。

短編なのですぐに読めますし、ただ怖いだけの話ではないので、ホラー系が苦手と言う人にもオススメできる一作です。

(新作紹介 カクヨム金のたまご/文=柿崎 憲)

★★★ Excellent!!!

小学五年の蒼介は自らの干支である羊にちなんだことわざをテーマに作文を書くハメに。
母の実家に向かった蒼介は「おーい、おい。おーい、おい」という呼び声を夜に聞き……。
この物語、序盤から中盤までは田舎独特の風習や不気味な呼び声で最高に怖がらせてくれます。
そして後半部分、真相がわかります。
ここで僕は見事にやられました。
物語の構成の巧みさもあり、感情を大きく揺さぶられます。
ただ怖いだけではありません。
悲しみと愛がありました。
長くはないので一気読みがオススメです。

★★★ Excellent!!!

先生から宿題、「年男・年女になるみんなだからこその宿題だよ。来年の干支でみんなの生まれ年でもある『馬』」を使ったことわざを調べてください」


蒼介は早生まれのため、馬ではなく、羊。

告朔の餼羊

――古くからの風習を、むやみやたらと廃止するべきではないこと。また、実を失って形式ばかりが残るたとえ。



徐々に怖くなっていく雰囲気がいいです。

ことわざと凧上げの風習をうまく混ぜたホラーです。

「おーい、おい」の言葉が聞こえてくることでしょう。