イヒ・リーベディヒ ~世界を滅ぼした魔王の恋~

作者 あさぎ かな

129

46人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

いきなりクライマックスで始まる展開。そして間もなく明らかにされる勇者と魔王の存在。結末はたぶん……と思ったら見事に裏切られました。もちろん、いい意味で。

これは果たしてハッピーエンドなのか?それともバッドエンドなのか。個人的にはハッピーエンドだと思いたいですね。しかしそれは読者の方にお任せするということで。

そして最後に登場するタイトルの意味。伏線の回収もまた、見事です。世界を滅ぼす、というと暗いイメージがありますが、そんな「常識」が一瞬でひっくり返ってしまう……

「短編ファンタジー」という、一つのテーマでまた別の作品をぜひ書いてもらいたい。この作品は初めてファンタジーものや異世界ものを読む人達はもちろんのこと、「まずは作品を一つ仕上げたいという」作家さんたちもぜひ読んでもらいたい作品です。

★★★ Excellent!!!

テンプレ転生を上手く利用しておきながら、確かな文章力でストーリーに引き込みます。

そこからが本領。

別個の短編として通用するアオハルが読む人を襲い、その後の急展開で苦虫を何匹も噛み潰さなくてはなりません。
そして更なる仕掛けが発動。
溜飲が下がる思いと共に切なさが去来します。

最後は納得……そう、これは納得です。

ハッピーエンド?
バッドエンド?

イヒ・リーベディヒの意味を知った後、判断して下さい。

主人公、ヒロイン……とても素敵な二人でした。

★★★ Excellent!!!

最初はよくある転生ものかなと、おもっているとあれよあれよと物語が展開されていきます。最後にじんわりと心が泣きます。テンポがよく、読みやすい文章で読者をぐっとつかみます。
ラストはこれもひとつのハッピーエンドなのでしょうと納得します。
熱くも切ない物語。
ファンタジー好きは必見の傑作です。

★★★ Excellent!!!

私はいつでも「これだ!」と頭が反応する物語を探している。それも1話で終わる短編が好ましい。通勤電車で読みたいからだ。
今回まさしく私の脳内に来た作品に出会えたわけだが、好きな人同士が異世界召喚のせいで敵同士になる。このアイデアがとても意外性があって、最初「なんだなろう小説か」とタカを括っていた自分がとても恥ずかしい。
異世界の人柱……、なるほど。そういう構図の物語なのか。物語の構図というものを私は作ったことがなかった。
短い中に色々な要素があってとても楽しかった。あまりにも悲しい最期を遂げた2人に弔いの祈りを。

★★★ Excellent!!!


世界に見捨てられた、勇者と魔王のお話。

今作はタイトルに深い意味が込められた作品です。
イヒ・リーベディヒ。この言葉の意味を知った時、心を深く抉られました。最後の最後で回収される特大な伏線に、きっと貴方も裏切られると思います。

物語自体、1万文字にも満たない短編ではありますが、
迫力溢れるラストバトルから始まり、勇者と魔王が織りなす戦闘シーンはアニメーションの様に頭の中へと流れ込んできます。
文章のテンポも非常に良く、これぞ異世界ファンタジーだなと思わせるような魔法の描写や、人界軍・魔王軍の攻防に興奮を抱かせてくれました。

勇者が彼女で、魔王が彼氏という斬新なテーマにはあらすじを読んだ時に驚かされたのですが、その設定が活かされた恋愛要素もところどころで見え隠れしていて、特にラストの例のシーンがトラウマを植え付けられるレベルで衝撃的でした。

最後はイヒ・リーベディヒの言葉の通り、魔王と勇者の愛で満ちた世界をバックに幕が下りていきます。そのとき、貴方がどんな気持ちでいるのかは想像もできませんが、私と同じように酷い読後感と寂寥感で心をいっぱいにしているかもしれません。

たった9千文字の中にこれほど色濃く数多な感情を残させる一作。
いろいろと思うことはありますが、とても面白かったです。
長文レビュー失礼失礼いたしましたっ!

★★★ Excellent!!!

この作品は言葉の通り最初からクライマックスで始まる作品

そのうえ、短編小説という事もあって。どうまとめるのかとても気になっていたのですが。予想にもない展開、そして作品の終わらせ方。

とても唸らせられた作品です。

転生ファンタジーをこの少ない文字数で綺麗に終わらせる構成とても素晴らしいと思います。

とても楽しませていただきました。

★★★ Excellent!!!

序盤は様々な魔法やスキルなどが漢字表現で登場しています。
その辺りではたくさんのスキル魔法が書かれているので好きな人は好きなシーンです、私はそこが一番好きです。

文字数も10000文字以内でサクっと楽しみたい方にはおすすめで、話の内容もテンポよく進み、無駄なところがないので読みやすかったです。

★★ Very Good!!

異世界へ転移・転生した二人は、勇者と魔王という、倒し、倒される関係になってしまいます。それぞれ記憶が残っており、それを元に行動するわけですが、決戦の時がやってきました。
世界の仕組みと、二人の思い。最後の最後、どうなるのか、目が離せなくなります。
戦闘シーンから二人の、少し甘いシーン、そしてその後の展開。ありきたりな異世界ものとは一線を画す、傑作だと思います。
素敵な作品を読ませて頂き、ありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

舞台は最終決戦。
勇者と魔王の王道バトル物かと思いきや、魔王目線で始まるこの物語には、まさかの設定がありました。

実は勇者と魔王は以前、人間世界にいて、転生者だったのだ。
しかも、二人は青春ストーリー真っ只中で、相思相愛だったのに、運命は二人を呪う。

勇者→後輩の女の子
魔王→主人公の先輩

という、わけです。
いやいや、これほど異世界転生を呪う展開はないでしょう!!!!

あまりに残酷で可哀想すぎる二人。
読者の心を揺らしまくります。
そして、ラストシーンは衝撃の事実が!?

このストーリーを考えた作者様は、すごいですね。
私では考えつかない展開にもう、堪らなく心揺れました!

素敵な作品です!
是非ご覧あれ!

★★★ Excellent!!!

 前、高校生の自分は、後輩の彼女のことが死ぬほど好きで――。

 今、魔王たる自分は、勇者の彼女のことが殺したいほど好きだ。

 二人の少年少女は、想い合っていたにも関わらず、異世界の運命に巻き込まれて
敵味方に分かれてしまう。
 最終決戦。両軍が総力を尽くして戦う中、二人も首魁として刃を交える。
 魔王の主人公視点で描かれる苦悩と、葛藤――だが、運命には逆らえない。
 残酷なほど、疾走感が増していく描写が、二人の悲しき宿命を彩る。
 そして、最後の刃が一閃されたそのとき、驚愕の真実が明らかになる。

 全ての幕が下り、静寂が訪れた世界で――。
 イヒ・リーベディヒの真の意味を、貴方は知る。