今宵の夜伽は、君に捧げる。 5


 一件落着したはずなのに、一行の表情は冴えない。

 息を吸うのも躊躇う重苦しい空気の中で、紅晶が顔を上げた。

「白麗兄皇子にいさん、皇権のことについてなのですが……」

 紅晶の方へと視線が注がれる。


「他国の話にはなりますが、権力を分けて、皆でまつりごとを行っている国があります。

 我が華羅国も、一国一皇にせずに、我々三人で協力していきませんか」


 紅晶の提案に、そこに居た誰もが頷いた。 

「賛成!」

 碧英が天高く手を挙げる。

「わたしも」

 朱衣も手を挙げると、皆思い出したように朱衣の髪に視線を移す。


「とりあえず、夜伽。『番』をの契約を解消して、朱衣を開放して貰えないか」

「無理だ」

「……この呪いを解く方法を探さねばだな」

「俺も協力しますよ、兄皇子」

「俺も」


 三人は、少しずつ溝が埋まってきているようで、朱衣は隣に居た柑惺と笑いあった。

 いつもの日常に戻ってこれた。

 そう実感すると共に、すっかり病の痕が消えた腕を見詰める。


 先ほど連れて行かれた、柳詩の後姿を思い出す。

 夜伽と『番』となってしまった自分も、今や妖だ。

 本当は彼女と同様、連れて行かれても仕方がない。


 朱衣は皇宮を出ることを決めて、本調子ではないから部屋へ戻ると嘯き、夜伽と自室に戻った。




「朱衣、本当に出ていくつもり?」


 丑三つ時。もう誰の声も聞こえてこない、静かな皇宮内。

 夜伽と必要な分の荷物を纏めて、朱衣は皇宮から出て行こうとしていた。

「うん。最後に、少しだけ書庫を見てきていい?」

「暗いから、気をつけて」

「はーい」

 夜伽と『番』になってから、体は軽いし、夜目もよく利く。

 本当に自分の体なのか、疑問に感じるくらいだ。

 書庫の背表紙を眺めながら思い出に浸っていると、ぼんやりと火の明かりが視界に映った。


「白麗」


 何故、こんな時間に起きているのか。

 何故書庫にいるのか。

 問いたいことは山ほどあるが、まず自分の言い訳を探すほうが先だった。

 朱衣は、ここを出ていくことを気付かれないようにしなくては、と口を固く結んでいると、白麗が小さく笑った。


「朱衣、皇宮から出て行くつもり?」

「なんで」

「その手の大きな荷物、かな」


 気付かれてしまったなら仕方ないと、朱衣は笑って誤魔化した。


「行かないで」


 白麗が、朱衣の腕を掴む。

 白麗の目が、火の光で煌いて、今にも泣きそうな顔をしているように見えた。



「白麗……」

「ずっと、皇になんてなりたくなかった。今でも、まだなりたくないと思っている。

 でも、朱衣。君がここに居るって思えば、私は強く居られる。

 そのためになら、皇にだってなれる」

 白麗の瞳は真剣で、吸い込まれてしまいそうだ。


「朱衣、私の傍で見守っていてくれないか」


 白麗の顔が近付いてきて、唇が触れた。

 その瞬間、甘さに脳が痺れて、思考が乱れる。

 これが、『精気』。

 朱衣が力無く白麗の胸に凭れかかると、白麗は笑んだ。


「ねえ、朱衣。傍に居てくれるよね」

 朱衣は催眠にかかったかのように、こくりと頷く――。



「僕の『朱衣』に触るな!」



 夜伽が目にも留まらぬ速さで白麗から朱衣を奪い取る。

 そして、隠された白麗の手を見て、ギリギリと歯を軋ませた。


「だから、お前は嫌いなんだ」


 白麗が持っていた、春画と偽られた呪符の書。

 白麗は口許を隠すように、ひらりと短冊のような呪符を掲げた。


「念には念を、だよ」


 白麗は獣医生の緑寧りょくねいに頼んでまで、異国から書を取り寄せていた。

 もしも、朱衣が夜伽を選んだとしても、自分の元から離れていかないように。



 ――この皇宮鳥籠から逃がさないために。



 翌日、朱衣はこの夜のことをすっかり忘れていたけれど、白麗に上手くやり込められて、皇宮からの脱出は先へと見送られることになった。

 夜伽は少し不服そうにしていたけれど、もう少し皇宮に居れることに安堵している朱衣を見て、渋々納得をした。

 

 今日も皇宮には、二羽の妖が棲んでいて、皇子の書庫を管理している。






 今宵の夜伽は、君に捧げる。






 終


 









  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

今宵の夜伽は、君に捧げる。 美澄 そら @sora_msm

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画