Living Dead Live

作者 時流話説

73

26人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 主人公たちにとって、その日は特別な日だった。主人公たちがいるのは、ライブ会場の楽屋。もうすぐ出番だった。緊張をするメンバーや、チュウニングするメンバー。それぞれが、今日のライブを盛り上げようと、最善を尽くす。ライブ会場は盛り上がっているらしく、観客たちの大歓声が、楽屋まで響いてきた。
 そんな中、ライブ会場会場で主人公たちが目にしたのは、地獄絵図だった。そう、主人公たちが楽屋で耳にした「大歓声」は、逃げ惑う観客たちの阿鼻叫喚だったのだ。血が滴り、ギクシャクと蠢く人々。そんな人々から逃れるために、叫びながら逃げ惑う人々。もはやホラー映画に出てきそうなゾンビが、目の前で、正常な人を次々と襲っていた。恐怖と混乱の中、一人の女性が、ステージに立った。それは紛れもなく、主人公たちのボーカルだった。
 ボーカルの女性は、眼前の光景を無視するように歌い始めた。この窮状を凌ぎ、人々を救うまで、歌う。脳裏に浮かぶのは、バンド名を決めたときのこと。バンドメンバーも、観客も、それらの人々がいたからこその自分だ。そして、自分にできることは、歌うことだ。
 
 場所がライブ会場に固定されている状態での、珍しいパニックホラー。狭く暗い中に、決められた登場人物でこのような話の展開。人物描写や状況描写が巧く、とても高い文章力で引っ張られる感覚があります。

 是非、御一読下さい。

★★★ Excellent!!!

ライブ会場で演奏するはずだった女の子バンドのYAM7。
ところが、観客の様子が何かおかしくなっていき……。

ゾンビ物であり、青春物であり、音楽物であり。
舞台である会場の観客の変化。
主人公たちのバンド、YAM7の成り立ちと人間関係。
事件に巻き込まれたマネージャーや警察官。
その辺りをゆっくりと丁寧に表現しています。

物語は今が佳境!
お見逃しなく。

★★★ Excellent!!!

Living Dead Live……タイトルが何やら能動的で素敵だと思い、尋ねてみると、それはゾンビ!

アメリカ映画のイメージを持ちました。ステージで起こる不可解な事件……と言うと、推理もののように見えますが、この作品は一風違うようです。
とはいえ、わたし、ゾンビが苦手なので、ちら、ちらちらちら、と興味で読んでおります。

くるぞ。
くるぞ、くるぞ、くるぞ……! と思いつつ、なんだかんだで更新が楽しみです。
この作者さまは意表をつくのが天才的に上手いので、今作も期待しておりました。

そして最新話。


増えている気がする。


Σ(゚∀゚ノ)ノキャー!!!!!

こういう一文、心臓に悪いです。でも、間違いなく面白いので、ライブなゾンビストーリー、そして活躍してくれそうな少女たちの動向も注目ですね。
というか、このラストはどうなるんですか。

今季の応募作品、面白すぎませんかね?