夢旅人

作者 辻 長洋(つじ おさひろ)

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第1話「森」へのコメント

    今回は自主企画に参加ありがとうございます!!

    あらすじを読んでとても興味が出て読み出してみたら続きをが気になって次々と読んでしまいました!
    続きを楽しみにしています☺️

    作者からの返信

    ご感想ありがとうございますっ。読んで頂いて光栄です...!サボりが多いですが、最後までお付き合い頂けたら幸いです...。

    2021年2月12日 19:32

  • 第11話「町外れ その2」へのコメント

    遅くなり、すみません。
    少女の名前がもう少しで分かったのに……!
    めっちゃ気になります。
    作者様の伏線が素晴らしいです。
    黒猫さんはこまって言うんですね。
    このお話の中でも私は特に少女と黒猫さんが好きなので黒猫さんの名前がわかって嬉しいです。
    それにしても思いがけない再会でしたね。うさぎさんとくまさん、そして黒猫さん。
    みんな少女が夢で見た光景の中で出会っているのにも関わらず同じ場所で巡り会えるのは奇跡に近いなぁと思いながら読み進めていました。

    続きも楽しみに待っています!

    作者からの返信

    ご感想ありがとうございますっ!遅くだなんて...作者としては読んでいただいただけで光栄でございます...。黒猫さん、お好きでしたか...!もしかしたら、もう一度出会うこともあるかも知れません...。

    今度はあまり間あかないように頑張ります...!最後までお付き合い頂けると幸いです。

    2021年1月13日 02:40

  • 第10話「町外れ その1」へのコメント

    気がついたら最新話が公開されていてとても嬉しい思いで読みました。
    黒猫さんとの再会……。そして最後ではクマさんとうさぎさんとの再会という今回の夢は新しい出会いというよりかは過去に出会った仲間とのお話なのでしょうか……?
    それにしても黒猫さんがまた登場してくれたのが嬉しいです。
    少女も相変わらず普通は照れ臭くて言えない言葉もストレートに言えていてすごいな、と感じました。優しさも相変わらず素敵です。(語彙力なくてすみません)
    この続きも時間がある時に拝読させていただきます。

    作者からの返信

    ご感想ありがとうございますっ!暫くサボってましたー...!すみません...!この4人(人?)の構図は、商店街の回を書いてからずっと思い描いていたので、ようやく形に出来ました...!少女の魅力に触れてくださって、作者としては親心を感じてしまいます...。ありがとうございますっ!

    2021年1月11日 21:56

  • 第9話「森、再び」へのコメント

    私の好きな世界観の作品です。
    応援しています。

    作者からの返信

    ご感想ありがとうございますっ。そう言っていただけるととても励みになります...。ありがとうございます。

    2020年11月18日 12:36

  • 第9話「森、再び」へのコメント

    少女が再び森に行けてよかったです。
    ただ雀さんのことは可哀想でした。
    そのために泣いた少女の優しさも深いなぁと思いました。
    旅の記録がスノードームなのも素敵です。
    執筆お疲れ様でした。

    作者からの返信

    ご感想ありがとうございますっ。頂いたご感想、全て読ませて頂きました。こんなにも褒めて頂けると作者としては身に余る光栄です...。遅筆ですが、最後までお楽しみ頂ければと思います...!

    2020年11月17日 15:05

  • 第8話「商店街」へのコメント

    黒猫が可哀想になりました。
    そして弱音をいつでも少女が聞いてあげると言った優しさにも感動しました。
    今まで見たどんな夕陽よりも輝いて見えた少女のことを黒猫は一生忘れないでしょうね。

  • 第7話「精神世界」へのコメント

    今まで、色々な夢の世界を巡って、色々な生き物達に話を聞いてきたけど、やっぱり、生物としての人間の思考だけが、どうしても理解出来ないなぁ...。)

    (今まで出会った生き物達は、皆弱肉強食の過酷な世界で、迷わず生きる事を選択してた。)

    (なのに、人間はどうして、食物連鎖の頂点に立って、生死を伴う争いの無い社会に生きているのに、動物よりも死を選択したがるんだろう...。)

    (人より過酷な環境で生きる生き物達は、生を選ぶのに...。)

    (安全を約束された社会で生きる人間達は、皆死を選びたがる...。)
    にすごく考えさせられました。
    確かになぁ💭と自分が普段あまり見ない視点で考えることができました。
    1つ1つの話が短くて読みやすいです。

  • 第6話「雪山」へのコメント

    クマさんととウサギさん仲良くなれてよかったですね!
    お母さんが亡くなったことは抜きでハッピーエンドでよかったです。

  • 第5話「中心街」へのコメント

    今回も楽しく読ませていただきました。
    中心街は前話とは違って戦場が登場したこともあってか少し怖く感じました。
    それにしても前話までは夢の中で誰かと喋っていたのに今回は誰も少女のことを見えていないので少女も誰とも会話をしていない場面も少女の気持ちが溢れていてよかったです。

  • 第4話「宇宙」へのコメント

    優しさ溢れる少女が素敵です。
    宇宙もまた読者を惹きつける力があったように思います。
    執筆活動頑張ってください。応援しています。

  • 第3話「雲海」へのコメント

    1話目から思っていましたがすごく考えさせられる小説ですね。
    生き物の到達点とはどこなのでしょう……?
    自分でも全然考えたことのなかった所に改めて気が付かされました。

  • 第2話「砂漠」へのコメント

    その日少女が夢に見た場所がスノードームになっているのでしょうか……?
    リズムがあってとても読みやすいです。
    続きも楽しみに読まさせていただきます。

  • 第1話「森」へのコメント

    自主企画から来ました。
    神秘性があるとても言葉の運びが美しい作品ですね。
    雀が死んでしまったことを知り泣いた少女や蜘蛛に謝罪などをする少女は優しい子ですね。
    続きも読まさせていただきます。

  • 第1話「森」へのコメント

    優しいお話しですね(#^.^#)

    作者からの返信

    ご感想ありがとうございますっ。優しい少女の優しいお話ですございます。優しい世界に浸りたくなりましたら、是非お越し下さいませ。

    2020年11月7日 04:44

  • 第6話「雪山」へのコメント

    動物や少女の掛け合いが非常に心地良かったです!作者様のポテンシャルが上手く引き出せていますね!

    作者からの返信

    ご感想ありがとうございますー。掛け合いをお褒め頂けると、作者としてはこれ以上ない幸せでございます...。ありがとうございます...。これからも頑張りマッスル。

    2020年7月24日 05:41

  • 第8話「商店街」へのコメント

    柔らかさの中に鋭さがある物語ですね!
    とっても平易な文章で読み易く、絵本のような世界観に舌鼓を打ちます。
    こういった物語も多くなればと思うのでありました。

    作者からの返信

    ご感想ありがとうございます。お褒め頂き光栄です...。少女の旅はどんな結末を迎えるのか、最後までお付き合い頂ければ幸いですん。

    2020年7月23日 01:20

  • 第4話「宇宙」へのコメント

    なんとなく『星の王子様』を思い浮かべました。
    色んな世界を巡って、巡り終えたとき、少女はどうなってしまうんだろう。
    って思いました。

    作者からの返信

    ご感想ありがとうございますー。作者は星の王子様って見た事ないんですよね。タイトルしか知らないレベルです。いやぁどうなっちゃうんでしょうね。私も楽しみです!

    2020年7月23日 01:18

  • 第8話「商店街」へのコメント

    一話一話の世界観が違って、それぞれに不思議な体験に引き込まれる感じがとても映像的で好きです。雪山のエピソードとこの商店街のエピソードが気に入っています。
    頭の中で勝手に人のいない世界の、さびしい商店街と黒猫等、イメージをつくりながら読んでいました。対話的であり、感覚的な哲学的であり、また続きを楽しみに待っています。
    個人的には余白が少し多いかな、と感じていて改行を余韻が欲しいところに多くとってあとは詰めてもいいのかなと思いました。(すみません、本のように縦書き設定で読むもので。)

    作者からの返信

    ご意見、ご感想、ありがとうございます。楽しんで頂けましたら何よりです。なるほど、縦書き読みだと改行が取れすぎてしまってるんですね。自分は執筆の際、横書きで書いているので、その感覚に合わせて書いてしまっていました。次からは、縦書き、横書き共に見やすいように、色々修正させて頂きますね。

    2020年5月17日 23:50

  • 第7話「精神世界」へのコメント

    「応援コメント書きに行きます」から来ました。
    読みにくいっ!
    けども一味違ったストーリーなのでそれがどんどん引き込まれていきそうです!
    これからも期待してます!

    作者からの返信

    応援コメント、ご意見、まことに、まぁこぉとぉに!ありがとうございます。読みにくい、ですか。改行に関してはちょいちょい修正していくかもしれないです。

    2020年3月7日 10:13

  • 第5話「中心街」へのコメント

    「5話まで読み合おう」企画参加ありがとうございます。

     最初は児童文学かと思いましたが、読み進めていくとやたら人生を悟った動物たちが登場し、少女も哲学的な事を考え始め、最後は宇宙の孤独や戦争の悲しさにまで心を飛ばしていくという……。
     まさに大人のために描かれた、大人のための絵本といった感じですね。
     動物たちの一言一言が、胸に刺さるかのようでした。