超本気でキャラクター談義っ!( ・`д・´)⁺


【lager】

乙さん、たまには豆腐メンタルのキャラも書いてみては?(笑)



【ちかえ】

まあ、キャラが似るのは作者が一緒だからある程度はしょうがないかなと思っています。



【日竜生千】

ゴールデンウィークが長すぎたのかっ・・なるほど。(無理やり納得した)


最初の質問は、綾さんのだったのですか。

鈍いだけかもしれないのですが、似ない、というのが率直な思い。


経験則で思いつく似てくるパターン。


・苦手なキャラは似てくる

・やられ役とかの雑魚キャラもイメージ化されて、パターン化して、似てくる。

・設定も性格もちゃんと色分けされてるのに、同じ世代の女性(男性)(子供)キャラが似てくる。

かな。



【紺藤 香純】

長文になるかも。


「出てくるキャラが似た感じになってしまう時の対処方法はありますか?」


同じ作品の中で似てしまうか、自作の別作品で似てしまうか、で細かい対処方法がことなるのですが、どちらも基本的に「原点に戻る」を意識しています。

なぜそのキャラクターを出そうとしたのか、本当に必要なキャラクターなのか今一度考えます。

同じ作品で似てしまったら、プロットから練り直しでげす……(´;ω;`)

別作品だったら、根本は同じでも細かいところを変えます。仕草だったり、嗜好だったり、名前も違う雰囲気にしたり。


それと、私は俳優をイメージして登場人物を書くことが多いので、自分の中では似ていなくても、読者様の中では似てしまっている、ということはあるかもしれません。



【ちかえ】

でも、「あ、このやり取り似てる」と思ったらちょっと変更したりして工夫していますね。



【コノハナサクヤ】

えーきちさん、ありがとぅございますです!

おほっ、ななめな人間なので……テーマの焦点が違ってましたね。。-_-;



【lager】

私の場合、全部の短編含めてキャラが似てるってあんまりないような気がします。今後どうなるかはわかりませんが



【綾束 乙】

と、豆腐メンタル……っ!?Σ( ゚Д゚ノ)ノ

うーん、話が思いつくのかと、ストーリーが動かせるのかが……(*ノωノ)



【キロール】

雑魚はパターン化しておくと、所詮雑魚だから其処まで文句は言われないだろうし、後でそのイメージを裏切ることもできるしお得な気がしますが。



【和泉ユウキ】

ほーたん

ほ、ほほほほほーたん!……さん(……)。

実を言うと、リアルでもあだ名にさん付けしたりするので、癖なのですよね。

でも、変な感じがすると言うのでしたら、……頑張ります!


好きな主人公とかヒロインの傾向って、確かに似ますよね。

私も、「黒き翼」と「世界のばんか」は微妙に似ている気がします。口調は、カイリ(世界のばんか)の方が柔らかいイメージで書いていますが。

ヒロインは……強い人が多い気がします(笑)。



【えーきち】

コノハナサクヤ様

や、違ってはないと思いますよ。

ほとんどが白銀髪って設定に驚いただけです。



【湊波】

【どうすればキャラが似なくなるか?】

注。これは、こうできたらいいなぁという、湊波の願望です。


<前提として>

ある程度、キャラが似てくるのは仕方ないことなのかなとも思います。

そもそも、既存の人気作を見てみても、奇抜なキャラだから物語が売れる…という訳でもないでしょうし。

ならば、キャラの根本の性格とか考え方で違いを見せるのがいいの…かも…と、ぼんやり思います…。

例えば。。


<その1:根本の行動原理はしっかり分ける>

単純に「優しい」キャラとは言っても、「上辺だけ優しい」のか、「特定の人だけに優しい」のか、「お人好し」なのか…で随分変わってくると思います。なので、そのキャラが、どの属性なのか(そして、そうなった理由)を固めればいいのかな、とか。


<その2:立場や時代の違いを利用する>

例えば、「国を背負うようなキャラ(お姫様とか)」と、「町娘」では、同じ年代でも、土壇場での考え方が大きく違うような気がします。その辺を利用すれば…差別化できるかな…とか…(フェンとラナはそこで違いを出したいと思ってる)(分かる人には分かる発言)



【えーきち】

和泉様

挽歌のヒロインってカイリですか?


―――――

カイリは和泉様の作品、

「世界の鎮魂歌【ばんか】は、俺が歌う! -拝啓、無能がお好きな皆様へー」

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887190339

の主人公ですが……。「男の子」ですっ!( ゚Д゚)ノ

―――――


【綾束 乙】

日竜様。

やられ役はね……。もう、諦めてます(´-ω-`)


苦手なキャラは……。今、絶賛ヤンデレ(?)キャラで苦戦中です……っ!(><)

以前、lager様に「乙さんの作品ってお色気お姉さんがいませんよね?」と指摘されて、頑張って「お色気おねーさん」を目指してはいるのですが……っ!(涙)

難しい……っ!(><)



【和泉ユウキ】

日竜さんの「似てしまう傾向」は、確かに!

特に、雑魚!

でも、雑魚は雑魚だから、きっと、出し過ぎなければみんな忘れてくれる……は、ず。という希望的観測で書いています(笑)。


あと、豆腐メンタルって気になります。

私もどこかのキャラで書いてみようかなあ。あんまり書いたことないかもしれません。



【日竜生千】

上げたパターンは結局のところ、イメージに頼って書いている時に、

起きる気がしています。


苦手なキャラは、克服する。あんまりおススメしないけど、荒療治的に、自分を消してそのキャラを信じきって、同調するということをする、かな。

一個でも理解できる部分(完全に)を、見つけて、そこから何がどう違うのか、自分の感覚どの相違を観察してるうちに、私と無意識を共有するようなキャラが立体的に立ち上がってくる。


脇役はさらっと出してしまう。

外見や雰囲気を雑感でつかむ。わりとしっかり、性格とほんのり見える家庭事情(家族構成、幼少期)なんかを嗅ぎ分けて、その一瞬で、今まで作って来たチンピラたちと違う人だ、と私が認識する。

自分が区別できる程度の読み込みでいいと思う。読者に違いが見えるようには書かないし。違いがあるとあとあと出てくる時に楽。使い勝手もよくなってる。


だいたいこの2パターンでなんとかなるのは、私のキャラ作りが普段から観察と比較で成り立っているから。

小物一つから、キャラを作るような、情報からの連想と好奇心で作る。


友人の作り方と比べた時に、具体的にものはなく、本能とイメージで作るというやり方が、まったく理解できなかったので、自分のキャラ作りに合ってる方法が必要かと。



【ビジョン】

後は職業とか立場とかを両極端(金持ちか貧乏人か等)にしてみるとか。

それだけでも行動原理って変わってきそうですし……



【lager】

たとえば、コレティアが豆腐メンタルだったら?


なにかある度に泣きそうになるんだけど、自分の立場と使命感を心の支えにして立ち向かっていく。それを見たルパスがやきもきしながら彼女を助けていく……みたいな(^ω^)


―――――

コレティアは自作の「碧い瞳のミネルウァ ~古代ローマ謎解き活劇譚~」

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887654090

のヒロインです。

己の好奇心のまま、護衛の青年ルパスの苦労なんて、知ったことじゃないとばかりに突き進む、じゃじゃ馬令嬢です(笑)

―――――


【大臣】

何もかもが同じわけではないから、細かく作り分ければ違いが出るはずなんですけどね……やっぱり好みのキャラとか状況とかが色濃く出ちゃいます。



【日竜生千】

和泉くん

無理せず、ほーさんにしたらどうかしら。



【紺藤 香純】

綾束さん

確かに、お色気おね-さんは難しいです(´・ω・`)



【大臣】

ほーさんは折衷案として良さげですね



【綾束 乙】

湊波様、フェンとラナの違い、なるほどっ! となりました。


やっぱりあれですかね~。

性格の傾向が似てしまうなら、主人公に持たせる「大願」を異ならせるようにする、とかですかね~。


―――――

フェンとラナはそれぞれ、湊波様の作品、

「世界で一番あなたがきらい」

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887171135

「プレアデスの鎖を解け」

https://kakuyomu.jp/works/1177354054889627840

のヒロインです~(*´▽`*)

―――――


【和泉ユウキ】

湊波さん

優しい、も確かに色んな種類ありますよね!分かります。

……私が書くと、それでも全部同じ様になりそうなイメージですがっ。


えーきちさん

カイリ、主人公ですからね!?(爆笑)

遂に、えーきちさんにまでヒロインと言われ始めた……(笑)。


……そういえば、綾束様の苦手な「ヤンデレ」。

私が書くキャラ、そういうつもりじゃないのに、「ヤンデレ」言われているキャラが一名いるなあ。


……。

……綾束様。

多分、黒く執着すれば、ヤンデレはクリア出来ますよ!(暴言)


―――――

ちなみに、和泉様のアドバイスを参考に書いたヤンデレは、読者様にふつーに「怖い」と言われました……っ!(*ノωノ)

ヤンデレへの道もまだまだ遠い……っ!(>﹏<)

―――――


【湊波】

私、一度やってみたいのが、「性格診断」で型別されたタイプに沿ったキャラを作ってみることなんですよね…16性格診断とか。これに沿わせるだけで、16人分のキャラが作れそう(「16性格診断」でググってみてください…)



【lager】

こんちゃん。

縫さんは色気ありましたよ(*´ω`*)


―――――

私もあると思います!(挙手)

―――――


【えーきち】

綾束様が悩んでたヤンデレ、和泉様が得意そうだなぁと思いましたから。

ケントは十分病んでるw



【綾束 乙】

lager様。あっ、豆腐メンタルってそれくらいで大丈夫です⁉

なんか、もっとぐっずぐずな感じの、最後までへたれてそうな感じかと……(*ノωノ)


紺藤様、ですよねっ! お色気おねーさんって難しいですよねっ!

皆様、どうやって書いてらっしゃるんでしょう……?(; ・`д・´)


―――――

こんなコツがありますよ、という方、ぜひコメント欄でお教えください~っ!

―――――


【和泉ユウキ】

ほーさん!

なるほど。それはとても素敵な呼び方です!


……すみません、ほー、たん。

ほーさんと呼ばせて下さいっ(土下座)。



【日竜生千】

中坊の頃は、心の中でそのキャラになって喋ってましたね。

って、この話、前にもした気がします。(そしたら汚い言葉遣いが定着して困った)



【ちかえ】

「16性格診断」今、ググりました。

これは参考になりそうかも。



【湊波】

綾束様

こう、読者受けしやすい性格って、意外とバリエーションが少ないと思うのですよ…!ならば、もう、変に性格に凝ろうとはせず、大願で違いを出してみるのがいい!かもしれません!!(私も頑張ります笑


和泉様

自分はそのつもりはないのに、読者様から指摘されて気づくことはありますよね(苦笑

だからこそ、コメントは貴重…。。



【lager】

最後までヘタレだけど最後の最後には頑張るんですよ!

それが萌える(燃える)展開なわけです(^ω^)



【綾束 乙】

和泉様。黒く執着……。させたいんですけれど、まだ黒さと怖さと色気が足りない気がして……っ(><)



【齋藤瑞穂】

ちょっと目を離した隙にだいぶ進んでいる……!

あっ、ほーさん?でもなんでもいいですよー!



【えーきち】

性格診断ならエニアグラムでもいいですよね。



【蜂蜜 最中】

|ω・)ソー


―――――

ちらっと新たなお客様が顔を出したところで、次話へ!


キャラクターは小説の主要素の一つのため、かなり盛り上がっております。が、次話でキャラクターについてはいったん終了です~。

―――――

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます