引き込まれる文体と展開

非日常な光景を目の前にしているのに「ぼく」の語り口調が妙に淡々としていてどこかコミカルなところがツボでした。「猫」がキーワードの一つになっているところも見逃せません。ラストはなるほど「ぼく」らしいラストだと感じました。とても面白い作品です。

その他のおすすめレビュー

ふさふさしっぽさんの他のおすすめレビュー760