彼氏にタピオカしか愛せないと言われたら

こねこちゃん

彼氏にタピオカしか愛せないと言われたら

「ぐふっ……! ここまでか」


煌びやかな全身鎧を着た男が吐血しながら呟いた。


「そんな……」


私は彼に駆け寄り、治癒魔法を唱えた。

しかし、見た瞬間に理解する。

この傷は……致命傷だわ。

今の私のレベルでは、とてもじゃないが癒せそうにない。


「ぐふっ。すまない。僕はこの世界どころか、君すら守れそうにない」


「いやっ! そんなのいやっ。 絶対生きて戻るのよ!」


言葉とは裏腹に、私は理解してしまっている。

立ちはだかる怨敵、魔王ティラミスに、いま倒れている彼……勇者クレイプの神聖力無しでは太刀打ちする術がないのだ。

魔王の圧倒的な範囲魔法攻撃もあり、逃走は不可能。

勇者が倒れた今、私はできることは、なるべく苦痛のない死を願うことのみということだ。


(いやっ! 折角クレイプと恋仲になれたと言うのに!)


そう。

彼への長年のアプローチにより、私はやっと数日前の夜に彼に受け入れてもらったばかりなのだ。

それなのに、こんな終わり方なんて!



何を隠そう、クレイプと恋仲になるまでが大変であった。

我ながら、私も数年間よく粘ったと思う。

私は彼にアプローチする度に、こう言って断られたものである。


「ごめん。オレ……タピオカしか愛せないんだ」



タピオカ。


それはこの世界ア・マイ・ド・カンミにおける、伝説の聖獣とも精霊とも言われている存在だ。

幼少のクレイプに勇者の力を授けたのもタピオカである。

この世界に危機が訪れる度に幾度も現れ時の勇者と世界を救った歴史があり、非常に神聖視される存在だ。


そんなタピオカの姿は、我々には人語を喋れる以外はただの玉のようにコロコロした犬にしか見えないのだが、どうやらクレイプには絶世の美女に見えているらしい。


「タピオカは運命の人。共に魔王を倒す使命があり、そして結ばれる運命でもあるんだ」


確かに歴史的に見ても時のタピオカと勇者は事後に結ばれるケースも多々ある話ではある。

普段は精悍かつ知的な表情のクレイプが緩みきった顔で惚気を語る姿を見る度、私は「きいぃぃぃっ! このメス犬畜生めぇぇぇ!!」って、彼女と歴史への嫉妬に燃えたものだわ。


ある日、あの事件が起きる。


タピオカが急死したのである。

原因は宿屋に差し入れられた最高級ドッグフードに毒が盛られていたことによる毒殺である。

結局犯人は見つからなかったけど、その時泊まった高級宿の料理長が責任を取らされて吊るされちゃったけど……

そんなつもりはなかったの、ごめんなさい。

料理長あなたの犠牲は無駄ではなかったわ!


……こほん。

それから長年かけて傷心のクレイプを慰め続け、やっと最近結ばれたばかりだと言うのに!

あの夜に思い切って、私は彼を泥酔させてから裸で彼のベッドに潜りこみ、翌朝「責任とってね♡」という既成事実あらわざまで使ったというのに!


「ぐふっ。タピオカさえいたならば、勇聖合成魔法”デラアマス”で魔王を弱体化できたのに……」 


はいいい? それ早く言ってくれないかな!

まさか、ここに来てタピオカの不在が致命的な敗因となるとは!

私のバカ~!!


ゴォォォと魔力が唸り、空間が沸き立つ。

魔王がトドメの一撃を練り上げ始めたのだ。

もうダメよ!!!


「ぐふっ。最期の手段を行う。この世界はもう終わりだが、君だけは助けたい。勇者であるオレの秘奥義である転生魔法を君にかける」


えっ。なにそれ。


「ぐふっ。本来なら勇者とタピオカが生前に互いにかけあい、また世界の危機の際に転生する為の魔法だ。タピオカでも勇者でもない君にかけるとどんな影響があるかは未知数だが、少なくとも魂は救われるはずだ。いくよ!」


私が声をかけるより先に、クレイプのかざした右手が光を放つ。

その光に私が包まれるのと、魔王のトドメの一撃に私たちが襲われるのはほぼ同時であった。


「ぐああああ! タピオカ……ぐふっ!」


ちくしょおおおおおお!! クレイプの最後の最後の言葉があの犬畜生の名前とか! きいぃぃぃっ!


そうして私の意識は暗闇へと落ちて行った。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――


どれくらい時間が経過したのかしら。

私……と言うより私の魂は、いつの間にか真っ暗な空間を漂っていた。

不思議と恐怖や戸惑い等のマイナス感情は湧きあがらない。

むしろ、暖かくて非常に心地が良い気がするわね。

母の胎内ってこんな感じなのかしら?


「汝、何を願うぞい」


いきなり、空間に声が響く。

直観で理解できた。

この声は、神に違いない。


何……とは?


「汝には世の理と約束により転生と転生先を選択する権利があるぞい。転生したい対象を言うがよいぞい」


それは素敵!

何でもいいのかしら?


「神以外なら何でも良いぞい。さあ。また人か。それとも動物か。精霊や物質、はたまた、スライムとかにも転生できるぞい」


そうであれば私は……そう、タピオカ。

タピオカになりたいの!

今度の人生こそ、私は彼のモノになるの!


「その願い、叶えてしんぜよう……ぞい」


空間にぱああっと光が差し込む。

その光源に向かって、私の魂は引っ張られ始めた。


ああ……夢みたい。

私がタピオカになれるなんて。

彼との、甘い、あまーい戯れが私を待っているのね。


意識が薄れ始める。


「あ、言い忘れとったが、先の世界は魔王に滅ぼされてもうたからな。転生先の世界はわしの管轄の世界……汝にとって、異世界ぞい」


最後に、神の声が聞こえた気がした。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――


ぐるぐるぐるぐる。

白い世界が回る。


そして停止。

揺れ動く、私。

ここは何処なのかしら?


「オレ……もうタピオカしか愛せないんだ」


この声は……クレイプね!

良かった。

貴方もこの世界に転生していたのね。


「本当においしそう。早速、いただきます!」


えっ!

いきなり大胆ね!

そりゃ嫌じゃないけど、私だって心の準備が……って、あ―――れ――――っ!?


ずずずっ!

はぐはぐ。

ブチブチブチ!


ぎゃああああああああああああっ!!

痛い痛い痛い!


「んー、あま~い♡」


ごっくん!


なーにーこーれーっ!!

って、

ぎゃあああああああ、熱い熱い熱い!! 体が……体が溶げでいぐぅ……

ぐごごごご……



こうして彼女は望み通り勇者との甘い生活を堪能し、そして彼のモノとなったワケぞい。

しかし、タピオカになりたいなんて、変な女じゃったぞい。

わしが地球の神になってから、こんな酔狂な願いは初めてぞい。


まー、いいぞい。

次の転生者、どうぞー、ぞい!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

彼氏にタピオカしか愛せないと言われたら こねこちゃん @coneco

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ