字句の海に沈む

作者 野々ちえ

86

31人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

好きになった人が「家庭の事情」というものを抱えていたら。
それが自身ではとても受け止めきれないものだと感じたら。
貴方ならどうするでしょうか?

過去と今を一冊の本が結ぶ、切ない恋物語です。
現実はままならぬ事が多過ぎるもの。だからこそせめてフィクションの世界では、理想を追い求めるのかもしれません。

ハッピーエンドばかりを紡ぐ作家が必ずしもおめでたい人ばかりだとは限りません。むしろそうでない人が敢えて描く「幸福な結末」にこそ価値があるものです。
大人の恋愛をお探しの貴方へ、おススメです!

★★★ Excellent!!!

人間の、人としてのどうしようもない部分が、切ないすれ違い、ずれを生む。その点、秀逸に書かれていると感じました。
以下、少々ネタバレかも。
どうしようもなかったのは、たぶん全員なのだろうと思います。問題のある彼、そのままでいられなかった主人公、主人公の気持ちを認める必要のあった人、それぞれが、ある意味では人間らしい、そんな不条理の中にいます。
主人公の願いもまた不条理であり、人間らしいものです。これは“人”が書かれた物語です。
また、トライアングルは物語における人間関係の基本で、それをうまく成せていると思いました。
ずれた関係性の行き着く先まできちんと描かれているのが好印象でした。

★★★ Excellent!!!


失礼を承知で言ってしまえば、本作の主人公の女性がどうしても好きになれませんでした。
いつもならキャラクターが好きになれない場合は最後まで読むのが辛いことが多いのですが、すんなりと読むことが出来たのはひとえに作者様の文章の読みやすさなのかもしれません。
彼女の言うハッピーエンドがひどく矛盾を感じて、独りよがりで押しつけがましく。ああ、本当に人間らしい。とゾクゾクしました。
キャラは好きになれないのに、物語はとても面白くて不思議な魅力に包まれました。


別に書かれていらっしゃる関連作品を先に読んでから読まれたほうがよりこの魅力に包まれる気がしますので、オススメ致します。

★★★ Excellent!!!

ちょうどわたしが今読んでる本の最後に、「作家は非現実的な物語を堂々と書き連ねる商売で、大ウソつきで大ボラ吹きだ」と書いてありました。

現実と創作のそういった狭間に常時身を置くことは、人にとって快感である以上に多大なストレスもあるのかなと感じます。

過去にたくさんの作家が自死を選んだように、歪んだ世界の住人になるというか。

だからこそ魅力的でもあるのですが。

野々ちえさんのこの作品で、作家とそれを取り巻く人たちの繊細な心を垣間見たような気持ちがしました。