詩集「僕の独り言」

作者 雨音

59

20人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

潔い詩集。
正直な詩集。
妥協しない詩集。
きれいごとにしない詩集。
媚びない詩集。


雨に濡れても心が乾いてしまっても、言葉をあきらめられない詩人の繰り出すフレーズは、読み手の心にも潤いをもたらし、一抹の寂しさを味わわせ、その後にきっとあるはずの向こう側の景色へといざないます。

雨になぞらえた心象風景は、どこか自分にも覚えのある景色ではないでしょうか。

★★ Very Good!!

雨音氏は、悲しみを転換し、希望を生み出す詩人です。

氏が奏でる言霊は、やがて希望の翼を広げ、未だ見ぬ未来へと羽ばたきます。

それは、鳳雛《ホウスウ》(鳳凰のヒナ)が、嵐を前に、耐え忍び、時を見て、あの黄金の空へと高く高く舞い上がる様です。

氏の持続的努力と、それを支える才能に敬服し、私のレビューとさせて頂きます。

今後も御活躍、お祈りしております。(^_^)