君が人生の時

作者 サンダルウッド

初夏の涼しさとコーヒーの香りのような

  • ★★★ Excellent!!!

純文学らしい豊富な表現力で、主人公の緊張感や失望を感じさせてくれます。
個人的には、「じっくりと咀嚼したい記事」という表現が好みですね。咀嚼したいって使うタイミングないですよ。
それから、「健全」という言葉が何回が出てくるのも気になりますね。読者として誘導されているんでしょうけど。安定を好む主人公の「健全」も、最後に「新しい健全さ」を手に入れた気がします。何が伝えたいかハッキリとしており読了感も素晴らしいです。
今風に言えば、エモい作品で最高に感慨深いです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

豆腐さんの他のおすすめレビュー 14