誤用警察

作者 須藤二村

30

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

誤用警察。
言葉を間違った使い方をすると、嗜虐的な微笑みを浮かべながらナイフ片手に飛んでくる人達。

嘘です。

この作品では、自分の能力が試されます。
作中に言葉の誤用が沢山並べられています。
さあ、あなたはいくつ見つけられるかな?

……私? そりゃ、ね。ぜんぶだ……よ……?(震え声

面白かったのに同時に胃が痛くなった。
捕まるのが怖い捕まるのが怖い捕まるのが怖い……

ちなみに。
ミスリードとして、『最近誤用ではなくなった言葉』もあるのです。罠です罠。
『はい見つけたーww』とか思ってると、それ罠だったりします。

怖い怖い……

★★★ Excellent!!!

こんにちは、とおりすがりの誤用常習犯です(音声加工済み)。

スマホ使って読ませていただきましたが、
「これパソコンかタブレット用意して検索しながら読みてぇ……」
と何度も思いました。

え?どの箇所かって?言いませんよ?(視線を逸らしながら)

ここまで様々な誤用を混ぜて話を成立させることのできる
作者さんの知識の深さにひたすら感服を受けました。
書き手さんこそ読んでみてほしいです!


……あれ? なんか赤いランプが近づいてきたような……。