小説を書くことをとにかくポジティブに応援されたい人に贈るエッセイ

作者 長埜

好きだから。楽しいから。書く理由を見失いそうな人へ――。

  • ★★★ Excellent!!!

好きなことというのは、つらいことも苦しいこともそうとは感じさせないものですが、『読者』を必要とする小説というものは、どうしても数字や反応が気になってしまうもの。

感想がもらえない。評価がもらえない。そもそもPVが増えない。

ただただ『楽しいから』書いていたはずなのに、いつしかそれがすっぽり抜け落ちて『反応』ばかりを求めるようになってしまう。

これは、そうして行き詰まってしまったとき。へこんだとき。疲れたとき。何度でも読み返したくなるような、勇気とか元気とか、なんか見えないエネルギーをいっぱいもらえるエッセイです。

書くことにちょっと疲れちゃったあなた。ぜひ読んでみて――!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

野々ちえさんの他のおすすめレビュー 471