探偵見習いは魔術師の夢をみるか

作者 蟬時雨あさぎ

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第03話 神秘を見る瞳へのコメント

    しかしこの二人、どちらも謎の人物ですね~(笑)
    なかなか面白い!

    作者からの返信

    譜田 明人様

    お読みいただき、またコメントをくださり有難うございます!!

    そうなんですよ。師匠に目が行きがちですが、序盤は七海は七海でミステリアスなところがあったりするんですよね……。
    面白いと言っていただけて嬉しい限りです、この先もゆるりとお付き合いいただければ嬉しいです~!!

    2020年9月16日 17:46

  • 第02話 魔術学の落ちこぼれへのコメント

    この詠唱いいですね~!

    作者からの返信

    譜田 明人様

    お読みくださり、またコメントを寄せていただき有難うございます!!

    詠唱には滅茶苦茶趣味を詰め込んでいるので褒めていただけてとても嬉しいです……!!有難うございます!!
    この後も詠唱が登場しますのでお楽しみに~~♪

    2020年9月16日 17:41 編集済

  • 第11話 想いそれ故にへのコメント

    なんと、二人も事情を知るあちら側だった……? 誰がどこまでがシステムなんでしょうね。
    オーバーフローが微ホラーちっくですね。この先に待つのは、やっぱり……なのでしょうか。

    作者からの返信

    羽鳥さぁら様

    お読みいただき、またコメントを寄せてくださり有難うございます!!

    誰がどの立場なのか、という点についてはノーコメンツを貫かせていただきましょう。師匠のごとく。はい。
    ホラーですよね、ちょっと書いていて私も思いました……。まあ仕方ないのですよ、彼はなるべくしてなってしまったのですから……(遠い目)

    引き続き七海たちの先行きを見守って頂ければ嬉しいです~!

    2020年9月6日 22:34

  • 第10話 相容れぬものへのコメント

    もう先生と生徒、というふうではないですが、それでも庇護しなきゃいけない関係なのか……、だからこその先生という役割だった、とも言えるんでしょうね。
    さすがに強い。迫力あるバトル、お見事です!

    作者からの返信

    羽鳥さぁら様

    お読みくださり、またコメントを寄せていただき有難うございます!

    本来の在り方から、最も歪んでしまったものが二人の関係性でしょう。あれかしと願われたものと、ありたいの願ったものが余りにもかけ離れているので……。
    バトル頑張ったよ……有難うはーさん……!!

    これからもゆるりとお楽しみいただければ幸いです~!

    2020年8月19日 17:54

  • 第09話 問いと答えとへのコメント

    七海君だからという理由が、先生側にはあるんでしょうかね……。
    真実を知りたいっていうのは、人間の本質的な欲求なのだろうなと。そして、隠し続けられる秘密はないのだろうなとも。
    人の心を魔術で縛ることはできないですもんね。
    いよいよ勝負、なのかな? 勝てるのかは、心配が残りますが、頑張れー!

    作者からの返信

    羽鳥さぁら様

    お読みいただき、またコメントをくださり有難うございます!

    そうなんです~、柳には確固たる理由があるんです~。笑笑
    これは近々分かると思いますのでまた推測していただければと。
    人間の本質的な欲求とは……慧眼ですね、私もそこに焦点を当てています。

    はてさて、これは勝負なのかも怪しいところではありますが、七海が頑張ります!これからお楽しみいただければ幸いです~!

    2020年8月16日 15:10

  • 第08話 夜闇の街に影へのコメント

    私事ですが、最新話まで追いつきました。
    とってもヒヤヒヤしながら読んでましたよ!胸が高鳴っております。この展開すごいですね!
    徐々に謎が紐解かれて行っている感じがゾワッとしました。

    七海さんは先生と対峙していますが、大丈夫でしょうか。
    彼の無事を祈るばかりです。
    今後も更新も楽しみにしていますね♪

    作者からの返信

    花音様

    おおお、最新話まで……!!お読みいただき、またコメントをくださり有難うございます……!!

    お褒めくださり、文字レビューまでくださって……有難うございます!!小躍りしてしまいました!!へへへ、嬉しいです(照れ照れ)笑
    七海と先生、そして師匠。謎が解けるまであともう少し。

    頑張って執筆致しますので、これからもゆるりとお付き合いいただければ幸いです~!!

    2020年8月7日 21:50

  • // someone's Memory…へのコメント

    先生のことを七海さんが思い出せてよかったです!
    ただ一件落着とはいかない雰囲気ですね。
    またお邪魔させていただきます!

    作者からの返信

    花音様

    お読みいただき、またコメントをくださり有難うございます!!

    思い出すことによって七海とその周囲の見え方が変わる、ターニングポイントとなります。終わりに近づくにつれて謎が段々と明らかになっていきますので、楽しみながら読んでいただければ嬉しいです!

    またゆるりとお付き合いいただければ幸いです~。

    2020年8月5日 23:23

  • // someone's Memory…へのコメント

    ふぉあ……
    最初は記憶が全部消えているからゾッとして、でも段々その違和感に気がついていく感じがゾゾゾっとしました(語彙力)
    すみません、素晴らし過ぎて語彙力溶けました。
    最後のお話では七海さんがついに違和感に気がついたのですね♪
    今後どうなるのでしょう。とても楽しみですo(^o^)o

    作者からの返信

    花音様

    お読みくださり、またコメントを寄せていただきありがとうございます!!

    個人的にこういう展開が好きで(オイ笑)どうにも書きたくなったので入れていますが、ゾゾゾっとしていただけて何よりです。
    語彙力固まるといいですね笑

    また、これから物語は佳境へと差し掛かっていきますので、またこれからもゆるりと楽しんでいただければ幸いです~!!

    2020年8月2日 23:43 編集済

  • // someone's Memory…へのコメント

    最初は少しづつ謎解きが出来て、心躍っていたのですが、後半の畳みかけがすごいですね。ゾッとしました。
    七海さんは大丈夫でしょうか。気になります。

    毎回思うのですが、師匠の話し方が好みです。ノリのいい、元気なお兄さんという感じで、彼が話すと安心します。

    今後も彼らの活躍を楽しみにしていますね。

    作者からの返信

    花音様

    お読みいただき、またコメントを下さり有難うございます!!

    本作の特徴ともいえる謎解き要素を楽しんでいただけているようでとても嬉しく思います……!ここから謎は一度小休止となりますが、七海の道行を眺めていただければと思います。
    また、師匠の話し方やキャラクター性について好意的に取って頂けていてとても嬉しい限りです!今後の師匠の活躍を楽しみにしていただければと……。

    まだまだ長い旅路ですが、ゆるりとお付き合いいただければ幸いです……!!

    2020年8月1日 20:11

  • 第09話 団欒のひと時へのコメント

    うがいの「あばばばば」が可愛くてつい萌えました(/▽\)

    七海さんの周りには温かくて優しい人たちばかりですね。読んでいて心がポカポカします。
    これから本格的にアルバイトが始まるのでしょうか。続きも楽しみですo(^o^)o

    作者からの返信

    花音様

    お読みいただき、またコメントをくださり有難うございます!

    うがいしている七海が可愛いだと……!? 有難うございます、うがい手洗いこれ大事!!笑
    アルバイトの中で姿を現してくる御影の謎とは如何に? 花音様も七海と一緒に考察を楽しんでみてはいかがでしょう、なんちゃって。

    お星さまで評価もしていただけて、とても励みになります。有難うございます!
    これからもゆるりとお付き合いいただければ嬉しいです……!

    2020年7月29日 17:11 編集済

  • 第08話 夜闇の街に影へのコメント

    二度目の対峙は、お互いいろいろなことに気づいてしまってますし、穏便にはいかないですよね。ここまで来たらもう、最後まで突き進むしか。
    七海君はどんな答えを出すのかな……クライマックスですもんね。自分の内側の答えに、向き合うときですね^ ^

    作者からの返信

    羽鳥さぁら様

    お読みいただき、またコメントを寄せてくださり有難うございます!

    時と場所と、想いを変えて二回目の対峙。盛り上がってきました~~(当社比)!!
    自分の想いと行動がもたらす現実に、はてさて七海の答えは如何に。

    これからもごゆるりとお付き合いいただければ幸いですっ!!

    2020年7月26日 15:21

  • 第04話 地元案内の道すがらへのコメント

    初めましてこんにちは!
    丁寧に編み込まれた世界観と、素敵なストーリーに惹かれてお邪魔しておりますo(^o^)o

    七海さんの魔術がなぜ封印されていたのか、師匠はなぜこの町に来たのか、謎は多いですが、明らかになる時を心待ちにしています!

    ゆっくりになるかもしれませんが、今後もお邪魔させてください(*^^*)

    作者からの返信

    花音様

    初めまして、こんにちは。お読みくださり、またコメントを寄せていただき有難うございます!

    素敵なストーリーとお褒めいただき、嬉しい限りです!
    七海とその周囲にまつわる様々な謎がまた提示されていきますので、その内容を推理しながら楽しんでいただければ幸いです。

    更新もゆっくりでありますので(笑)、今後ものんびりゆるりとお付き合いいただければ幸いです~!!

    2020年7月26日 15:11

  • 第03話 忘れじの言葉共へのコメント

    ただ師匠がいるだけでどうしてこんなにも安心なのか。
    せんせいーー!!!!涙

    作者からの返信

    佑佳様

    お読みくださり、またコメントを寄せていただき有難うございます!

    師匠はちょっとだけ異質な存在ですからね……七海にとってもそれは同じで、今までに出会ってきた人と違うことを何となく感じ取っているのだと思います。笑
    さてここからが正念場。

    のんびりゆるりとお付き合いいただければ幸いですっ……!!

    2020年7月10日 22:09

  • 第02話 沈黙する語り部へのコメント

    勿忘草色!!!!!
    七海きゅん!!!涙

    作者からの返信

    佑佳様

    お読みいただき、またコメントを寄せてくださり有難うございます!

    使い古されたネタかもしれませんが、師匠が絡めてくるとしたらこの花しか思い浮かびませんでした……笑笑
    どこか芝居がかっていて、ありきたりで。でも花言葉考えてモチーフにしてしまう魔術師さんなのですね~

    2020年7月10日 21:57

  • 第00話 ◇◆ふ◇た◆◇へのコメント

    きわまってきた。
    どっちが崩れる……??
    七海きゅん、どうか光を見失わないでくれ……(たぬきのお祈り

    作者からの返信

    佑佳様

    お読みくださり、またコメントを寄せていただき有難うございます!

    はてさて、七海の道行は如何に。大切な分岐点となっております。
    この辺りで半分(!?)なので、この先もお付き合いいただければ幸いです~!

    2020年7月10日 21:48

  • 第14話 あり◇れた外出へのコメント

    およよ……七海くんには申し訳ないが佑佳はこういう状況がとても好きです(真顔
    『そう』であっては悲しいけれど、『そう』であってくれと物語的には願わざるを得ない!

    作者からの返信

    佑佳様

    お読みくださり、またコメントを寄せていただき有難うございます!

    こういうシチュ……いいですよね……(だからやりました笑)
    うふふふ、この先もどうぞお楽しみいただければ幸いです~

    2020年7月10日 21:46

  • 第16話 知識とは力なりてへのコメント

    わかりやしー……と、一人言が漏れました。
    あさぎさんの詠唱説やっぱりいいなぁ。

    作者からの返信

    佑佳様

    お読みいただき、またコメントを寄せてくださり有難うございます!

    分かりやすい、と言ってくださって有難い限りです!架空の存在を解りやすく説明するのを心掛けているものの、あくまで作者目線になってしまうので……、コメント頂けてホッとしております。笑
    詠唱はこれからも重要なファクターになってくるのでお楽しみに~!

    2020年7月10日 21:45

  • 第06話 黄昏時に君を思うへのコメント

    やっぱり七海くん、動くのですねー!
    当事者になっちゃった(当事者を自覚した)以上、向き合わざるを得ないわけでしょうけど……師匠がやる気出してるからきっと正解ルートなのでしょうけど。
    気を付けてー(ノ_<)

    作者からの返信

    羽鳥さぁら様

    お読みくださり、またコメントを寄せていただき有難うございます!!

    一応、七海の物語でもあるので……笑 結果として動きます笑笑
    師匠も遠くからサポートしてくれますし、きっと大丈夫です!

    ここから最終局面、楽しんでいただければ幸いです~♪

    2020年4月19日 15:50

  • 第05話 推し量られる理・下へのコメント

    タワーの展望台なんて特殊ながら不自然さのない場所に、逸話の鐘が取り付けられてるとしたら、取り付けさせた人物は割と影響力を持ってるんですかね。
    対立構造は見えてきましたね^ ^
    師匠が満足げだから、これから師匠による答え合わせが始まるのかな?

    作者からの返信

    羽鳥さぁら様

    お読みいただき、またコメントを寄せてくださり有難うございます!!

    七海の推理はいかがでしたでしょうか?笑
    厳密には展望台の屋根の上の屋外、コナ〇君とかが劇場版で立ってたりするところですね。なんて言ったらいいんだろうあの場所……。

    さて、どうでしょうか。師匠は傍観者でありますからね……。

    引き続き、ゆるりと楽しんでいただければ幸いです~!

    2020年3月25日 17:41

  • 第05話 推し量られる理・中へのコメント

    店主さんの急かしがナイスタイミング(笑)
    七海君の推理、いい線いってるんでしょうね、師匠の反応的に。学校側は謎を解かれなくない側で、では、解かれたい側は……この辺がポイントになってくるのかな?

    作者からの返信

    羽鳥さぁら様

    お読みいただき、またコメントを下さり有難うございます!!
    さて、いい線いっているかどうかは引き続き師匠の反応をお楽しみクダサイ……笑笑

    七海の推理と併せて、誰がどの立場にいるのかということをはーさんも是非、予想してみてください!
    引き続きゆるりと楽しんでいただければ幸いです~♪

    2020年3月20日 15:40

  • 第05話 推し量られる理・上へのコメント

    いよいよ解決編スタート? 七海くん頑張れー!^ ^
    御伽噺、都市伝説よりも、実質的な存在感を伴ってますもんね、三つの逸話。どんなふうにつながるのかな……

    作者からの返信

    羽鳥さぁら様

    お読みいただき、またコメントを寄せてくださり有難うございます♪
    解決篇というよりは、あくまで推理篇でしょうか。滅多にない(笑)七海の見せ場ってところですかね!!

    頑張って七海が推理していきますので、ご自身の推理とも照らし合わせつつ楽しんで頂ければこれ幸い。
    ゆるりとこれからもお付き合いのほど、していただければ嬉しい限りです!

    2020年3月16日 20:34

  • 第04話 探偵見習いの選択へのコメント

    師匠が、とても師匠らしいことを仰っている……!
    ああでも何かわかります。真実に至る過程はいつだって、暗かったり重かったりドロドロしてたりで、それを直視するにはまだ、七海君は若いよなぁって。
    師匠は傍観者、観察者の立ち位置なんですねぇ。
    後悔を飲み込めるだけの価値ある選択、沁みますね……(ノ_<)

    作者からの返信

    羽鳥さぁら様

    お読みいただき、またコメントを寄せてくださり有難うございます!!

    師匠がちゃんと師匠ムーブしているんだ……!! 珍しい。
    なんだかんだといっても七海は高校三年生。子どもであれなくなりつつも、大人程割り切って考えられない青さがまだ七海にはあって、それが七海の大事なところではないかと私は思ってます。
    この話において師匠は、七海の近くて遠い衛星みたいなもんです。

    最後まで心に響くような物語にできるようがんばるでーすよっ♪
    なのでゆるりと楽しみながら、最後までお付き合いいただければ嬉しいです!

    2020年3月12日 18:29 編集済

  • 第07話 暁を前に語らうへのコメント

    お、いよいよ対決でしょうか!?(わくわく
    師匠は相変わらず子供扱いしてるんだか揶揄ってるんだかわからないですが、気にかけてくれているんですね。通信手段を渡してるってことは、危険も伴う……の、かな? 頑張れるか七海君!

    作者からの返信

    羽鳥さぁらさま

    お読みいただき、またコメントをくださり有難うございます!

    佳境も佳境……いや魔境かな? これから七海が推理していくので、最後の考察をお楽しみクダサイ……(にっこり)

    師匠は相変わらず師匠なのです。会って数日なのにこんなに仲良くなってくれて私は嬉しい、二人は勝手に喋ってくれるのでめっちゃ楽。
    夜の街に待つのが、求める真実だけとは限らない。

    さあここが踏ん張りどころ、頑張れ七海!!

    2020年3月6日 21:37

  • // someone's Memory…へのコメント

    七海くん、とうとう違和感に気づきましたね…!やだ、こういうシーン、めっちゃ好き…///

    そして、間話として挟まれるsomeone’s memoryが誰のものなのか…っていうのも…気になる…

    作者からの返信

    湊波様

    お読みいただき、またコメントを寄せてくださり有難うございます!

    好きといっていただけて嬉しい限り……!!! ふふふのふ、ようやく物語が先に進み始めますね……笑笑
    さて、これが誰なのかというのも是非、推理して楽しんでみてくださいな♪

    これからもゆるりとお付き合いくだされば嬉しいです~!

    2020年3月4日 19:38

  • 第03話 忘れじの言葉共へのコメント

    おー! 待ってました師匠ー!
    どこまでが手のひらの上……みたいな雰囲気ですね。誰が味方で、誰が敵なのか。
    とりあえずやっぱり師匠は好きです(^^

    作者からの返信

    羽鳥さぁら様

    お読みくださり、またコメントを寄せていただき有難うございます!

    来ましたようやく!!長かった……そして本当によく喋ってくれます。書きやすいのなんの。
    師匠の人気は根強いぜ……!

    さて、ここからが正念場。楽しみながらお付き合いいただけると幸いです〜♪

    2020年2月1日 22:24

  • 第02話 沈黙する語り部へのコメント

    花……、花といえば……!?
    筋には関係ないですが、店主さん器用なんですね(笑)
    職業柄とはいえ、色んなモノが出てきてすごい(^^

    作者からの返信

    はとり様

    お読みいただき、またコメントをくださり有難うございます!

    花! 花といえば……! 多分アレですよアレ。ね!!!

    店主は寡黙、武骨、強面と三拍子揃っておりますが曲がりなりにも道具屋の主人。裁縫、鑑定、料理炊事洗濯と一通りのことができる器用さんなのですー!

    これからもゆるりとお付き合いくだされば嬉しいです〜♪

    2020年1月31日 16:30

  • 第17話 雨の降る路へのコメント

    どうしよう、ナナミくんめっちゃピンチですよおおお!!!師匠おおおおお!!!(うろたえる湊波

    作者からの返信

    湊波様

    お読みいただき、そしてコメントをお寄せくださり有難うございます♪

    七海ピーンチ!!!シエル師匠はいずこか!?!?
    大丈夫、大丈夫です、どうにかなりますとも(どうにかって何だ)。

    続きもゆるりと楽しんでいただければ幸いです〜。

    2020年1月22日 20:37

  • 第01話 事実は小説よりへのコメント

    じわじわと綻びかけているような。先生はどこまで知っているのか……。
    糸口がつかめて良かったですね。でも、早く思い出さないと逆に危険……なのかな?

    作者からの返信

    はとり様

    お読みいただき、またコメントを下さり有難うございます♪

    綻びはどこからきているのか。何が綻びているのか……ふふふのふー。笑
    果たして七海はどうするのか!?乞うご期待!

    これからもゆるっとお付き合いくださればと〜!

    2020年1月21日 21:06

  • 第09話 団欒のひと時へのコメント

    カレーいいですね(゚ω゚)
    物語がしっかりしていて話にもついて行きやすいです。
    ただ雰囲気や作風と比べて文体が柔らかいかもですね

    作者からの返信

    渡会 宏様

    お読みくださり、またコメントをくださり有難うございます!

    お褒めいただけて嬉しい限りです……!!
    やはり、文体については浮いているというか雰囲気よりも明るいものになってしまってますかね……。シリアスで沈み込めるように精進致します!

    これからもゆるりとお付き合いいただけたら嬉しいです〜。

    2020年1月21日 20:31

  • 第00話 ◇◆ふ◇た◆◇へのコメント

    今頃気づいたのですけれど、タイトルも話数も不思議なことになっていますね。
    そこにも何か秘密が……?

    作者からの返信

    いとうみこと様

    お読みいただき、またコメントを寄せてくださり有難うございます!

    話数については、少しだけ(お遊び程度ではありますが)決まり事の上で動いています。タイトルが何故こうなっているのかは、また追々分かるかなあ?笑

    ここからが一番の山場かと思いますので、これからもゆるりとお付き合いくだされば嬉しいです〜!

    2020年1月16日 20:15

  • 第13話 魔力の色と魔術適正へのコメント

    はぁーーー……謎がいい温度でとても好みです、いや前からそう思っちゃいたんですがとてもいい温度。好きです。
    シエルせんせいもナナミくんも、ひとつひとつ謎に向かっていってめちゃめちゃ丁度いい……どうしようさっきから丁度いいしか言ってないですがシエルせんせい、好き(告白

    作者からの返信

    佑佳様

    続けてお読みいただき、またコメントをくださり有難うございます!

    多くの方に一話斬りされているので(苦笑)、佑佳さんに丁度良い温度感の謎と言っていただけて嬉しい限りです……!
    シエル師匠のファンがここにも……! へへへへ、シエル師匠の見せ場増やさないとなあ笑

    これからもどうか、ゆるりとお付き合いくださいませ〜。

    2020年1月14日 22:33

  • 第12話 探偵事務所にてへのコメント

    「アレとかソレとかドレミファソラシドとか」

    めちゃめちゃ好きでした笑
    そして気になる終わり方!!
    むうう!!

    作者からの返信

    佑佳様

    お読みいただき、またコメントを寄せてくださり有難うございます!

    七海の焦って訳が分からなくなっているところを言い表せていたら幸いです……笑

    次のページへ進んでもらえるよう、ちゃんと終わりで惹きつけられているようで嬉しいです♪

    2020年1月14日 22:17 編集済

  • 第00話 ◇◆ふ◇た◆◇へのコメント

    綻び始めたのか、繋がり始めたのか……。
    空白の三日間、思い出すことができますかね……。

    作者からの返信

    はとり様

    お読みくださり、またコメントをくださり有難うございます♪

    何かが綻び、何処かで繋がり、物語は佳境を迎えます。
    ここからは謎解きも物語の展開もラストスパート! ですので是非楽しんでいただければと……!

    これからもゆるりとお付き合いください♪

    2020年1月14日 22:10

  • 第02話 魔術学の落ちこぼれへのコメント


    自主企画からお邪魔させていただきました♪
    https://kakuyomu.jp/user_events/1177354054893512676

    他の方の作品も順次拝読している最中なので、一旦ここで失礼させていただきます。

    定期的に同様の企画も開催しておりますので、見かけましたらまたご参加頂けると嬉しいです♪
    企画参加、ありがとうございました(๑╹◡<๑):.。+゚

    作者からの返信

    緋雁様

    この様な企画を発足してくださり、またお読みくださり有難うございます!
    多くの方が参加されていらっしゃったので、またお手すきの際にでも拙作にお付き合いいただければ嬉しく思います。
    また、拙作が少しでも緋雁様に楽しんでいただけていれば幸いです……!

    こちらこそ、企画の発足ならびに開催を有難うございました!

    2020年1月11日 11:19

  • 第10話 あ◆ふれ◇遭遇へのコメント

    んん、タイトルがじわじわ侵食されている……。出会う人も言動もいつもの日常、なんでしょうけど。運命的かどうかを判断するにはまだ早計ですもんねぇ。

    作者からの返信

    はとり様

    お読みいただき、またコメントを寄せていただき有難うございます!
    七海の何事もない、いつもの日常です。それを知っていただくことに、意味があるかと……ね。

    これからもゆるりとお付き合いくださいまし〜!

    2019年12月17日 21:06

  • 第14話 あり◇れた外出へのコメント

    花……図鑑……。
    運命力でも働いてるのかしら、と、勘ぐりつつ、七海くんの行動を見守るハトリさんなのでした。

    作者からの返信

    はとり様

    お読みいただき、またコメントをくださり有難うございます♪

    そうですなあ。……或る人曰く、
    「あの子には、選択する権利がある。その過程において、無意識の元で運命にも似た必然性で行動をしているのかもしれないね」
    だそうですよ。

    これからもゆるりと見守って頂ければ幸いです~!

    2019年12月14日 20:28

  • 第18話 ありふれた目覚めへのコメント

    あー、これは、ヤバい感じがヒシヒシと……。
    とりあえず、無事だったことは喜ばしいでしょうか。しかし、これは。
    心配しつつ続きを待ちます(^^

    作者からの返信

    はとり様

    お読みいただき、またコメントを寄せてくださり有難うございます〜!

    七海は元気ですよ〜! やばいですかね、どうですかね?
    続きをお楽しみに。なんちゃって(言ってみたかった)。

    これからも、ゆるりとお付き合いくださいまし!

    2019年12月9日 22:15

  • 第04話 地元案内の道すがらへのコメント

    同じく「謎に満ちた物語を待っています!」企画から来ました。
    まずはご参加、ご紹介。本当にありがとうございました。

    最初、物語を読み進めていく中で、主人公がなぜ魔術を使えないのかという謎が出てきて、これがこの物語の大きな謎かと思っていました。

    そして一章目の最後、実は町自体に秘密があるという締めくくりで、「ほう」と驚きとともに、引き込まれる要素が感じられました。これは、主人公の謎と町の謎も一緒に絡んでくるのかな?


    おそらく、この一章の最後があるかないかで、続ぎを読む人の数はかなり変わっていたんじゃないかな、って感想を抱きました。


    あと、よく一つひとつにルビ振ってますね。すごいマメ。わたしなら、そういうのはたいがい開いてちゃってます。……わたしのズボラな性格があらわになってしまったようです。

    貰ったアドバイスの、キャラ名をカタカナに、という意味もよく理解できました。

    感謝を。

    作者からの返信

    亥BAR様


    まず、この様な企画を発足してくださり、有難うございます!
    ミステリ好きの一人として、ぼちぼち読み回りつつ企画を楽しませていただいております。

    そしてお読みくださり、コメントを寄せていただき有難うございます。

    謎に謎に加えて謎が、という展開が序盤は進むのですが、一章の締め(といっても最近締めになったのですが)を良いといっていただけて嬉しい限りです!
    ルビは世界観やキャラの個性を出すとともに、自分自身が読みやすいと見返すの楽なので……自分の為です笑笑
    お時間がありましたらば、またお付き合いいただければ幸いです。

    再度になりますが、企画の発足ならびにコメントいただき有難うございました!
    長々と失礼いたしました。

    2019年12月1日 19:57

  • 第17話 雨の降る路へのコメント

    降って湧いた休日に、降って湧いたピンチ……!? クッキーに何か仕掛けがあったんですね。というより、先生が師匠を知ってるのかな。
    ナナミ君、大丈夫でしょうか……。

    作者からの返信

    はとり様

    お読みいただき、またコメントをくださり有難うございます!

    七海くんピーンチ! と作者は他人事だ!!笑
    クッキー、先生と師匠、謎が減ったようで増えていく、今日この頃。

    これからもゆるりとお付き合いください〜♪

    2019年11月29日 20:04

  • 第16話 知識とは力なりてへのコメント

    なるほどー、改めて細分化すると、なるほどーです!
    学問的な魔術はその成り立ちや理論を知ることで、応用とかもできるようになるんでしょうけど、ナナミ君たちがいるこの町も何やら結界ぽく見えますね……。

    作者からの返信

    はとり様

    お読みいただき、またコメントをお寄せくださり有難うございます!

    魔術講座について成る程ー、と思っていただけて良かったです!
    うまく説明できていれば良いのですが……笑
    おお、そんな気がしますか? 私からの解答は控えさせていただいて、引き続き七海と一緒にはとりさんも逸話の謎を追いかけてみてくださいな♪

    これからもゆるりとお付き合いください〜。

    2019年10月31日 09:25

  • 第16話 知識とは力なりてへのコメント

    更新が来てらしたー!とウキウキで読みに参りました^ ^
    シエル先生の魔術講座、読んでいるこちらもナナミくんと一緒に授業を受けているようで楽しくなります!

    作者からの返信

    陣野様

    お読みいただき、またコメントをくださり有難うございます♪

    真っ先に読みにきていただけて嬉しい限りです!
    だいぶ長い間更新してできてなかったので……読者さまを待たせる悪い作者を許してorz

    ふふん、魔術講座の受講は自由ですからね! 七海と一緒に楽しんでいただけていたら幸いです〜。

    これからもゆるりと、お付き合いくださいな!

    2019年10月30日 23:24

  • 第15話 眠れない夜へのコメント

    最新話まで拝読しました!
    いやー、やはりナナミくんは可愛くて良い主人公ですしシエルさんのキャラがミステリアスでありお茶目であり素敵ですねえ…。
    そして読者である私はナナミくんの視点からシエルさんを見ているので、この人は本当はどういう人なんだろうなと一緒になって疑ってしまったり信じたいと思ったり…
    描写が巧みで、すっかり感情移入してしまいました( ´ ▽ ` )

    あと、飲食物の描写がすごくお上手で!
    紅茶飲みたくなるしカレー食べたくなるしマドレーヌが食べたくなるしで大変でした…笑

    続きを拝読するのも楽しみにしております!

    作者からの返信

    陣野様

    お読みいただき、加えてコメントをくださり有難うございます!
    シエル師匠に圧倒的キャラ負けしている七海君が評価されてる……嬉しいです(照)
    お褒めいただけて本当に励みになりますっ!
    カレーとか紅茶とかマドレーヌとか好きで……もうじゃんじゃん食べちゃってください笑

    しっかりと書いていきますので、これからもどうかゆるりとお付き合いくださいな〜。

    2019年9月25日 22:29

  • 第15話 眠れない夜へのコメント

    過去にいろいろあったのですね、七海君。傷ついた経験があると、人を信じることは難しくなりますよね。ましてコンプレックスを抱えているならなおさら……。
    その信頼がいつか実を結びますように。

    作者からの返信

    はとり様

    お読みいただき、またコメントをくださり有難うございます!
    どこか少し達観するような、擦れた考え方をしてしまう所以ですね……難儀な子です、七海君。
    はとりさんの想い、きっと届かせます(作者補正)。
    その道行きをどうか、これからもお付き合いくださいな!

    2019年9月20日 21:41

  • 第14話 御影市立図書館へのコメント

    一気読みしちゃいました……!
    読んでて凄いワクワクします(語彙力は家の中の暑さで溶けた模様)

    作者からの返信

    東雲 彼方様

    お読みいただき、またコメントを寄せてくださり有難うございます!

    結構な文量ですのに一気読み……筆者として嬉しい限りですっ!
    これからも楽しんで頂けるように頑張るぞい〜♪
    (思った以上に語彙力溶けたに反響があって嬉しい人)

    これからもゆるっとお付き合いくださ〜い。

    2019年9月16日 23:27

  • 第14話 御影市立図書館へのコメント

    美形な優男系は黒幕という定石……!?
    いやいや、師匠は味方だと信じます。根拠はないですけど(笑)
    図書館の独特な雰囲気っていいですよね。きっと、裏側の世界につながっているに違いありません(^^
    七海君、がんばれー!

    作者からの返信

    はとり様

    お読みいただき、またコメントくださり有難うございます!

    シエル師匠は果たして、どっちでしょう……?ふふふのふー。
    やっぱ読書好きなら図書館の雰囲気が好きな方は多い筈……!私からはあんな感じに捉えてます。

    どうか、七海の物語にゆるりとお付き合いください〜。

    2019年9月13日 17:42

  • 第14話 御影市立図書館へのコメント

    魅力的な先生は味方と信じたいですけど、どっちなんでしょう……気になる!

    作者からの返信

    いとうみこと様

    いつも読了有難うございます。加えて、コメントをくださり有難うございます!

    気になりますか、気になりますか!ふふふ、さあてどちらでしょう?笑
    謎解き要素は出来る限り推測できるよう、伏線を貼ってます……(ぼそっ)

    どうかこれからも、ゆるりとお付き合いください〜♪

    2019年9月12日 23:06

  • 第13話 魔力の色と魔術適正へのコメント

    なんと。

    たぶん大事な話をしてるんだと思うのですが、師弟の会話があまりに息が合っていて(笑)
    シエル師匠、探偵らしくなってきましたね(^^

    作者からの返信

    はとり様

    お読みいただき、加えてコメントを寄せてくださり有難うございます!

    なんと。

    そうなんですよね。二人が話すと何が何でも緩くなる……シリアスよ戻ってこい。時には雰囲気も大事さ。
    似非探偵シエル、無事に解決へと導けるでしょうか〜……笑

    いつも有難うございますっ、これからもごゆるりとお付き合いください〜!

    2019年9月8日 21:58

  • 第03話 神秘を見る瞳へのコメント

    こんにちは。自主企画より参りました、伊達皆実と申します。
    企画への参加、ノートへのコメント、ありがとうございます。

    まだ【特にここ】という箇所までは読めていないのですが、世界観がしっかりと表現されていて、それでいてくどくなく。
    独自性のある設定ながらもスラスラと楽しく拝読させていただきました。

    以下は個人的な執筆素人の感想なのですが、会話文と地の文の入れ替わりが滑らかで、全く違和感を感じさせる箇所がなかったので、物語の裏側に小説家を見て圧倒されておりました。
    まだアクションなどは拝読できていないので、その点にも注目しながら物語を楽しむ&勉強させていただきます。

    今後とも宜しくお願い致します。

    作者からの返信

    伊達皆実様

    まず、この様な企画を発足してくださり、有難うございます!
    まだ読みまわれては居りませんが、ファンタジーを齧る身として他の方々の描写の勉強になり面白い企画を楽しませていただく所存です。

    そしてお読みくださり、コメントを寄せていただき有難うございます。

    一話切りをされてしまうことが多い作品なので……(汗)、スラスラと読んでいただけたのは嬉しい限りです! また、一人称の部分についてお褒めの言葉を頂けて……励みになります。
    お時間がありましたらまたお付き合いくださればと願います。

    再度になりますが、企画の発足・実施ならびに感想をくださり有難うございました!
    こちらこそ、今後とも切磋琢磨できればと思います。よろしくお願いいたします~!

    2019年9月6日 10:28

  • 第12話 探偵事務所にてへのコメント

    やっぱりこの二人の関係性というか、やり取りの雰囲気が好きですねー(^^。師弟関係というのは、家族や友人とも違うよさがあります。
    こちら、四大元素と五行が元になった魔術体系なのですね。なるほど……。

    作者からの返信

    はとり様

    お読みいただき、またコメントをくださり有難うございます!
    そう言っていただけて有難い限り……、本当に励みになりますっ!

    理解する手法の一つとして、基礎としては四元素と五行思想を用いらせて頂いてます。私自身も分かりやすいからというのは裏話。
    これからもどうか、ごゆるりとお付き合いくださいな〜!

    2019年8月28日 17:28

  • 第11話 模擬魔術戦へのコメント

    魔術バトル、二人の連携が見事ですね!
    ダガーだとほぼ格闘戦みたいな感じですし、魔術も伴うから疲労感が増すのでしょうか(^^

    作者からの返信

    はとり様

    お読みいただき、またコメントをくださり有難うございます!
    はとりさんにご協力していただいたお蔭もあって、どうにか此処までこぎつけた次第です……!!笑

    そうですね、七海は近接戦しかできない戦闘スタイルですし、加えて魔術が可視化されてから、また武器を買い替えてから初めての試合ですからね……
    思うようにいかない所があって、疲労が今迄よりも多かったんだと思います笑

    これからもどうか、ゆるりとお付き合いください~♪

    2019年8月23日 16:24

  • 第08話 紅い月照らすへのコメント

    ひえっ…師匠…かっこいい…かっこいいい……!!!(悶
    予備動作無く、一瞬で魔法使えちゃうところがいいですね…そして花びらっていうのがまた…おしゃれ…かっこいい…(語彙力

    ナナミが意外と戦闘力高くて見直しました(笑
    これまで魔法が使えなかったからこそ、体を動かすのは得意…とかなんですかね…(うずうず

    作者からの返信

    湊波様

    お読みいただき、コメントに加えてレビューまで……!有難うございます、嬉しさで深夜ながら小躍りをしてしまいそうです(笑)

    シエル師匠は、お気に入りの花の花言葉を知っているぐらいには花好きです。理由は「綺麗だから」だそうで……。
    七海が見直されてる(笑)!魔術と戦う上で伸ばす必要があったことから体術が得意な七海くん。しかし、湊波さんの師匠への萌の前では、ナナミが霞んでしまうのも仕方ないでしょう、まる。

    こうしてお声を聴かせていただき、励みになります。これからもどうかごゆるりとお付き合いくださいませ〜。

    2019年6月30日 23:26

  • 第09話 団欒のひと時へのコメント

    『独りよがりを解消したいので指摘や感想ほしいです』の企画で読みに来ました。
     魔法のある日本のお話。ストーリー全体の入りも良く、しっかりとした設定で、判り易くて読みやすい物語と言った印象です。ただ少し文体的に幼い感じを受けるので、もう少しこなれた感がでると面白さが増すのかもと感じました。(内容より文体が軽い感じがする)

    作者からの返信

    永遠志様

    お読みいただき、またコメントを寄せてくださり有難うございます!

    成る程、内容よりも文体が軽いという感覚ですか……興味深いです。特に今回は七海の日常のターンですので、余計にそう感じられるのかもしれません。
    全体的な重みを見つつ、シリアスなところではぐっと重くなれるように、精進いたします。

    こうして貴重なアドバイスを下さり、誠に有難うございました!

    よろしければこれからもお付き合いくだされば幸いです〜!

    2019年6月19日 21:26

  • 第09話 団欒のひと時へのコメント

    カレー、美味しそう……!
    先生は優しい方なのですね。師匠もですが、七海君の周りにはおっとりふんわりした大人たちが多くて、頑張り過ぎる七海君と良いバランスなのかなって思います。
    しかし、カレー美味しそう……!

    作者からの返信

    はとり様

    こんにちは。お読みいただき、またコメントを下さり有難うございます!

    境遇や体質の故あってか、気がついたら七海は負けず嫌いの頑張り屋さんに……。ゆるふわなシエル師匠と早苗先生のまったり具合と足して二で割るくらいで丁度良いんですけどね(笑)。

    美味しいですよ、カレー。カレー愛がたっぷり詰まってます。
    ふへへへ、褒められちゃった。

    これからもごゆるりとお付き合いください〜!

    2019年6月19日 16:22

  • 第03話 神秘を見る瞳へのコメント

    こんばんは…!
    チャート企画より参りました、湊波と申します。

    随分前にここまで読んでいたのですが…バタバタしていたら、チャート分析を差し上げるのが遅くなってしまいました…申し訳ありません…。

    以下、個人的見解に基づく、チャート分析です。
     ・ライトノベル ★☆☆☆☆ 一般文芸
     ・文学的要素 あり ☆☆☆☆★ なし
     ・エンタメ性 あり ☆★☆☆☆ なし
     ・男性向け ☆☆☆☆★ 女性向け
     ・キャラクター ☆★☆☆☆ ストーリー

    こんな感じでしょうか…。
    個人的に、この手の、ちょっと不思議(でも天然な)魔術師さんに物凄く惹かれてしまいます…こういう組み合わせのバディ物は、割と女性受けするんじゃないかなぁとか…。
    序盤からの展開も、さくさく進んでよいですねー!
    主人公の目については…もっと後半で秘密が明かされるのかな、とも思ってたんですが。序盤で明かしてくるのか!と嬉しい誤算でした^ ^

    少年漫画大好き人間としては、こっからバトルとかあったりすんじゃろか…とあらぬ期待も懐きつつ…(迷惑
    それにしてもシエルの性格好きだなぁ…すごく…好き…(ほこほこ

    また、ゆっくり続きも読ませて頂きます…!

    作者からの返信

    湊波様

    おはようございます。お読みいただき、そしてチャート診断していただき有難うございます!

    いえいえ、どうぞお気になさらず! こうして時間を割いて、所感を教えていただけるだけでもう嬉しいです……!

    成る程成る程、やはりシエル師匠のキャラ強めですねぇ。
    割と女性受けしますか!? 嬉しいですっ、内容が内容なので男性受けなのかなぁ、とか思ってたんですが……良かった。

    やはり序盤はさくさく進んだ方がネット小説としていいかなぁ、と。功を奏しましたな。

    シエル師匠はこれからも活躍してもらいますので、どうぞゆるりとお付き合い頂ければ。

    この度は誠に有難うございました!!



    アクション、予定してます(ぼそっ)。

    2019年6月6日 09:36

  • 第05話 御影に潜む謎へのコメント

    どうも、吉城ムラです。

    自主企画『熱心な書き手さん募集!』に参加していただき、ありがとうございます。
     第5話まで拝読しました。
     結構展開が早いんですね。これは五話以内に変化がみられるのかなと不安になっていたんですが。
     もう少し深いとナナミ君の苦労がより強く伝わってくるのかなぁ、というのが率直な感想です。
     しかし、それはネット小説を連載する上で厳しいところですよね。たった数話で読者の心を掴まなければならない。その中で軸をブラさずに作品の強みをどこまで引き出せるか。
     この作品はストーリー展開もキャラの濃さもかなり自分好みですので、もう少し読み込んでいきたいと思います。
     今後も更新期待しております。

    作者からの返信

    吉城ムラ様

    まず、このような企画を発足していただき、此方こそ有難うございます!
    吉城様の負担が大きいかと存じますが、こうして読了感を聞かせていただける企画はあまり無いのでとても有り難いです……!

    そして、お読みいただき、コメントをくださり有難うございます。

    最初の数話で引き込めるようになるべく説明は少なく、徐々に世界観を魅せられるようにと構成しました。その分、七海の「物語が始まる以前」についての描写が確かに少ないですね……、重要なご指摘、感謝いたします!

    確かにネット小説だからこそ、数話読んで自身に合わなかった読まない、ということが出来てしまいますからね。ストーリー展開と細かい描写のバランスを取るのは、難しいところですね……。

    こうして時間を割き、客観的な視点からアドバイスをしてくださり有難うございます! 今後に生かしていけるよう精進いたします。

    再度になりますが、企画の実施、加えてアドバイスを有難うございました!
    長々と失礼致しました。

    2019年6月4日 23:40

  • 第08話 紅い月照らすへのコメント

    チャート企画からまいりました。

    ・ライトノベル ★☆☆☆☆ 一般文芸
    ・文学的要素 あり ☆☆☆★☆ なし
    ・エンタメ性 あり ☆★☆☆☆ なし
    ・男性向け ☆☆★☆☆ 女性向け
    ・キャラクター ☆★☆☆☆ ストーリー

    現代でファンタジーをやるのは、とても難しいと僕は感じているのですけど、違和感なく読めました。世間では魔法をどう利用しているのかが、気になります。
    爽やかな雰囲気も好きです。

    個人の印象ですので、ご了承ください。

    作者からの返信

    ひつじ様

    お読みいただき、加えてチャート分析してくださり有難うございます!

    なるべく魔術が七海の日常に溶け込んでいる様子を描いていきたかったので、そう言っていただけて嬉しいです!
    日常的な魔術の利用方法はまた、いつか描写していこうかと。
    チャート診断はやはり、少しずつ人によって印象が違う模様……、参考にさせていただきます。

    この度は誠に有難うございました!!

    2019年6月2日 18:23

  • 第08話 紅い月照らすへのコメント

    「自作小説の成分チャートを作成しあいませんか?」の企画で来ました。
     チャート残していきます。

     ・ライトノベル ☆☆☆★☆ 一般文芸
     ・文学的要素 あり ☆★☆☆☆ なし
     ・エンタメ性 あり ☆☆★☆☆ なし
     ・男性向け ☆☆★☆☆ 女性向け
     ・キャラクター ☆☆☆★☆ ストーリー

     といった感想です。かなり細かく書かれたストーリーですね。雰囲気が良く伝わってきます。謎も多そうですし、どう膨らんでいく話なのか期待しています。

    作者からの返信

    永遠志様

    ここまでお読みくださり、またチャート診断してくださり有難うございます! とても参考になります……!

    お褒めの言葉を頂き嬉しいです! どうやら、読んだ方によって感触が違うようですね……不思議。
    最終的には全ての謎を解明する予定です、よろしければ気長にお付き合いくださいませ。

    誠に有難うございました!!

    2019年5月30日 22:38

  • 第07話 イツツ杜へのコメント

     チャート企画から参りました。

     ・ライトノベル ★☆☆☆☆ 一般文芸
     ・文学的要素 あり ☆☆☆★☆ なし
     ・エンタメ性 あり ☆★☆☆☆ なし
     ・男性向け ☆★☆☆☆ 女性向け
     ・キャラクター ☆★☆☆☆ ストーリー

     あくまで個人の印象です。ご了承ください。

    作者からの返信

    奈月沙耶様

    まず、このような企画を考案、実施してくださり有難うございます!
    まだまだ小説を読めていないのでチャート作りまで辿り着けてはいませんが、楽しませていただいています。

    そして、ここまでお読みくださり有難うございます!
    客観的な評価を聞くことができ、嬉しく思っております。この辺りは自分自身では判断し難いところだと思われるので、このような企画はとても面白く、また執筆の糧になると思います。

    再度になりますが、企画の実施、またチャート評価をしてくださり、誠に有難うございました!

    2019年5月29日 15:06

  • 第05話 御影に潜む謎へのコメント

    魔術師であり、探偵であり、語学にも堪能ですし、この師匠が大変魅力的ですね!わたしも弟子入りしたいです!

    作者からの返信

    さい様

    お読みいただき、またコメントを下さり有難うございます!

    まさか、シエル師匠に弟子入りを志願する方がいらっしゃるとは……!
    魅力的に思ってくださる方が居て、とても嬉しいです。

    これからの師匠の活躍に期待しててください〜

    2019年5月24日 13:13

  • 第01話 胡散臭いアルバイト募集へのコメント

    描写がとても丁寧で、私の頭の中には立体的なダガーが見えました。
    話も面白いです、無意識に☆を付けてしまう程に。

    何か言うとしたら、このサイトは縦読みよりも横読みをするユーザーが多いと思うので、漢数字は数字に直した方が読みやすいと思います。
    「ダガーーつ」等、一瞬読者が読み方を間違えそうな箇所があるので……。

    作者からの返信

    絢様

    まず、このような企画を実施してくださり、有難うございます! 色々な新人さんの話を読んで楽しんでおります〜。

    さて、お読みいただき、そしてコメントしていただき有難うございます!
    面白い、と思っていただき☆もくださるとはとても嬉しい限りです……!
    成る程、横書きの読み方だと伸ばし棒と漢数字の1が同じですから確かに見難いですね。
    私個人としてはなるべく漢数字を使いたいので、振り仮名を付けようと思います!

    こうして、客観的な視点からアドバイスをしてくださり有難うございます! 今後に生かしていけるよう精進いたします。

    誠に有難うございました!

    2019年5月16日 22:44

  • 第03話 神秘を見る瞳へのコメント

    遅くなって申し訳ありません、先着5名に入っていましたので拝見させて頂きました。
    まず始めに繊細な描写を書くことが非常に上手だと感じました。一人称視点で主人公の心情を事細かにかけているのは圧倒的でした。きっと作者さん自身の心が豊かなのでしょう。劣等感を抱く少年がどう変わっていくのか非常に楽しみです。
    次に、私が思ったことを書かせていただきます。風や光を使った描写があるともっと鮮やかな背景を描けると思います。また、主人公のキャラ性を押し出してもいいかなと感じました。シエルさんがなかなかのキャラを持っているので、ここまで読んだ時に主人公の印象が薄かったように思えます。あえてそうしてるのでありましたら申し訳ありません。
    最後に、今回は企画参加ありがとうございました。またの機会をお待ちしてます。

    作者からの返信

    大原陸様

    まず、このような企画を実施してくださり、有難うございます。現代ローファンタジーを好んで読む身として有難い限りです。楽しませていただいています!

    そして、お読みいただき、そしてコメントしていただき有難うございます!
    表現についてお褒め頂き嬉しい限りです。一人称の良さをうまく扱えていれば、と思っております。
    アドバイス、有難うございます。心情描写が多くなりがちなので、情景や周りの景色についてもっと視点を当てていこうと思います。キャラ性についてはシエルさんが一人勝ちしている状態ですね、何とか七海にも気張ってもらおう。

    最後に、こうして客観的な意見をお聞かせくださいましたことを有り難く思います。これからに活かせるよう、努力いたします。

    再度になりますが、企画を実施してくださって誠に有難うございました!!

    2019年5月9日 22:32

  • 第03話 神秘を見る瞳へのコメント

    初めまして、佑佳と申します。
    企画から参りましたため、規約のとおり三話分の個人的感想を書かせていただきたく思います。
    ご不快に思われましたら申し訳ありません、削除なさって構いません。

    ここまで読ませていただきましたが、まだ『現代』ファンタジー感が半分半分という印象でした。
    このあとからかな? と期待や想像を掻きますので、三話では見定められないなともう少し読みたい印象でした(後程引き続き伺います)。
    容姿の形容や説明はとても映像化しやすく、絵にも起こせそうで素晴らしいと感じました。
    物事や物語専門のワードも最低限のルビにて説明がついたり、端的でくどさを感じず「なるほど」と一旦脳内に置いておける情報量で適量だなと感じました。
    ただ、無理矢理漢字をあてがわなくても良いのかな、と思えてしまう場面がちらほらと見られたので、多くの読者様の目の引っ掛かりにならなければいいのですが、とちょっと心配が残ります。
    等身大の言葉選びが時に最大の武器となることもありますが、ぶっちゃけ好き好きなので「拘りなんだ!」と胸を張ってしまえば「了解です!」と敬礼したいと思います笑
    事務所内の妖艶さは充分伝わりましたので、敢えて端くれながらアドバイスをするとするならば……
    例えば「埃っぽい」だとか「空気の入れ換えだけは済んでそう、なぜなら陽射しが照りつけ立ち上った後のアスファルトの匂いがした」(強引ですかね笑)などで、シエル先生が『ここで生活してます』感を滲ませると、七海くんの「来訪者」目線が際立つように考えます。

    お互いに精進いたしましょう(^^)
    お節介な長文を、失礼いたしました。

    作者からの返信

    佑佳様

    まず、お読みいただき、そしてコメントしていただき有難うございます!
    魔術という現代世界で馴染みのないものを如何にしつこくなく説明するか、という点においてそのような評価を頂けて嬉しいです。
    言葉遊びについてはまだまだ模索途中なところもありますので、一つの読者様の意見として今後参考にさせていただきますね。
    その表現方法頂きます! 視覚的な情報だけでなく、匂いなども一つの情報として利用するのも必要ですね。

    こうして、客観的な意見をお聞きできたことをとても嬉しく思います。これからに活かせるように頑張りますね!

    誠に有難うございました。お互い精進致しましょう!!

    2019年5月9日 22:19