探偵見習いは魔術師の夢をみるか

作者 蟬時雨あさぎ

第11話 想いそれ故に」への応援コメント

このエピソードを読む

  • なんと、二人も事情を知るあちら側だった……? 誰がどこまでがシステムなんでしょうね。
    オーバーフローが微ホラーちっくですね。この先に待つのは、やっぱり……なのでしょうか。

    作者からの返信

    羽鳥さぁら様

    お読みいただき、またコメントを寄せてくださり有難うございます!!

    誰がどの立場なのか、という点についてはノーコメンツを貫かせていただきましょう。師匠のごとく。はい。
    ホラーですよね、ちょっと書いていて私も思いました……。まあ仕方ないのですよ、彼はなるべくしてなってしまったのですから……(遠い目)

    引き続き七海たちの先行きを見守って頂ければ嬉しいです~!

    2020年9月6日 22:34