探偵見習いは魔術師の夢をみるか

作者 蟬時雨あさぎ

// someone's Memory Log」への応援コメント

このエピソードを読む

  • ふぉあ……
    最初は記憶が全部消えているからゾッとして、でも段々その違和感に気がついていく感じがゾゾゾっとしました(語彙力)
    すみません、素晴らし過ぎて語彙力溶けました。
    最後のお話では七海さんがついに違和感に気がついたのですね♪
    今後どうなるのでしょう。とても楽しみですo(^o^)o

    作者からの返信

    花音様

    お読みくださり、またコメントを寄せていただきありがとうございます!!

    個人的にこういう展開が好きで(オイ笑)どうにも書きたくなったので入れていますが、ゾゾゾっとしていただけて何よりです。
    語彙力固まるといいですね笑

    また、これから物語は佳境へと差し掛かっていきますので、またこれからもゆるりと楽しんでいただければ幸いです~!!

    2020年8月2日 23:43 編集済

  • 七海くん、とうとう違和感に気づきましたね…!やだ、こういうシーン、めっちゃ好き…///

    そして、間話として挟まれるsomeone’s memoryが誰のものなのか…っていうのも…気になる…

    作者からの返信

    湊波様

    お読みいただき、またコメントを寄せてくださり有難うございます!

    好きといっていただけて嬉しい限り……!!! ふふふのふ、ようやく物語が先に進み始めますね……笑笑
    さて、これが誰なのかというのも是非、推理して楽しんでみてくださいな♪

    これからもゆるりとお付き合いくだされば嬉しいです~!

    2020年3月4日 19:38