ツンデレ美少女が拗ねてて可愛すぎる件

作者 木花咲

209

76人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

地の文はほとんど排除されており、登場人物達の会話のやり取りで物語が進んでいく作品です。

登場人物達の会話のテンポがよくて、内容も分かりやすくスラスラ読めます。

個人的に大好きな、色々な作品のパロディもあり、くすくす笑いながらあっという間に最新話まで読み進められました。

1話1話が短めにまとめられているのも、とても読み易かったです。

小説が苦手とか、普段あまり文字を読まないという人にも自信をもってお勧めできる良作です。


内容は、下ネタ有のラブコメ色が濃いです。
とはいっても、爽やかな下ネタと言えばいいんでしょうか、あまりいやらしい感じはありません。

あくまでもコメディのスパイスとして下ネタを用いており、主人公の軽いノリと合わさって、良い味が出ています。この辺、作者さんのセンスが光っています。

途中からは不気味な現象「怪異」も起こり始めて、不気味な雰囲気が醸し出る場面もありますが、やっぱりキャラ達のノリが軽いので、良い意味で重苦しい空気にはなりません。

この手の作品はホラーやミステリーっぽいことが起こっても、作品の雰囲気自体はこれまでの明るい感じにしていって欲しいなと思います。変に重く暗い雰囲気にしてしまうと、作品の魅力が損なわれてしまう気がするので。

個人的に一番面白かったのワンシーンは、鈴木君がぶった斬られて2つに分裂されそうになったシーンです。ここの鈴木君と涼葉のやり取りは笑いました。

これを描いている方は、きっと感受性豊かで文章のセンスが素晴らしくいいなぁと想像してしまうような、暖かい作品です。(普段のツイートの内容も素晴らしいです!)

気になった方はぜひご一読して欲しいです。