キミラノ、ボクリア

水無月冬弥

ラノベ好きの少年と少女たちの日々~時には書評を呟きながら~

プロローグ ラノベ好きの少年

ラノベのような世界


それが異世界であれ、SFであれ、またはラブコメやホラーであったとしても……

平凡な、平凡すぎる僕はラノベのような世界に憧れていた。


だからこそ、僕はラノベを読んだ。

ざまざまな世界、キャラクター、物語


作品を読み、その物語と一体となることで、僕は平凡な世界から、魅力あふれる物語の世界へとその身を委ねることができる。


それが幸せだった。




それだけが幸せだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます