0100110111100100001は逃げた

作者 ブリモヤシ

電脳の虚空を翔け巡る、誇り高きタカそして鳩。

  • ★★★ Excellent!!!

危険です、読み出したら面白過ぎて止まりません。

某有名大学を卒業し有名商社に就職した主人公、松岡。
とある理由で、憧れのプログラマに転職。
そこは信じられないくらい、ブラックで塗りたくられた灰色の世界だった。

そこに紛れていた、いわゆる浮いた存在、空井。
彼には誰にも知られていないとある能力があった。
彼との出会いが、松岡の人生を大きく揺さぶっていく……。

ストーリー展開、人物、テンポの良さ、全てにおいて非の打ち所がない作品です。
ハッキングという電脳世界で、人間の心がドロドロにうねっていく、そんな中、神のごときスキルを持つ空井と、それに巻き込まれていく松岡。
先が気になって仕方ありません。

知識のない人でも楽しめます、是非おすすめです!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

木沢 俊二さんの他のおすすめレビュー 440