ラノベ作家、TSして異世界へ往く~脱テンプレ、ありがちでない物語を突き進め~

作者 斉藤タミヤ

91

38人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

 作家が自分の創作したキャラクターになるという設定だけを聞いたら、「自分の世界への転移」を想像してしまうのですが、この物語は創作キャラクターになるというだけで、その世界の絶対的な知識までもは有していない、神のような千里眼を持たない物語でした。

 強さだけ見れば図抜けており、それを指してチートというならばそうかも知れませんが、それをしてしまうと揚げ足取りにしかならない程、引っ張ってくれる展開があります。

 徐々に明かされていく、世界の、物語の秘密があるからです。

 スタートから感じる違和感は、明かされていくものもあれば、増えていくものもあり、膨らんでいく物語に興味が尽きません。

★★ Very Good!!

ラノベ作家が異世界へ行き、魔種と戦うというストーリー。転移先の自分が、主人公がラノベの中で設定していた人物だったというところがまず本作の特長の1つとして面白かったです!

自分が設定した人物であるため基本的なことは知っているものの、実は設定していないはずの能力まで後に明らかになっていくというのがストーリーをわかりやすくしていました。

地の文も読みやすく臨場感があります。
ぜひご覧ください。

★★★ Excellent!!!

まず作家本人が自分で作り上げた世界へ行ってしまうという発想が私には新しく感じられた。
ファンタジーで一番大変なのは世界の造り込みであり、作家本人が読み手に伝わるように、
でも説明感が出ないよう最初の数話で書かねばならないところだ(あくまで自論だが)
この話はそれがとてもうまく書けている様に思える。
また改行位置とかが読みやすく置かれていてテンポ良く読める点に関しても、とても良いと思った。

★★★ Excellent!!!

語彙力が高いと感じさせられる地の文や会話文で、
キャラクターの個性も立っており、イメージしやかったです。
展開もスピーディーで続きが気になるような構成をしています。
1話1話がしっかり作り込まれているので、読み応えがあります。
副題もセンスを感じさせられるのが多かったですね。

★★★ Excellent!!!

皆既日食を見に車で出かけた主人公、斉藤タミヤは空から巨大な槍のような何かが飛来してきて物語は急展開なところから始まります。

……おや、作者様の名前も斉藤タミヤ!?ってことは!?

目が覚めると、驚きを隠せない状況に、タミヤは驚きを隠せない。
なぜなら、先ほどまでと「男」だったのに、「女」になっていたからだ。
しかもそれは見覚えのある姿、彼が書いている長編小説「滅びゆく世界のキャタズノアール」に登場するミコトと言うキャラと同一の容姿だったのだ。

こうしてタミヤ・サイトウとして、物語は異世界生活へと進んでいくのだが……。
文章もとても読みやすいです!!
文句なしの異世界好きには堪らない作品ですよ、ぜひご覧あれ!!