プロジェクトK(短編集)

作者 叶良辰

145

53人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

とにかく何が飛び出すのか分からない短編集。

企画というか、お題というか、小さな踏み台から飛び出した作品は、予想を超える高さで飛んでいきます。

社会情勢を切り取ったような真面目な作品、リビドーがダダ漏れの怪しい作品、とにかく笑わせるコメディー。
どの作品も同じ作者から生まれたものです(そのはずです)。

この方向性のふり幅が凄いのはもちろんですが、それぞれのジャンルでちゃんと尖っているところが素晴らしい。
しかもこの作者ならではのなんとも楽しい雰囲気が根底に流れている。
すごく書き手の個性が現れているな、と読みながら何度も思いました。
そのあたりがこの一見バラバラな短編集をきれいにまとめ上げているのだろうと。

カクヨムのお題コンテストに参加した方なら、さらにちょっとしたノスタルジーとか思い出に浸れることでしょう。
参加してない人であれば新鮮に楽しむことが出来るでしょう。

まぁ、理屈抜きにとにかく楽しい作品集です!

★★★ Excellent!!!

フィクションなんですよ!
どうやらそうらしいのですよ!
本当かどうかは読めば分かるんです!
いや、やっぱり分からないかもしれませんw

臨場感と情熱と運営様への感謝(ここまでがセットです)に溢れた作品です!

フィクションだと分かっていても、実録中の人なんじゃないか? と思わせる勢いがありました!

★★★ Excellent!!!

ところどころに挟まるURLが妙にリアリティを盛り上げます。
まさかトリにこのような過去があったとは。フィクションと書いてあるのが眉唾に見えるほどのリアリティです。
会社の企画会議ってこんなですよねー。みんな、言い出しっぺになりたくないから俯いちゃう。だけどそれだとラチあかないって思った誰かが無責任な事を言う。
あれよあれよと言うまに訳のわからん企画が通ることはよくあることです。

楽しく読めました。
次は作品を選考する編集者の苦悩を暴いてください。

★★★ Excellent!!!

 作者は産業スパイに違いない。これほど 現実に迫る、いや現実そのものの内幕を 、群像劇としてだけでなくいわばカクヨムそのものを主人公としたドキュメンタリーにするのは内部事情を知っている人間しか書けるはずがない。
 そんなふうに主張したくなるほど完璧な 内容だった。
 百年ほど前 ウェルズの『宇宙戦争』がラジオドラマで報道された際 あまりにも真に迫った内容を真に受けた人々が本気で街から逃げ出し社会問題化 したことがある。まさに本作は問題作だ!

★★★ Excellent!!!

カクヨムのマスコットキャラクター「トリ」

多くの謎を含んだキャラクターです。
名前も公表されていない上に、なんのトリだかもわからない始末。

カクヨム七不思議の真相に作者叶良辰が、ギリギリスレスレのラインまで攻めた作品がこちら「プロジェクトK」です。

企業内で起こる奮闘。世論からの厳しい風。

カクヨム創立からの歴史を辿る構成は、ノンフィクションではないだろうかと思ってしまいます。

脳内に恒例のBGMが流れることは必死の情熱的な作品。

どうぞ、騙されたと思って読んでみて下さい。




……騙されますから!

★★★ Excellent!!!

いえ、あくまでもフィクションですよ、フィクション!
やだなぁ、本気にしました? しました? ……しましたけど、何か?

でも案外会議ってこんな感じだったりするんですよ。
そんで、そんな感じだったのに、最終的には「いやー、結果オーライだったねー」ってなるもんなんですよねぇ。

ね、結果オーライじゃないですか、
トリ、可愛いよ、トリ。

★★★ Excellent!!!

1フレーズの持つ破壊力って凄いなぁ……
いや、ホントに凄いなぁ……

でも、元編集長さんの予算配分は決して間違っちゃいなかったんだよっ!!

だって、だってさ……東京オリンピックばりに何億円も掛けてマスコットキャラ作ったって、こんなに素敵な『フクロウ』は生まれなかったって思うもん。

★★ Very Good!!

その小説交流サイトで起こった実話らしいです。

全編をつうじてサラリーマン社会の現実が生々しくもどこかユーモラスなあたたかな目で描かれています。まるで見てきたかのように。立て板に水を流すが如く。

ただ残念なのは、最後の一行です。
日和ったこの一行がなければ、この一行さえなければ文句無しに星3つでした。

でも、この一行に「サラリーマン魂がこもっているのだ」と、おじいちゃんの背中が語ってくれました「これが処世というものだ」と語ってくれているように感じられてならないのです。

★★★ Excellent!!!

新興サイトに必要なもの、それはマスコットキャラクターであった。
これは、新たなるキャラクターを生み出す社員たちの血と涙の物語。

参考URLがリアリティを増し、食い入るように読んでしまったw
お祭りにはこういう角度からの一本も欲しいですよねw