オリジナル・ショートショート

作者 恋するメンチカツ

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第34話 接待ゴルフへのコメント

    見事なオチでした。
    笑いました。

    作者からの返信

    ふはははは(*´∇`*)
    恋メンの虜になって下さい(*´∇`*)

    2019年5月23日 11:14

  • 第33話 強豪野球部へのコメント

    最後、むちゃくちゃおもしろい。これは笑いました。
    最高です!!!

    作者からの返信

    わーい(*´∇`*)
    褒められたー(*´∇`*)

    2019年5月22日 10:13

  • 第32話 宇宙遠足へのコメント

    また読みに来ますね。応援しています。

    作者からの返信

    毎度毎度、ありがとうございます(*´∇`*)
    励みになります(*´∇`*)
    よし! これからも本気で頑張ります!(╹◡╹)

    2019年5月20日 22:39

  • 第31話 ジャッカルへのコメント

    ラスト、ほんと、上手い。としか言いようがありません。

    作者からの返信

    ふふふふふ(^ν^)
    お褒めにあずかり光栄です(o^^o)

    2019年5月20日 22:38

  • 第29話 初恋へのコメント

    ありゃ~言葉そのままでしたね。男の子だけに。
    笑えました。

    作者からの返信

    素直過ぎるのも罪なんですよねー(^^)笑

    2019年5月20日 22:36

  • 第1話 人生いろいろへのコメント

    オチが分かっていても読みたくなります、最後まで。

    たとえば、本物のサッカーの試合。
    「観たいな」と思って録画しておいても、ニュースで結果を知ってしまったらもう見る気が失せます。

    ところが、大好きなプロ野球の試合の場合。
    ニュースで結果が分かっていたとしても、たとえボロ負けだったと分かっていても、その試合は最初から最後まで見ます。
    「ツーアウト満塁のここで三振……。そういう結果は分かっているけど応援するぅ!」と、結果が分かっていても本気の応援をします。

    恋するメンチカツさんの文章には、そういう後者の魅力があるんですよね(*´▽`*)
    この後の創作話も読んだ事あるのに、今から読むのをワクワクしておるのですよ。

    作者からの返信

    華さーん(゚∀゚)
    おかえりなさい(゚∀゚)

    長文での誉め殺しありがとうございます(*≧∀≦*)
    これからもどしどし頑張ります٩( 'ω' )و

    2019年5月15日 20:07

  • 第11話 天使へのコメント

    かなC

    作者からの返信

    これが現実です(°▽°)

    2019年5月15日 12:50

  • 第32話 宇宙遠足へのコメント

    和やかな雰囲気に、地球が紫になってるというちょっとした破滅的予想が入ってるのがいい感じです!

    作者からの返信

    紫色→破滅的
    お見事(゚∀゚)
    感じ取って貰えて嬉しい限りです( ^ω^ )

    2019年5月15日 11:23

  • 第31話 ジャッカルへのコメント

    俺の名はジャッカル・のぼりこ

    作者からの返信

    なっ、なに⁉︎
    ジャッカルの名を継ぐ者がまだいたとは( ゚д゚)

    2019年5月15日 11:12

  • 第24話 エビ女とカニ男へのコメント

    このエピソード好き

    作者からの返信

    コメントありがとうございます(゚∀゚)

    スーパーの鮮魚コーナーで、ふと思い浮かんだエピソードです(*´-`)笑

    2019年5月14日 18:28

  • 第30話 擬人化へのコメント

    わんわん!(゜∀。)

    作者からの返信

    きゃーΣ੧(❛□❛✿)

    2019年5月11日 17:35

  • 第29話 初恋へのコメント

    ズキズキした痛みを相手にさせるために正拳突きをしたということですね。

    作者からの返信

    その通りです( ・∇・)笑

    2019年5月10日 22:35

  • 第10話 告白へのコメント

    12週以降だと出産と同じような処置がいりますので、入院費も必要になります。
    二十万では足りません。
    そうでなくともメンタルの負担も大きいので、サポートがかかせません。
    それに殆どの病院では保護者やパートナーの署名が必要です。
    なんてドクズな教師なのでしょう。

    作者からの返信

    うおー、これは面白い見解ですね( ・∇・)
    そんな所まで想像して読んでくれている事に感服です^ ^

    2019年5月10日 22:34

  • 第28話 認知症へのコメント

    微笑ましい夫婦ですね。
    恋するメンチカツは笑いました(笑)

    作者からの返信

    いいですよね、こういうの^_^
    ありがとうございます(笑)

    2019年5月10日 10:20

  • 第11話 天使へのコメント

    天使男の子の気持ち知っててこれやってるの笑いました。腹黒ですね。

    作者からの返信

    「そうだ、その女の子が君の事を好きになる魔法をかけてやろうか?」
    天使がそう言い、魔法のステッキを回そうとすると男の子が力強く叫んだ。


    「ダメ!」


    ⬆︎ 一応、助け船は出してるんですが、真面目なだけでは、報われないんですよねーƪ(˘⌣˘)ʃ

    2019年5月10日 05:46

  • 第1話 人生いろいろへのコメント

    初めまして、クソニートです!
    Twitterの方、フォローありがとうございます。フォローさせてもらいました!

    最後笑っちゃいました。人生ゲームだったとは……(笑)
    続きも読ませてもらいます!

    作者からの返信

    いえいえ、こちらこそ、ありがとうございます(╹◡╹)

    是非是非ごゆっくりどうぞ^_^

    2019年5月10日 02:02

  • 第28話 認知症へのコメント

    にっこりしました
    あと恋するメンチカツで笑いました

    作者からの返信

    こんな関係に憧れてます(´-`).。oO

    おばあさんに認知される位有名になりたいもんです(`・ω・´)

    2019年5月8日 13:46

  • 第13話 命の選択へのコメント

    いや、そこは角煮だろォが!
    すみません。非常に面白いショートショートを書かれているもので、つい言ってしまいました(*´ω`*)

    作者からの返信

    全話見て頂いた上にコメントまでありがとうございます(°▽°)
    ぼちぼち更新していきますのでこれからもよろしくお願いします(^^)

    2019年5月7日 20:59

  • 第5話 鬼へのコメント

    おもしろい発想ですね。笑えました。

    作者からの返信

    ありがたきお言葉(^ω^)

    2019年5月6日 18:47

  • 第2話 露天商へのコメント

    矛盾を上手にギャグに仕立て上げた作品ですね。
    笑えました。

    作者からの返信

    ショートショートショートです。笑

    2019年5月6日 18:47

  • 第26話 約束へのコメント

    新作待ってました

    作者からの返信

    うわー、じぇみにさんありがとうございます(;_;)
    自分なんかの投稿を待ってくれていたなんて(;_;)
    励みになります(;_;)

    2019年5月4日 11:14

  • 第11話 天使へのコメント

     これは出来が良いです。
     うわあ、ひどい! という終わり方ができるのは、ショートショートの強みですよね。
     

    作者からの返信

    勿体ないお言葉ありがとうございます!

    誰がどう思ってるかって本人以外は分かりようがないですからねー(^_^)
    うーん、世知辛い(^∇^)

    2019年4月30日 16:02

  • 第10話 告白へのコメント

     これ、赤ん坊おろせっていってるんですよね? 出産費用?
     厄介ごとを金で解決する手段がある(キリッ)って、すごい嫌な意味に聞こえます(笑)

     厄介ごとを金で解決する、というセリフの意味が変わるのはうまいと思います

    作者からの返信

    返信遅くなってすみません-_-b

    ここでのお金はおろせって事ですね(^ ^)
    簡単に言えば、生徒に手を出して孕ませてしまったから金で解決しちゃえー。というドクズな先生のお話です(^。^)

    2019年4月30日 16:00

  • 第1話 人生いろいろへのコメント

    大変好みなオチですし、面白いと思いました。

    作者からの返信

    返信遅くなってすみません-_-b
    有り難きお言葉ありがとうございます!励みになります!

    2019年4月30日 15:57

  • 第8話 シンガーソングライターへのコメント

    半分ぐらい読んで、落ち読めた。

    幽霊の本質(単純にいうとこうだな。生きていても何かしたいことがあってそれができずに成仏できない)それさえ外さなければ、どんなバリエーションでもできることができる。

    例えば、古典的な代表作幽霊話3作品をだすね。

    無残な殺し方をされたら、四谷怪談でどろどろとグロテスクなお化けを出せばいい。実はあれ、赤穂浪士の裏返しの話なんだな。四谷怪談の殺した旦那も元は赤穂藩の浪人で、同じ藩にもこんな人がいますよという意味と、殺したものの、恐怖で小便ちびるほど驚かされて自滅する。悪いことをすると自滅するといった意味の勧善懲悪、類義語に因果応報と言う意味がある。それがお化け屋敷みたさの好奇心と勧善懲悪の話が受けて流行ったのじゃないかなと思っています。

    番町皿屋敷も別の意味で勧善懲悪の話だな。他のものから皿を隠されて、割ってもいないのに井戸の中で溺死してしまうのだよな。こんなのって可哀想すぎるじゃないか。それでしかえしに、幽霊となって出てくるのだけど、皿を隠した連中とか殿様とかも皆殺しにしてしまう話なのだよね。

    牡丹灯籠は勧善懲悪とはまた違った話だな。あれは身分違いの恋愛の悲哀を込めた話だな。あれのもとねたは中国の作品なんだな。だからなんか雰囲気が違うだろう。現世で恋人になれないのだったら、愛する人も殺してまでも、死人同士になって恋愛を貫こうと相手の女は思っていたのじゃないかな。殺された男はたまらないが、それまで女から愛されていたと思えばいいものじゃないか。

    作者からの返信

    返信遅くなってすみませんm(__)m
    カクヨムとは別で描いてる小説の方に夢中でカクヨムを放置していました-_-b
    カクヨムの方もぼちぼち再開しますので、宜しければこれからも御鞭撻の方よろしくお願いします( ̄^ ̄)ゞ

    2019年4月30日 15:56

  • 第7話 老人へのコメント

    この最後の「氷河期」はNGっだと思うよ。神なら一つや二つの氷河期OKだけど、人間が主人公なら博学な奴につっこまれるぞ。氷河期って人間の寿命よりはるかにながいだろ。人間の寿命と氷河期の長さを知っている奴からはぼこぼこ叩かれるぞ。どうせ同じ表現するなら「この長い寒さを無事のりこえられるか」程度にしていた方がいいぞ。例えば一年のうち一つの季節の冬でもOKだし、100年でもOKだし、46億年でもOKだ。

    ところでここでいつもの独白だが、題名やキャッチコピーの書き方でも興味を引くものなら読んでくれると思うよ。自分自身の実例なら、童話で可哀想話を書いたんだな。キャッチコピーだけど、最初「小川未明風」と書いたら誰も食いついてこない。そこで「アンゼルセン風」って書いたら食いついてくる奴が少し増えたのだな。小川未明って漱石ぐらいの童話作家でな。日本のアンゼルゼンと言われている奴なんだけど、アンゼルセンは子供もよく知っているし、知名度が未明は限定されるのだな。

    いぜんある奴とやりあって、アホな題名でも食らいついてこない。人に理解されない難しい漢字でも食らいついてこないと言ったら、ある奴(ある奴は難しい漢字を書いていた)もそれを知っていてレスで題名を違うものにしておけばと少し後悔していたみたいだな。と言うわけで、題名やキャッチコピーを考えるにもどんな風に書いたら受けるかをじっくりよく考えたらいいと思うよ。

    作者からの返信

    なるほど、浅はかでした-_-b
    的確なご指摘ありがとうございます(°▽°)
    タイトルもあまり考えずにつけてましたm(_ _)m
    勉強になりますd( ̄  ̄)

    2019年3月24日 23:11

  • 第6話 願ったんなら叶えてしまえよへのコメント

    >それに神様は内心思っていた。
    >神社に毎日神頼みする時間があるなら家で勉強しなさいと。
    こっちの方が正解だと思う。

    やっぱり神様に一日に三回頼むぐらいの時間があるのなら、家で英語の単語10文字程度覚えていた方が受験戦争に勝てると思う。

    メンチカツさん、他の人のコメントで意味深なこと言っていたけど、どっかの高校か大学合格したのかな? 合格できていたらおめでとうございます。卒業まで学業にがんばってください。

    神ネタだと、人に対して祟りと守るのが両立性があるのだよね。粗末に扱えば祟るし、敬えば守ってくれる。昔の人はよく知っていて祟られないようにこわごわ敬っていたのだよね。
    それと地域によって別の側面があるのだよね。今の家の地域は地震が発生してもほとんど津波の被害がでない。そこに神が関係してくるみたいだな。家の近所の神社に祭られている女の神が昔人間の男と密会して、去った土地がどうもここの地域の防波堤みたいな感じになっているみたいだ。昔の人は本能的にそんなこと知っていたみたいだ。近所の神様の由来を調べてみたら案外意外な発見ができるかもしれない。それをねたにして物語を作った人を知っています。

    それと最近は差しさわりのない穏便な名前を使っているが、自分的には昔の地域の名前を使い続けたらいいと思う。地震の多いところなら地震関係の名前がついているし、津波とかも同様、川が決壊して家々に濁流がくるところは水関係の名前がついているよ。

    作者からの返信

    へー(°▽°)
    神様の由来の話面白そうですね(°▽°)
    ちょっと身近な神様調べてみます( ´∀`)

    2019年3月23日 14:37

  • 第5話 鬼へのコメント

    龍騎は鏡の世界のバトルロイヤル、実はループの世界だったんだな。

    鬼と言えば響鬼だが、造形が怖すぎてガキが泣いたいう逸話を聞いたことがある。最終回の落ちも中途半端でつまらん。地球上の自然に勝てるはずないだろと思わずつっこみたくなった。

    電王はモモタロスをはじめインパクトのあるキャラがよかったな。仮面ライダーということで無理やりデンライナーの中にバイクを入れるシーンがあったが、あれ必要あるのかと思ってしまった。

    電王以降は見ていないからわからない。

    面白いこと教えてやろうか、平成仮面ライダーは改造人間ということ書かれていないだろう。あれ今の医術とリンクしているのだよな。今は医療技術が進んで人間の患者に大なり小なり人工のもの入れているの知っているか?あれに遠慮して規制がかかっているのだぞ。

    ところで今、カクヨムで10日間限定の賞やっているの知っているだろう。「最後の3分間」というお題でうちで飼っているセキセイインコでちょっと可哀想話を2作出したよ。

    では今から寝る。

  • 第4話 ヒーローへのコメント

    今回も独白でいいかな。こんなことしていたら、掟破りでカクヨムからバンされるかもしれないから、いなくなったら諦めてくれ。

    これは他のところで書いた文章だ。いらない場所は省略しておく。
    これは仮面ライダー555の話だ。
    いろいろな仮面ライダーになるのは物語上仕方がないものの主要登場人物は少ない(せいぜい10人程度)です。このエピソード書いた人文書達者だけど、ただ苗字か名前がどっちかに統一してくれないと誰が誰かわからなく可能性があります。
    ある意味初代の仮面ライダーの方がわかりやすいです。
    でも根本的には「同族争い」「親殺し」「自己否定」はあるね。
    馬が仮面ライダーの首をへし折っていました。その描写はこのエピソードの文書では説明されていません。当時妹(姪っ子当時三歳だったかな。オルフェノクの玩具買ってもらって無邪気に喜んでいました)が一緒に見ていてえぐいと表現していました。
    ぶち殺す話かなり多いです。こんな非道な話を日曜の朝純粋な心を持った子供たちに見せていいのか疑問です。
    私にしてはかなり笑えたブラックジョークの物語だったけど、普通の人には笑えないかも・・・。
    ちょっと長い話だから何話かに分けて読んだらいいと思います。
    http://irobutsu.a.la9.jp/movie/555.html、

    この中で私の一番好きな555はえぐいからもう放送されないのじゃないかな。二番目は好きなのは剣、剣の主人公は人類のために人類以外の種になって一人孤独になる悲劇的なラストを迎えます。

    最近のヒーロー物ならを平成仮面ライダー関係(まあ外れもあるが・・・)抑えていた方がいい。

    日本ではSFMでウルトラマン関係のぱくり話があったな。
    ウルトラマンって怪獣とやりあっていろいろな建物をぶち壊すだろ。それにウルトラマン関係の中に入る人間のために背中にファスナーが入っているものをネタにしている。まずこんな感じだな。あるところに二人の夫婦がいて、めすの方がいなくなる。おすは探すがどこにも見つからない。そのうち怪獣が出てくる。おすは家の蔵にあったウルトラマンの気くるみをきて巨大化して怪獣と戦う。人は最初喜ぶが怪獣とウルトラマンが世界中をぶち壊して人類は滅びる。そして最後におすが怪獣の背中にファスナーがあるのを見つけて、開けたら探していためすだった。おすとめすはアダムとイブになるという設定だ。ぱくりと旧約聖書が合体した話だな。で旧約聖書まで読んだ方がいい。新約聖書はあんなり面白くないが、旧約聖書は神話めいていてわりと面白い。神話や伝説を読んでいたらわりといろいろな解釈ができるし応用が利くってことを言いたかったのだな。

    後、世界情勢を調べまわって見てヒーロー物を考えてもいいな。例えばアメリカは訴訟天国だろ。いい弁護士を頼んで金をつめば黒でも白になってしまうやっかいな社会だ。そこでスーパーマンの登場だ。どんなことをしても動いても訴訟で負けてしまう。いわゆるヒーロー物を借りた社会風刺だな。

    後、科学的考証もいろいろ覚えていたら参考になる。またスーパーマンで、今度は下ねただからちょっと言いにくいのだが、スーパーマンって超人だろ。あれから出すものも超液なんだ。だから出すと女が死んでしまうという設定になっている。

    独白迷惑だったらやめるが、このまま続けるか、どうか教えて欲しい。

    作者からの返信

    平成仮面ライダーの話なら私は龍騎が好きです。それぞれの人物に個性や物語が細かく設定されているので(°▽°)
    逆にここまで独白で気をかけて頂いているのが有り難いです( ̄^ ̄)ゞ
    これからも精進致します!

    2019年3月21日 23:20

  • 第3話 ウサギとカメとアリとキリギリスへのコメント

    ウサギとカメのたとえ話でたしか星新一先生の話があったような気がする。何度もカメとウサギが競争するのだな。普通ならうさぎが勝ちそうになるところだけど、うさぎはどんな工夫をしてもいつもカメに負けるのだな。最後の落ちは忘れたけど、確かうさぎは死ぬ前に夢を見てかめに勝ったとか言う話じゃなかったの思ったけど確かなことは忘れた。その題名は忘れたが星新一先生ぐらいの一流のSS書きたいと思ったら読んだらいいといいな。ちなみに青空文庫では2050年を過ぎないと星新一先生の物語は読めないらしい。

    それとアリとキリギリスの話はイソップの話で説教臭くてあまり好きじゃない。NHKの道徳の番組でよい子になりましょうとか明らかさま標語ばかりあったのでむかついたけど、アリとキリギリスの話でキリギリスに対してどう思いますか? と質問に対して一言「馬鹿」と答えると思った。それだと道徳の成績は1になるだろうね。成績を伸ばそうと思う優等生なら、キリギリスは夏に怠けて遊びまわっているけど、冬になって食べるものがなくなり、更に寒さで凍え死ぬと思いますとかいうだろう。

    今風で言えば、ベネズエラだな。土曜日のNHKの番組でみたが、昔は石油がばんばん出て、無料で公共施設や医療費などを国が全部全部負担して、国民は幸せだったらしい。これはキリギリスの夏に相当すると思う。

    で、今は、ベネズエラは石油は持っているものの石油製品を加工する工場類はいっさい作ってなくて、超インフレで国民はひいひいあえいでいる。こっちはキリギリスの冬に相当すると思う。

    もし将来を読める賢いアリなら先に石油製品を加工する工場類を先に作って、その後国民はまあまあほどほどの生活を営んでいたと思う。

    アラブの王子様関連のことも言おうかと思ったがやばいのでやめておくね。

    とにかく参考になりなりそうな本を貪欲に読みまわり、他のことにもいろいろ興味を持ってそれをネタにしろ。そうすればいい作家になると思う。

    応援コメントじゃなく独白なのでごめんさい。

    作者からの返信

    長文でのコメントありがとうございます。まだまだ、駆け出しの身なので田中さんの仰る通り、参考になりそうな本を貪欲に読みまわりたいと思いますm(__)m
    独白でもありがたいので、またこのような貴重なご意見をいただけると嬉しいです(>_<)

    2019年3月20日 10:09

  • 第2話 露天商へのコメント

    矛盾のもとになるネタですね。露天商というところと露天営業禁止というところがいいですね。

    作者からの返信

    度々コメントありがとうございます(°▽°)
    ミスリードし過ぎないようなオチを考えております( ´∀`)

    2019年3月19日 11:51

  • 第1話 人生いろいろへのコメント

    最初にフォローありがとうございます。
    最後のオチが面白く読みました。ある意味逆転の発想だと思います。
    ところで数日の間にたくさんの作品を投稿されていますね。一気に書かれたものでしょうか。それとも以前から書きためていたものでしょうか。ちょっと興味あります。今日は夜も遅いし一話だけ読んで寝ます。それではまたごきげんよう。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    書き溜めは無いです( ´∀`)
    思いついたら書くようにしていますが、ここ4日程は別の投稿原稿に集中してました(°▽°)
    ぼちぼち再開します(°▽°)

    2019年3月18日 08:01

  • 第19話 被りものへのコメント

    そんなところで張り合ってどうするんだ!

    作者からの返信

    的確なツッコミありがとうございます✌︎('ω'✌︎ )笑

    2019年3月13日 22:24

  • 第18話 恐怖へのコメント

    幽霊とかどうでも良くなる恐怖がきますねこれは……

    作者からの返信

    幽霊より生きてる人間の狂気が一番怖いです(°_°)

    2019年3月13日 16:40

  • 第6話 願ったんなら叶えてしまえよへのコメント

    不覚にもラストで笑ってしまいました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    神頼みした甲斐がありました^ ^笑

    2019年3月12日 21:28

  • 第10話 告白へのコメント

    お前教師かよ!!って思わず叫びました

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    狙い通りです。笑

    2019年3月9日 22:19

  • 第6話 願ったんなら叶えてしまえよへのコメント

    現実でもありそうな話でふふってなりました

    作者からの返信

    結局最後は神様よりも自分自身を信じないとって事ですね。

    2019年3月10日 10:15

  • 第1話 人生いろいろへのコメント

    オチがもう完璧で、してやられました!
    かなり面白いです!

  • 第1話 人生いろいろへのコメント

    自主企画に参加ありがとうございます!
    人生ゲームだったとは!
    ……やられました笑。人生ゲームだと踏まえた上で読むとまた違った見方ができてとても面白かったです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    今は拙い文章ですが、もっと自分の妄想や発想を正確に表現できるよう日々精進します。

    2019年3月8日 04:36