完璧でありたい君へ

齋藤瑞穂

完璧でありたい君へ

 僕の彼女が、モデルという職に就いた。


 毎日、鏡と微笑みあっては


「見てー!この笑顔完璧じゃない!?」


と僕に微笑んでくれる。


 でもさ。


 僕は、不器用に笑ってくれる君も好きだよ。


 口に出して言う程の勇気はないけど。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

完璧でありたい君へ 齋藤瑞穂 @apple-pie

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ