切ない荒廃SF

少年のロボっぽさと子どもっぽい趣味と愛情の書き方が絶妙。少年の博士への想いも、彼はああ言ってるけど愛なのだと思いました。

寂しくって、綺麗で、閉じてる短編。文字数より濃ゆい。

その他のおすすめレビュー

豆腐数さんの他のおすすめレビュー630