終末世界に描かれるわびしい影絵です。

「エイン博士は人間を愛していなかったし、少年もエイン博士を愛してはいなかった。それでも、少年は博士の残像をその記憶から消すことはないだろうし、形見の外套が、すりきれて使い物にならなくなったとしても、継ぎをあてながらでも纏いつづけることだろう。」 ~ 本文より

その他のおすすめレビュー

友未 哲俊さんの他のおすすめレビュー339