魔王と王妃の寝室戦争

作者 エノコ モモ

146

53人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

年の差、身分差といった「差」に目がないもので、こちらの種族を飛び越えたお話も楽しく読ませていただきました。
当事者ふたり(夫婦)の心理描写や行動、発言の描写もさることながら、彼らを取り巻く環境や人物(人じゃねえ!笑)も魅力的でビジュアルを想像しながら読み進めるのがとても楽しかったです。(私の想像力が乏しく、おおかたがエジプトの壁画のようなイメージばかりでしたが;)人間以外の種族が当たり前に闊歩する世界を想像してはほくそ笑んでおりました。
また、人間よりも理知的で情に厚い魔族たちの姿を見ながら、ほっこりしつつも、ああ、人間は弱いからこそ恐怖のあまり、相手からの攻撃を恐れて過剰に攻撃してしまうのだろうな、と寛容であることの強さについても考えさせられる部分もありました。強いから寛容でいられるのか、寛容だからこそ強いのか、という点については、魔王と王妃、周囲に居る者たちがひとつの答えを投げかけてくれたように感じます。
アンナが姫として妃として気丈に振る舞っている所などもとても健気で惹かれます。
なお、作中でセックスセックス言うてはりますけど、こちら、相当な純愛でございます。いわゆる両片思いのすれ違いに見守る側としてやきもきしつつも、滑稽な思い違いに笑わせてももらいました。そして純粋で初々しい想い合いに、私も遠い昔に忘れた何かを取り戻せたような気がしました(気のせい)。
幸せな未来が確定しているであろう二人ですが、未来にもふりそそぐほどいっぱいの幸あれ、でございます。

★★★ Excellent!!!

魔族の王であり竜人である魔王様と、人間のお姫様である王妃。
二人は和平のための結婚で、愛のない結婚――のはずだったけど、本当はお互いのことを深く愛しています。
だからこそ、二人の距離はなかなか縮まりません。
両片想いです。みんな大好き両片想いに陥ってしまったのです。
大好きな夫と幸せな夫婦の営みを望む王妃、でも魔王は弱く脆く儚い人間である王妃を傷つけたくない。彼女を壊したくない――その一心で夜の生活はなかなかうまくいかず。
基本的にはコメディなのですが、じんと来て、ほろりと来て、切なくて、早く結ばれますように……と祈らずにはいられません。
頑張れ頑張れ魔王様。アンナはあなたが思うほど弱くはないのよ。そう言って背中を撫でてさしあげたくなります。

★★★ Excellent!!!

なかなかに洒落たタイトルとちょっと刺激的なコピーに惹かれてページを開いてみれば、この物語はギャグ要素を折り込んでいるものの、実は結構シリアスな恋愛ものです。

お互いを大切に思う気持ちが強すぎるがために、夜の営みに踏み切れない魔王さまと王妃さま。
すれ違いと思い違いと勘違いから周りを巻き込んだドタバタを引き起こし、結局は想いを遂げられずにいる二人にハッピーな夫婦生活は訪れるのでしょうか?

これはもう、二人の行く末を見逃すわけにはいかないですよ!

★★★ Excellent!!!

寝る前に一作と本作が目に付いて何気なく読んでみました。興奮して目が冴えてしまいました笑
第一話の題名からして重い話なのかな?と思いましたが、読んでみるとその逆で王妃がプライドをかけて魔王を夜の営みに誘おうとする予想外の展開でした。人間の王妃が魔王の興味を少しでも引こうと試行錯誤する場面なんて最高です。
なろう特有の露骨な下ネタや意味不明な言動など一切無く、読んでいて不快にならない。

これを読んだ方はぜひとも、読んでみてください。はまりますよ。

続きを楽しみに待っております。