入院患者は眠らない !?

作者 森緒 源

44

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

喘息。
一般的によく知られる病気だが、これがまた途轍もなくしんどいらしい。
私の友人が苦笑いしながらよく語ってくれたのを覚えています。
物語の主人公、森緒は若き20代の青年。
大人になって、ようやく普段の生活をする上では少しずつ治まってきた喘息だったが、季節の変わり目がひどい発作になるようになった。

ある日、あまりのひどさに喘息で入院が決定した。
その病室で様々な出会いを果たすのでした。

刺繍画の才がある者や、外出に競馬好きなど。
特色溢れる人格の持ち主なだけに、ここの入院生活で学ぶものも多かったのだと思います。

入院生活がこれだけ楽しいと逆の意味で退院しづらいのも確か。
笑いあり、ドラマありの入院先で起こる様々な物語に読者は惹きつけられるでしょう。ぜひ、ご覧ください!

Good!

喘息で入院してしまった20代男性の森緒くんは、病室で様々な患者さんと出会います。

刺繍画が素晴らしいのに、お酒に溺れてしまう患者さん。

外出をして競馬場に通うおじさん。

生活リズムを押し付けるおじいちゃん。

入院患者さんにも、様々なドラマがある。

病気で療養しているからといって、暗く落ち込んではいられない。

元気に毎日笑い飛ばすことが、一番の特効薬なのだから。

★★★ Excellent!!!

入院することになったら、同室には個性的な患者さんがいっぱい。
そんな彼等の行動が面白く紹介されています♪

仲間。
それとも反面教師。
いやいや、おせっかいな戦友といったところかな。

実際の入院生活の様子と患者同士の楽しいやりとり。
これだったら入院をもっとしていたい・・・って、なるわけないか!?



★★ Very Good!!

出てくる人で 出てくる人、みなキャラが強すぎます。
作者さまの描き方が上手いのか、エピソードに取り上げた人選が上手いのか、本当に強めの人しかその病室に入ってこなかったのか……
1回お見舞いにでも行ってみたいな、と思ってしまうほど、興味深い人間模様です。