3人の宇宙人

リエミ

3人の宇宙人


 高度な文明の発達した星から、3人の宇宙人が地球に来た。


 地球人は友好をはかるため、手厚くもてなすことにした。



 まず、長旅で疲れていると思ったので、マッサージを受けさせた。


 すると宇宙人はこう言った。


「なんてことだ、凶暴な地球人め。こんなに体をつねられて、憤慨だ!」


 今まで高度な星にいて、重力も軽いせいか、体が凝ることもなかったのだ。



 次に、仕方がないのでお灸士に来てもらい、お灸で和んでもらおうとしたが、これもだめ。


「われわれを気づかぬうちに焼くとは、とんでもないことだ」



 元の星では、寒くも暑くもなかったのだろうか。


 宇宙人は風邪をひいてしまった。


 そして熱がでた。


 冷やそうと氷枕をつけるが、今度は氷漬けにして殺されると非難した。


 風邪薬も疑って飲ますことはできない。


 ましてやお粥、栄養の食事も、みんな拒否してしまった。



「この星に来て、本当によくなかった。これを母星に伝えよう」


 と、1人の宇宙人は帰ってしまった。



 風邪ひきの宇宙人の1人は、ついに死んでしまった。


 残された宇宙人の1人は、仲間が葬儀にかけられるのを見て、悲鳴を上げた。


「これはひどい! 我らが来た証拠を隠滅しようとして、燃やしてしまうつもりだ。地球人とは何を企んでいるのか、まったくわけのわからない生き物だ」


 残された宇宙人の1人は、すべてを疑って何も口にしなくなった。


 そして、何日かして、ぐったりと地球上で死ぬことになった。


 もう地球には宇宙人はやってこない。




◆ E N D

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

3人の宇宙人 リエミ @riemi

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画