黒炎と白布の異界渡り

作者 みやこけい

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全118話

更新

  1. プロローグ
  2. 黒炎と白布の出会い
  3. 第一章:砂に埋もれた手紙
  4. 砂と建築
  5. 異界の先生?
  6. また再会
  7. 砂の街の冒険家
  8. 印の部屋探し
  9. 最愛の人へ。今を大切に。
  10. 第二章:平和海域
  11. 大海原には船が浮かぶ
  12. 「弟子」VS「元弟子」
  13. 「弟子」&「元弟子」
  14. 己の命の終わらせ方
  15. 船を動かそう!
  16. 出航
  17. 機械の心を聞いた
  18. 旅の目的、新たな旅立ち
  19. 第三章:炎と氷の闘技場
  20. 戦人、集え
  21. 竜と出会った王女様
  22. 闘争劇
  23. 竜との誓い
  24. 戦いたくない!
  25. 働かずして作る料理
  26. 綺麗な薔薇には……
  27. 試合直後、試合直前
  28. 躍動する肉体、覚醒の時
  29. スープとキス
  30. 決意
  31. 炎と氷の闘技場
  32. 手をとりあって
  33. 第四章:灰色の雪の思い出
  34. 思い出す
  35. 幽閉された少女
  36. お人好し
  37. 雪の街の日々
  38. 約束
  39. 蹂躙者
  40. 情熱の黒い炎
  41. 灰色の雪
  42. 思い出から現実へ
  43. 第五章:氷竜決戦
  44. その街で起こった事
  45. それぞれの思い
  46. 決戦の序幕
  47. 希望の火は……
  48. 情熱の黒い炎、もう一つの大火
  49. 魂との邂逅
  50. 新たなる旅路へ
  51. 第六章:そよ風の中で
  52. 悪夢の呪いと小麦畑
  53. 上映開始
  54. 終焉
  55. 人と善
  56. そよ風の中で
  57. 第七章:銀色の姉弟
  58. 彼女の名前は
  59. 姉と弟
  60. 姉弟の伯父
  61. 旅立ちの準備
  62. 未知なる旅路へ
  63. 第八章:悪魔の潜むビル街
  64. ビル街の中の憩い場
  65. また明日
  66. 廃ビル群のボードゲーマー
  67. いざ作戦会議
  68. 呪われた運命
  69. 戦場の廃ビル
  70. 獣人
  71. 異界喰らい
  72. 夜明け
  73. 第九章:彼女が生まれた日
  74. 故郷
  75. プレゼント
  76. 市場にて
  77. 祝福
  78. 第十章:獣達が嗤う森
  79. 森の中の街
  80. 美食の森
  81. 流血の気配
  82. すべて終わったら
  83. 獣現る
  84. 強剛なる刃
  85. 四人目の男
  86. 誓いの果て
  87. 第十一章:失われた者達のために
  88. 本、本、本の街
  89. 再会と葛藤
  90. 甘い餌なんていらない
  91. 社長
  92. 『力』のしくみ
  93. 追いかけっこ
  94. 決意の風
  95. 第十二章:インタビュー
  96. 別れは突然に
  97. 怨敵の影
  98. 酒飲みの料理人
  99. 眼帯の理由
  100. 戦場の傷跡
  101. 記憶の断片
  102. 積もる疑惑
  103. 地下の秘密
  104. 追う者と追われる者
  105. 最後の戦いの始まり
  106. 第十三章:最後の刃
  107. 二つの策
  108. 暴食の怪物
  109. この思いを
  110. ある少年
  111. 人を喰らうもの
  112. 狂気の出会い
  113. 邪悪の集合
  114. 全てはこのために
  115. 戦いはまだ終わらない
  116. 選択
  117. 避けられぬ別離
  118. 第十四章:彼女は往く
  119. これから……
  120. 独りの旅出
  121. 次の街
  122. 思い出に浸る
  123. 過去の清算
  124. 新生
  125. 素晴らしき道へ
  126. 魔女
  127. そよ風がまた
  128. 二人で街へ
  129. 時は過ぎゆく
  130. 海へ
  131. 選択の時
  132. 私は往く
  133. エピローグ
  134. 黒炎と白布の再会