吸い口に柚子を添えて

作者 しらたま。

『ものの見方』よってガラリと表情が変わる。これぞ読み手が楽しめる作品!

  • ★★★ Excellent!!!

忙しさにかまけて忘れてはいけないことまで忘失してしまう。
いつ忘れた? いつから忘れていた? これは柚子の香りが繋いでくれた姉妹の絆のお話。 

今、自身が存在できているのは妹のお陰であって、今回もまた妹に生かされる。

それは仲の良い姉妹であるからなのか、それとも柚子の香りが生んだしがらみのような呪いなのか。

読み手、受け取り手によって『ほのぼの』話にも『ゾッとする』話にも捉えることができる、そんな少し不思議で素敵なお話です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

田中ヒロミチさんの他のおすすめレビュー 4