星の丘

リエミ

星の丘


 ジョンはいつもの、なだらかな道を歩いて、小高い丘へやってきました。


 今は夜。


 悲しくなると、ジョンはここに来るのです。


 そして、空を見上げました。


 真っ暗な広い夜空に、画びょうで穴を開けたような、小さな光がありました。あっちにも、こっちにもです。


 いつの日かお父さんが、あれは遠い場所にあって、決して触れない、星というものだよ、と教えてくれたことを、ジョンは思い出しました。


「星」


 とジョンは呼んでみました。


 しんとした世界に、ジョンの声は響いて、エコーとなりました。


「星」


 もう一度言ってみると、また向こうから「星」という、小さな声が聞こえます。


 ジョンは心の中で、「あれは星、星、星。あれも星、星、星」と、星を数えて遊びました。


 一つ、小さな星がいちだんと大きく輝きました。


 そして、こちらに向かって、するり、と降りてきたのです。



「こんばんは、ジョン」


 と星が言いました。


「ぼくは星のカムパだよ。きみに会いに降りてきたよ」


「どうしてぼくのこと知ってるの?」


 ジョンが尋ねると、カムパは、くすぐったそうに笑いました。そして「いつも見てたからさ」と言いました。


「ねえ、一緒に遊ばない? 夜のお空を散歩しようよ!」


 ジョンは少しためらいましたが、カムパが「おいでよ」と手を差し出したので、その手につかまりました。


 すると、するりするりと、ジョンはカムパと一緒に、手を繋いで、空へ、高く上っていきました。


 お父さん、ぼく、星に触れたよ!


 ジョンは心の中で叫びました。


 ぼくもう、この手をぜったい、離さない!




 夜のことでした。


 丘の近所に住むおばさんが、電話に向かって喋っていました。


「あ、警察ですか? また、自殺ですよ。丘から子供が飛び降りました。ええ、見てたんです。あれは確かにジョンくんでした。最近、たった一人の身内のお父さんを、亡くされていて……。私は、死んだら星になるのよ、と慰めてはいたんだけれど……」


「分かりました。すぐ向かいます。……しかし奇妙ですね。これで5人目ですよ、その丘からの飛び降り自殺は。死神でもいて、誘っているのだろうか」


 電話の向こうで、警察官も首を傾げました。




 その小高い丘は、夜になると、たくさんの流れ星が見えるそうです。


 光につれられ、何人もの人が飛び降りてしまう、自殺の名所と呼ばれるようになったのでした。




◆ E N D

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

星の丘 リエミ @riemi

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画