宝箱

リエミ

宝箱


 その宝箱は、地中深くから見つかった。


 恐竜の骨を発掘している人が、発見したのだった。


 かなり大昔のものと思われた。


 しかし、どこにも傷はなく、真四角で、開け口もない箱だった。


 何の物質でできているのか分からない。ただ木ではなく、鉄でもなく、プラスチックでもなかった。


 でも振ってみると、中でコロコロ、音が鳴り、何かの入れ物だと検討されて、それは宝箱と呼ばれるようになった。




 まず、X線レントゲンを通してみたが、表面に特殊加工がされてあるのか、何も中身が写らなかった。ただ四角い、形だけ。


 続いてナイフ、のこぎり、電動ドリルなど試してみたが、まったく歯の立たないものだった。


 傷さえつけられないと知って、熱ではどうか、ということになり、燃やしてみた。


 中の宝物に燃え移らないか心配だったが、無事だった。


 というのも、宝箱自体、焦げ目もつけられないからだった。




 軍隊に協力を依頼し、爆薬を使った。


 宝箱はびくともしない。


 何トンもの重りを落としても、割れない。


 こうなると、どこかの国の秘密兵器だと指摘する者も出てきた。


 そこで国は、核兵器に着手した。


 最後の手段だった。


 核爆弾を宝箱に巻きつけて、衝撃で開けようとしたのだが、それもものともしなかった。


 宝箱への執着心は、それにより誰もが諦めへと、変わらせざるを得なかった。


 現代の力を持ってしても、開けられないのだ。




 宝箱は第一発見者の手に返された。


 骨の発掘人だ。


 彼は宝箱を振ってみた。コロコロと音がして、それが何なのか惹きつけられる。しかし、分からない。分からないことへのイラ立ちが募る。全世界の人がそうだった。


 これは人類で最も危険なものだ、と指摘する人もいた。何なのか分からない、それ以上に危ないものなどない。



 恐竜発掘人は、宝箱を封印することにした。


 また、地中深く埋めたのだった。




 その、遥か先の世界で、宝箱はまた発掘された。


 人々の歴史から忘れられていた頃の話だ。


 その人々の生きる時代で、宝箱はすんなり開いた。


 中から、コロコロと何かが転がり出てきた。


 真四角の箱だった。


 振ると、カラカラと音がする。


 人々は、これは宝箱だ、と言った。


 そして開けようとしたが、ぴくりとも、しかなかった。


 彼らは封印することにした。また埋めたのだった。




 また、遥か先の世界。宝箱は開かれた。


 箱から箱が出てきて、その箱も振ると音が鳴る。




 人類が生きてゆく中で、必要なものだ、と誰かが言った。


 宝箱は探究心だった。それなくしては、人間が動く力にはならないという。


 人間の生きるすべての原動力は、探究心からなるもの。そういう想いを未来に残そうと込められた、これは心の宝箱だ。




 結局、そんな考えで締めくくられた宝箱は、果たして人類の大いなる宝なのか、違うのか、今も謎を残して、どこかの地中に埋まっている。


 宝箱がある限り、人間は生き続けているのかもしれない。


 人類滅亡を阻止する秘密を知っている、宝箱なのかもしれなかった。




◆ E N D

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

宝箱 リエミ @riemi

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画