珈琲店アナログアンブレラ。

作者 五水井ラグ

魔法って、雨音を奏でる傘のようなものなのかもしれない。

  • ★★★ Excellent!!!

何回も、もう読めない、と思った。
泣きすぎて苦しいし、助けに行ってあげられないし。
でも、ムーウちゃんがそこにいてくれたとして、私に何がしてあげられる?

私は勘違いしていた。
ムーウちゃんが必死に私を助けようとしてくれていた。
大切な読書体験。もしかしたら迷い込んでいた喫茶店。
おいしいコーヒーと覚えたての紅茶を、何杯もありがとう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

生きることも死ぬこともためらっている主人公が、一風変わった珈琲店に行き着いたことをきっかけに少しずつ変わっていく物語です。
こう書くと重苦しい話に聞こえてしまいますが、個性豊かな登場人物との触れ合い… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

冒頭の一文で引き付けられました。

そんな美しい文章が綴るのは、たくさんの苦悩です。

「アナログアンブレラ」は、その苦悩と言う雨に晒された人達を入れる傘なのでしょう。

傘に入れば濡れることはない… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

便利な魔法がある世界なのにそれを使わずにアナログでいれる珈琲です。圧倒される文章。ゆっくりとした空間。静かで、さわがしい。珈琲のような苦味と深味。そんな印象をこの物語から受けました。
アナログの良さ… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

この物語は魔法が人々の生活に深く根付いた時代を基に構成されたファンタジーです。
大企業の社長令嬢で一見恵まれた生活を送る主人公は飛び降りるためのビルを探している途中である喫茶店へとたどり着き、物語が… 続きを読む

𝒶𝒾𝓃𝒶さんの他のおすすめレビュー 437