ワンシーン小説

作者 aoiaoi

53

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

数話読んだだけでこの掌編たちに魅了されます。
一行の重さが心に残るモノローグ。
動物たちの会話が笑いを誘うシュールな物語。
オブジェの愛情に満ちた独り言。
一編ごとに異なる視点から物事を見せてくれる、バリエーションに富んだ小さな小さな物語たち。
短いワンシーンの中に、可笑しみや哀愁や愛情などがぎゅっと凝縮されていて、次は何が出てくるだろうと楽しみになります。
美味しく抽出されたエッセンスを味わうように、ひとつひとつのワンシーンを味わってみてください。

★★★ Excellent!!!

作者様の多種多様な心の絵が、一見無秩序に実は秩序を保って、飾られているような趣きです。
一編の長さもタッチも各々違います。連作もありますが、基本的に一話完結の掌編で手に取り易く、擬人化ストーリーには作者様の発想力の鋭さと豊かさを魅せられ、驚嘆しました。色々な気持ちと色彩が丁度良い形で切り取られて、丁度良い分量で詰め込まれているように感じられます。
そして、気になるタイトルから手に取ることを、作者様が許容されています。心に迫る一編に出会う束の間の心の旅を……私は『Tristeza』が特に好きです。