異世界人として生きるのは

作者 琴張 海

強烈な現実味でぶん殴ってくる異色の作品。

  • ★★★ Excellent!!!

言葉が出ません。はっきり言って、他の作品とは現実味が違いすぎます。いわゆるなろう系が『空想を楽しむ小説』なら、こちらの異世界ファンタジーは、『現実感で殴ってくる』小説といえるでしょう。細かい描写、人間模様。そのすべてがリアリティーそのもの。

この繊細な世界に、貴方も溺れてみませんか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

玲門啓介さんの他のおすすめレビュー 232