イケメンなあいつの陰に隠れ続けた俺が本当の幸せを掴み取るまで

作者 松尾 からすけ

セリス 魅力度2.5

  • Good!

ちょっとネタバレ入り。



主人公:ヘタレの限度を超えすぎて、魅力を感じない。
『ガキ』って印象を強く受ける。
妙に達観するような人物ではなくリアルだけど、あまり自分には合わなかった。
セリス:良くいえば『自己犠牲』、悪くいえば『苛立つ存在』。
主人公を巻き込まないようにするけど、結果巻き込んで更に面倒にさせることに役割を置いている。
ずっとムカつくやつだなって見てました。


クロは超絶ヘタレ
セリスは問題を大きくする火薬剤。(キモい勇者に24発殴られてる)

あまり心地よい作品ではなく、展開が強引な部分もあったけど、まあ割り切っちゃえばね。(自分の場合冷めきってた

勇者アベルを雑巾ににした後、クロとセリスで結婚イチャイチャかと思ったら恋人の関係だけだった。そこは踏み込めよって言いたい。結婚を前提とか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

@gapさんの他のおすすめレビュー 42