顔のない彫刻

作者 映国紳士

夢現、異質彫刻像の経過に惹きつけられる不思議な魅力作品。

  • ★★★ Excellent!!!

夢現、何気なく授業中に窓の外を見つめていた大学生が見つけたのは、とある彫刻作品だった。

その姿はまさに異質。
何が異質と言えば、その頭部で首から上が「立方体」。

異質で、異端で、なによりその魅力に魅入られる主人公は、制作過程を観察していくのだが、徐々に徐々に出来上がっていくうちに……。

作者が誰なのか、誰がどういう思いで作っているのか、気になり出したら止まらないのですが、この思考が上手く読者を惹きつけ、最後の仕上げは……。

彫像と――いることに気づくのであった。
怖すぎますし、なによりそれは主人公の……。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

白雪❆さんの他のおすすめレビュー 472