国見兄妹の【むかし】と【いま】

作者 宇部 松清

何事もないという幸せ

  • ★★ Very Good!!

まるでフ○ーチェのように淡い味わい。
過去と今とをふわりふわりと行き来する構成は、今の方の時が徐々に進んで行く。
だからこそ、過去のエピソードがふわりと匂い立つ。
国見兄妹の原点が、そこに凝結しているように。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

雷藤和太郎さんの他のおすすめレビュー 169